こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

芸人とは?

 以前「江頭2:50はなぜ嫌われるのか?」という質問をしたとき「芸じゃないから」という回答を頂いて以来疑問に思っていたのですが、では「芸人」とはなんでしょうかと質問させていただきます。
 落語の世界で人間国宝になられた桂米朝師匠(故人)が著作に書かれていたのですが、能楽の世界で人間国宝になられた方が「わたしら、芸を見せるんでっさかい芸人でっしゃないか」と仰ったのを受けて「あんな人に芸人と言われたら、私らみたいなもん芸人とは名乗られへん」と書かれていました。
 しかし、芸人というのは芸の消費者に人にオモチャにされる存在でもありました。江戸時代から続く幇間なんていうのが典型例で、肉体的に痛めつけられることもあったようですし、極論「尻を貸せ」と言われたら貸したのが幇間という職業だったそうです。
 私は能楽を理解できるほど高尚ではありませんが米朝師匠の落語は大好きで、一門会なんかが開かれたら良く出かけたものです。一方で江頭みたいな芸人が体を張っているのを見るとある種サディスティックな笑いが起こってきます。
 テレビに出ている「芸人」が一番芸人らしくない連中であると思います。ちょっと名を売ったら社会評論めいたことを言いたがるようになってからますますそう思います。
 昔ドリフターズ全盛期、志村けんが町を歩いていたら小学生に笑われるといって東八郎に相談したことがあるそうです。東の答えは「子供に笑ってもらえるんだったら幸せじゃないか。コメディアンが政治とか語り出したら終わりだよ?」だったそうです。この言葉で志村けんは「俺は一生コメディアン」を決意したそうです(晩年俳優路線に行ったいかりや長介と反りが合わなくなったのはこのためだとか)。
 能楽を極めろとは思いませんが「視聴者にオモチャにされる存在」に徹している江頭は筋が通っていると思います。別にオモチャにされるだけが芸人の存在価値だとは思いませんが、笑いを職業にしたのなら舞台に登場しただけで笑いが起こるぐらいになると心を決めてほしいものです。
 テレビ界に浮かんでは消えていく「芸人」たちは人を笑わせることを「名を売る手段」としか考えていないのが見ていてありあり分かり興ざめなのでテレビはすっかり見なくなりました。
 テレビに滅多に出ませんがラーメンズの小林賢太郎さんなんかは「芸人」と自称したことは私の記憶の中にはなく「舞台コント師」と仰っていたのが記憶にあります。もっと突き詰めて「僕の職業は『小林賢太郎』です」という発言もありましたがこれなんかはすがすがしいくらい正直な言葉だと思います。
 ゴールデンタイムにテレビで叫び合って「私は芸人です」と言っている人たちを私はどうしても受け入れられません。本気で笑いたいと思うのなら私は時間とお金を使ってステージとか高座を見に行きます。2時間でも3時間でも見続けます。本気で笑わせてくれるのならば。
 で、質問ですが、あなたにとって芸人とはどういう存在ですか?

投稿日時 - 2019-10-05 22:08:44

QNo.9664095

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

現在の芸人と言われている人達は、単なる素人芸集団です。
お世辞にもプロと呼べる芸ではないと思っています。

よって私も地上波の番組は、ほとんど見ていません。
一部のニュース番組か、BSのスポーツや海外ドラマなどを見ています。

投稿日時 - 2019-10-06 09:51:15

補足

 ありがとうございます。
 なんかこの手の質問になったら俄然張り切る回答者がこのOKWaveにはいるみたいですね。
 工作員でしょうかね。
 逆効果ということに気がつかないのでしょうか。
 一番真理を突いていたhuman21さんにベストアンサーを受け取っていただきます。

投稿日時 - 2019-10-12 10:01:36

お礼

 ありがとうございます。
 素人芸集団、まさにそのとおりだと思っています。
 その素人芸集団の中で名前が売れたら、社会評論家や小説家の地位がついてくる、碌な社会にならないと思います。

投稿日時 - 2019-10-07 13:48:29

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

#4です。

>彼らの「当意即妙」を面白いと思ったことが私にはありません

それはまあ「個人の見解です」なわけですし、面白い面白くないはしょせん主観の塊です。私が面白いものが質問者さんにとってつまらない場合もあるでしょうし、その逆もあるでしょう。ただ、大衆が「面白い」といっているのなら、ツウがいくらなんといってもそれは「面白いと評価されているもの」だと思います。

>真面目に芸人をやっている人、オリラジが今やっている職業を真面目にやってる人に対して卑怯だとは思いませんか?

卑怯というのがよく分かりません。前回の回答でも私は「彼らはもう芸人ではないと思う」と書きましたが、彼らが芸人ではない(あの武勇伝ネタでルミネザよしもとなどには出ていないでしょう)ならば、「彼らの席が空いた」といえます。それは他の芸人にとってチャンス以外の何者でもありません。
今でこそインテリキャラになっている2人ですが、出てきたときは純粋な「お笑いリズムネタ」で出てきましたし、その完成度は高かったと思いますよ。私だけがいっているのではなく、オール巨人師匠が彼らが出てきた時点でそう評価していました。

>昔広末涼子が芸能界での実績で早稲田大学に入ったときは非難の嵐が起こったものです。日本人にはもはやその程度の良識も残っていないのでしょうか?

落ち着いてください。オリエンタルラジオの2人は、大学を受験するときは素人でした。即ち、純粋な学力テストで合格し、ちゃんと勉強して卒業してから芸人になったのです。
それに仮に芸能人(有名人)だから学力テストを経ないで入学を認めるのが悪いなら、スポーツ推薦も認めるべきではありません。芸能もスポーツも、しょせん遊びといってしまえば遊びじゃないですか。東京大学がそれをやるのはどうかと思いますが、私立大学がそれをやるのは大学の自由でしょう。

>芸人として名を売れば、芥川賞(直木賞でしたっけ?)がもらえて文豪と呼んでもらえる。

私は「火花」を芥川賞受賞後に読みましたが、ちゃんと文学作品になっていると思いましたよ。ラストシーンがやや強引なのと、女性の描き方が弱いなとは感じましたけれど。
それに受賞するかどうか決めたのは作家先生の皆さまです。それで決まったのだから、もし文句を言うのだとしたらその程度の作品(私はその程度の作品だとは思っていませんけれど)に賞を奪われた他の作家がショボいと思います。もし又吉直樹さんの受賞が「芸人が片手間で書いた小説」なのだとしたら、その芸人の片手間に負ける他の作家の質が悪すぎるということだと思います。

>芸の世界も学問の世界も文学の世界も、痩せ細っていくだけだと思うのですが。

「痩せ細っていく」のではなくて「もうとっくに痩せ細っている」のではないですか?日本はもうとっくに様々な業界で痩せ細っていると思います。スポーツ界の一部などでは盛り上がっているところもありますけどね。

>米朝師匠も、学校の進路指導の先生に付き添われて「噺家にして下さい」と言いに来るような中学生や高校生がいることを嘆いていらっしゃいました。

今は噺家のほとんどが、大学で落研をやっていた人たちですからね。だから今の若手の噺家で面白い人が少ないのだと思っているのですけれど。
いい悪いは別にして、今や芸人でさえコンプライアンスを求められる時代です。芸人が不倫や女遊びをしても怒られます。芸人がヤクザから金をもらったら怒られます。芸人も仕事をもらったときに相手が反社かどうかをチェックしないと怒られる時代なのです。

質問者さんは、今の若手芸人が芸を世に出る手段のひとつとしか考えていないことを嘆いているご様子ですが、それのなにがいけないのですか?
というより、今の日本で学歴も資本もない若者が自分の腕一本で成功しようと思ったら芸人以外に他に方法があるのでしょうか。グルメ芸人とか家電芸人とか何かに非常に精通していることを売りにしている芸人が出てくるように、今は芸人も「笑い」だけが世に出る手段ではありません。
それに芸人がすごいなと思うのは、学歴がなくても見た目が決して良くなくても、おまけに低所得者なのに「彼女と同棲している」とか「結婚している」なんて人がとても多いことです。低所得で顔も悪いサラリーマンは、世の女性たちから相手にされないのに。
質問者さんがいう芸人の世界が講道館柔道であるならば、今の芸人の世界は異種格闘技の世界です。なんでもアリなのです。だからこの時代に若者が集まり、活気がある業界なのですよ。若者が何より望む「チャンス」がそこにありますから。

投稿日時 - 2019-10-07 19:21:20

補足

 あなたのご意見をいただいてから、ちょっと考えました。で、今テレビを賑やかしている若手芸人たちが気に入らない極めて個人的な感情に気付きました。
「学歴も資本もない若者が自分の腕一本で成功」するために思いつく手段が芸人しかないのかよ、ということです。若者らしい気概に欠けていて見ててイライラします。若いんだろ、もっとデカい夢見ろよ、と言いたいです。
 私みたいなオッサンですらチャレンジしているのに、若者がチャレンジする夢がたかが芸人。日本が痩せ細っていくのも無理ありませんね。

投稿日時 - 2019-10-07 22:42:06

お礼

 再回答ありがとうございます。
 私の言ったことを曲解されている部分もありますし、反論したいことも山ほどあるのですが、このOKWaveは「議論禁止」規定が厳密ですので止めておきます。

投稿日時 - 2019-10-07 19:43:40

ANo.4

>あなたにとって芸人とはどういう存在ですか?

一言で言い切るならば「社会不適合者」ですね。

若い芸人の子でも、真面目な子なんているんですよ。だけどさ、若くて真面目なら芸人なんてやるより普通の仕事をしたほうがいいと思いませんか。
その一方で、カメラを向けるとズボンを脱いでお店のお盆で股間を隠して踊るようなやつもいます。こんなのをお店で働かせておくとロクなことをしないので、そういうのは芸人にでもさせておいたほうがいいのです。だいたい考えてもみてください。芸人というのは「これから俺が面白いことをいうから金を払え」という存在です。真っ当な仕事ではない、というかそもそもそれは仕事というものなのだろうかというものですよね。

テレビのバラエティ番組に出ている人たちは、当意即妙の達人です。人前に出て「急に話を振るから、なにか面白いことをいえ」といわれても、なかなかできないじゃないですか。彼らはそれができる人たちです。しかも、番組を作る側の人が「こんな風に盛り上げて欲しい」というのをキッチリとこなす人たちです。あれは並大抵の才能ではないのですよ。
同じ芸人でも、そういうことが苦手な人たちは沢山います。例えばパンクブーブーというコンビは「漫才の日本代表を選べ」といわれたら確実に選ばれるであろう漫才の達人です。ところがバラエティ番組のひな壇芸人みたいな当意即妙の仕事は苦手にしています。
バラエティ番組の芸人さんたちは次から次へと現れる若手芸人とその戦いをして生き残っている人たちですから、あれはあれで並大抵ではないのですよ。そして、それは非常に消耗する戦いでもあるので、ある程度以上に賢い若手芸人の子は「これで名を売って、その知名度を生かして確実な仕事にシフトして長い間食べていけるようにしよう」となっているのです。オリエンタルラジオのお二人がそうですね。片や慶応大学卒に、こなた明治大学卒。今は二人ともそれぞれに自分が得意とするジャンルで芸人時代(もう彼らは芸人ではないと思います)に築いた知名度と経験を基に活躍しています。芸人としてネタをやり続けるより、確実だと思います。

ラーメンズの小林さんは、彼は芸人ではなくて俳優だと思います。もっといえばアーティストでしょうね。笑いというジャンルのアーティストだと思います。融通がきかなくて、自分がしたいことについては天才的な能力があっても求められる仕事はできないあたりはあるひとつの社会不適合者だと思います。
だって質問者さん、上司の立場として「自分がやりたいという仕事は天才的にこなせるけれど、こっちが命じた仕事は『それは僕はできません』といってやらない部下」は困るじゃないですか・笑。

投稿日時 - 2019-10-06 18:36:12

お礼

 ありがとうございます。
 頭の部分と終わりの部分は大いに賛成致しますが、真ん中の部分は意見が異なります。
 彼らの「当意即妙」を面白いと思ったことが私にはありませんし、オリエンタルラジオは昔から嫌いでした。だって昔から「高学歴」が売りだったでしょう?学歴を売りにして売れっ子芸人の座を手に入れ、売れっ子芸人の名前で違う職業を手にしている。今オリエンタルラジオがなにをやってるか知りませんが(片方はYouTuberとか?)真面目に芸人をやっている人、オリラジが今やっている職業を真面目にやってる人に対して卑怯だとは思いませんか?
 昔広末涼子が芸能界での実績で早稲田大学に入ったときは非難の嵐が起こったものです。日本人にはもはやその程度の良識も残っていないのでしょうか?
 芸人として名を売れば、社会評論家になれる。芸人として名を売れば、芥川賞(直木賞でしたっけ?)がもらえて文豪と呼んでもらえる。最初からそういう人生ショートカットが目的で芸人になりたがる子が沢山いる。
 そんな状況を肯じていては、芸の世界も学問の世界も文学の世界も、痩せ細っていくだけだと思うのですが。
 米朝師匠も、学校の進路指導の先生に付き添われて「噺家にして下さい」と言いに来るような中学生や高校生がいることを嘆いていらっしゃいました。
 もともと芸とは社会不適合者のやるものです。芸人としてのキャリアが人生のボーナスポイントになる世の中はロクなものではないと私は思います。

投稿日時 - 2019-10-07 13:47:03

ANo.3

>あなたにとって芸人とはどういう存在ですか?

安っぽいプライドを捨てて,他人を笑わせることに自らの誇りをかけている人。

投稿日時 - 2019-10-06 11:24:49

お礼

 ありがとうございます。
 本当にそう思います。質問にも書きました志村けんや、関西ではアホの坂田といった人たちはそういう人たちだと思います。
 ところが、今や芸人という仕事で「安っぽいプライド」を得て社会評論家や文学者の地位に色気を見せる…そんな社会、ろくなもんじゃないと思います。
 社会研究、小説の執筆に本当に真摯に取り組んでいる人が馬鹿を見る世界です。

投稿日時 - 2019-10-07 13:53:49

ANo.2

笑いは 人の体の免疫力を上げる効果があるそうです。
笑うことで 心と体の健康を守ことができるのです。
ピエロの医師の実話が映画にもなりました。
人に笑いを提供する仕事はとても大切な仕事だと思います。

投稿日時 - 2019-10-06 10:52:33

お礼

 ありがとうございます。
 笑いは健康にいい…桂枝雀さんがマクラでよく仰っていました。
 そういうポリシーで人に笑いを提供する職業を選んだのであれば、その職業を極めて欲しいと思います。
 社会評論家だの文学者だのに色気を出さずに。

投稿日時 - 2019-10-07 13:50:21

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-