こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

出雲とは出蜘蛛、すなわち蜘蛛が出ると言う意味であり

出雲とは出蜘蛛、すなわち蜘蛛が出ると言う意味であり、また、太陽を覆い隠すもので曇をあてている。朝廷に逆らうものだと言うことを聞きました。本当ですか?

投稿日時 - 2019-12-02 15:01:55

QNo.9685494

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>朝廷に逆らうものだと言うことを聞きました。

アマテラス系の大王(天皇)と敵対する勢力(国々)は、朝廷側にたった古事記などでは「人でない野蛮な人たち」と蔑んでいます。
有名なのは、隼人族・熊襲族ですよね。
古代出雲も、同様です。

>本当ですか?

史実は、誰にも分かりません。
が、本当に近いでしようね。
歴史は、勝者が作るのです。
天皇家よりも旧い一族(例えば、物部・卜部など)を祀る神社の古文書でも明らかです。
九州南部の神社の古文書では、熊襲との戦いに敗れたので大王(天皇)は東に逃れたと書いています。
記紀では、何故か「神武東征」と書いていますね。
出雲国も、朝廷との戦いで敗れた結果国を譲ります。
当時の長だった大国主神は「政治犯収容所」に連行されました。
今の、出雲大社ですね。
大国主神奪還を阻止する為に、当時としては非常に高い建物を建てました。
出雲大社の神官も、朝廷から派遣された官僚です。
以上、古代出雲帝国存在説の一説でした。^^;
※司馬遼太郎と同期のサ〇ケイ新聞編集者には、大国主神直系子孫を名乗る方がいた様です。
※当時の新聞記事にもなっています。

投稿日時 - 2019-12-02 22:52:50

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

 私も、出雲は「八雲立つ」と同じところから来ていると思っていましたが、ただ、出典は素戔嗚尊(すさのおのみこと)の歌かな、と思っていました。

 ※「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに八重垣つくるその八重垣を」

 歴史的には、出雲の神々(土地神)が、天孫族(天照大御神系:侵略系)と、最初は対立していたのは本当だと思います。

 天孫族は、「出雲に巨大な神殿を建てて神々の世界の祭はアナタに任せる。この世の政(まつりごと)は我々に任せてほしい」と言って両者は和解し、実際巨大な神殿を出雲に建てました。それが杵築神社(今の出雲大社)だということになっています。最近、巨木を3本まとめた超巨大柱の痕跡が見つかっています。

 オオクニヌシの子供(たしか長男の建御名方富)はこの和解に反対し、天孫族に戦い(相撲?)を挑みましたが、負けて信濃国まで逃げました。が、そこでも負けて天孫族と「信濃からは出ない」という約束をして許されました。この神様と妃を祀るのが御柱祭で有名な諏訪神社です。

 「自ら、負けること・負ける悔しさを知っている神様なら御利益があるに違いない」ということで、武田信玄は大いにこれを尊重し、祀りました。

 というわけで、出雲族と呼ばれる神々が、当初大和朝廷(天孫族)に逆らったのは事実ですが、出雲が「出蜘蛛」から出た言葉だという意見は初めて見ました。

 加えて、朝廷が安定すると、「地名には目出度い文字2つ使え」という命令を出しました。

 そのせいで、例えば「紀」の国(木の国という説も)は「紀伊」と書くようになったわけですが、それでも「出雲」の2字を朝廷でも使い続けたのですから、悪い由来の文字ではなかったのだと思いますが・・・ 。

投稿日時 - 2019-12-02 20:21:30

ANo.1

出雲の語源に関する最もポピュラーな説は、奈良時代に編纂された出雲国風土記のなかに「出雲」の国号の由来として、八束水臣津命(水の神)が「八雲立つ」といわれたので「八雲立つ出雲」という、と記述されているのにもとづいて、たくさん雲が湧き出る、水の心配がない豊かな国という意味に解するものです。
ほかにも地形由来説など諸説あり、定説はありません。
ただ、少なくとも質問者さまがおっしゃるような、朝廷に逆らうものだという意味のことばは、朝廷が正式な国名として採用しないと思います。

投稿日時 - 2019-12-02 16:16:19

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-