こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

力士やレスラー

過激な稽古や太るための不健康な食事やプロレスでは頭を強く打つたりして若くして亡くなる方も多いですが、それでも力士やレスラーになるのはどうしてですか ?

(収入面では力士にしても、レスラーにしても野球選手などと比べ格段に低収入だと思います。)

私なら力士やレスラーに子供がなりたいと云ったら絶対に許しませんが、もし、自分の子供が力士やレスラーになりたいと云ったらどうされますか ?

投稿日時 - 2019-10-29 11:06:31

QNo.9672413

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

「公務員は自殺率が高いので絶対に公務員なんて許さない!」
っていうのと同じ感覚ですよね
人それぞれですから気にしないでいいと思います
あなたには理解のできない判断をする人がいくらでもいるということです
その原因は憧れだったり環境だったり自己顕示欲だったり様々です

投稿日時 - 2019-10-29 12:22:14

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

力士の場合、頭を強く打ってというのは
あってはならないというか、
受身の巧さは柔道家以上では
あるまいか。
カチカチの土俵で投げられたり土俵下に
転落しても頭を打つ力士というのは
ほとんど聞かない。
受身がヘタだったら土俵上で倒された
時にコンクリートのような硬さの
土俵で頭を打って相撲人生は終わってしまう。
一方プロレスラーはマット上でいろいろ
やるわけですがバックドロップやドリルアホール
パイルドライバー、ジャーマンスープレックスホールド、
ボディスラム等々いくらマット上と言っても
受身だけではもたない頑丈さが要る。
どうやってあの頑丈さを造るのかちょっとわからない。
若くして亡くなるというのは投げ技とかよりも
頭部に対するパンチとか凶器からの打撃からでは
あるまいか?あるいはリング下に落ちて椅子の角に
頭をぶつけたとか?
もし自分の子供がそういうものになりたいといったら
受身を徹底的にやるように言うと思います。
しかし事故というものはいつでもつきものですから
あるていどは仕方ないのかもしれません。

投稿日時 - 2019-10-29 12:08:13

ANo.1

どんな職業にもリスクはあります。宇宙飛行士、カーレーサー、自衛官、登山家、消防士、全て危険と隣り合わせでしょうけど、それでも志望する人はいます。

投稿日時 - 2019-10-29 12:00:48

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-