こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

サンダーバードのメッセージペインをダークにする方法

サンダーバードのメッセージペインをダークにする方法はありませんか?
(OSのハイコントラストモードをオンにするとダークに出来るんですが、そうするとタスクバーの色まで真っ黒になってしまい不満です。)

ないなら別のメールソフトでも紹介して下さい。

Windows10 版 (Home 1903)

Mozilla Thunderbird 68.1.0 を使用しています。

アドオンでテーマをダークデザイン の
tt_deepdark-12.1.3-tb-windows
などに変えたのですが、メッセージペインのフィールド(メール本文が表示される所)は背景が白いままです。

おそらく最近のメールはHTML版が多いから画像が見やすいようにする為に変更されないのでしょうが、一番ダークデザインを適用して欲しかった所が適用されてなくて残念です。

しかも、いじっていたら使えていたテーマ(アドオン)たちまでバージョンに対応していないとして有効化できなくなりました。

結局、ハイコントラストモードをオンにするしか【フルでダーク色にする】方法は見つかっていません。

他にサンダーバードのメッセージペインをダーク色にする方法はありませんか?

アドオンをいくつか試そうとしましたが、多くがバージョンに対応していないもので、満足できるものがありませんでした。

デフォルトで入っているダークに出来るアドオンも使ってみましたが、
ハイコントラストモードがオフだと本文部分の背景が白くなり、
ハイコントラストモードがオンだと本文部分は黒くなるけどそれ以外がグレー背景に白文字になります。

現状はハイコントラストモードにするしかなさそうなんですが、ハイコントラストモードを使わずに本文部分も背景色を黒く出来れば良いんですけど、誰にもできないかな?

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2019-09-19 20:16:10

QNo.9658533

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

メッセージペインの色(テキストと背景)は、ツール→オプション→表示→書式→「フォントと配色」の「配色設定」を開いて、テキストと背景の色の変更からできます。

ただし、HTML形式のメールの中には、画像に近い表示のものがあり、その場合は、「表示」→「メッセージの表示形式」→「シンプルHTML」を選択しないと、効果はないです。

>Mozilla Thunderbird 68.1.0

このバージョンですが、最近、Firefoxのバージョンに合致させることで、mozillaの「ダウンロード」ボタンからは、60.8.0時に、別途新バージョンとしてリリースされましたが、アドオンの互換性はまだ十分とは言えません。

で、60.8.0は、同時くらいに60.9.0に更新されました。
使用中のアドオンのサポートのこともあるので、私はこちらを使用していますが、よろしかったら、archiveのサーバーからダウンロードできます。
(Thunerbird Archive)
https://archive.mozilla.org/pub/thunderbird/releases/

投稿日時 - 2019-09-19 21:29:06

お礼

narashingoさん、回答ありがとうございます。

配色設定うまく出来ました! ありがとうございます。m(__)m

ハイコントラスト時はハイコントラスト時でカッコイイんだけど、最小化ボタンや閉じるボタンが見えなくなると使いにくいし、アプリのインストール時に画面が見えない時もあって、そのたびにハイコントラストモードをオフにするのもめんどくさかったので、使い易くなって良かったです。

バージョン60.9にしたらいくつかのテーマや拡張機能が使えるようになりました。

ただ、TexTra Thunderbird という翻訳、辞書引き機能のやつは、使おうとすると設定がされていないから設定しろと表示がでてきますが、ツール→(以降の)WebAPIってやつがありません。

ツール → アドオンのオプション → TexTra を選択すると、サンダーバードが一切操作できなくなります。

何かのウィンドウを閉じないで操作した時に鳴る音がなりますが、どこにもウインドウは出ていません。

タスクバーにも見当たりません。

閉じる(終了)すら出来ないので、タスクマネージャーやリソースモニターから、サンダーバードを強制終了させて閉じています。

ツールバーを作って、そこからこいつのウインドウのようなものを出して、その他 タブの横の↓からAPI設定は出せましたが、入力すべきデータが分かりません。

メニュー>ツール>WebAPI>用語集>一覧取得を押して、API key、API secretをしてください。(リンク先参照) とありますが、一覧取得出来るところが見あたりません。

https://mt-auto-minhon-mlt.ucri.jgn-x.jp/content/tool/thunderbird/

このアドオンの使い方が分かる方は回答お願いします。

他にアドオンから開けたサイト↓

https://mt-auto-minhon-mlt.ucri.jgn-x.jp/content/help/detail.html?q_pid=HELP_EDITOR_MAN

https://mt-auto-minhon-mlt.ucri.jgn-x.jp/content/api/

ハッキリ言って、このアドオン使うより、翻訳したい文章を翻訳サイトにコピペした方が早い気がします。(笑)

投稿日時 - 2019-09-20 06:03:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

A.No2です。

>メニュー>ツール>WebAPI>用語集>一覧取得を押して、API key、API secretをしてください。(リンク先参照) とありますが、一覧取得出来るところが見あたりません。


60.9.0で、試してみましたが、今年の7月更新の1.0.15ですが、「ツール」メニューに「WebAPI」のメニュー表示がなく、どうしようもないです。
68.1.0(本日更新された)には互換性なく、インストール不可でした。

翻訳アドオンには、S3.Google Translatorがありますが、Firefoxでは既に削除されていて、Thunderbirdには旧バージョンが検索にヒットしますが、一部不具合があり、他には現状ではないので、他の方法を使うしかないと思います。


なお、本朝、60.9.0から→68.1.0に自動更新アップがありました。
60.9.0を入れて、当面、このバージョンを維持するには、オプションの「詳細」にある「更新」タブで、更新しないという選択をするしかないようです。

どうも、一度、68.1.0にアップされた場合は、そのプロファイルのバージョン情報や設定などが書き換えられてアドオンが無効表示になるなど、そのプロファイルを60.9.0で起動しても元には戻らず、他の同じプロファイルの内容を持っているので、それを移植して元の状態に戻しました。

元に戻す際には、68.1.0アンインストール後に、アーカイブの60.9.0をオフライン状態でインストールして起動後に、「更新」タブで更新しないように設定してから、オンラインにしました。

従って、もし、前記のような状態になった場合は、プロファイル自体を初期化して、再構築をするしかないかも知れません。
なお、メールデータは、Import Export Tools NGを使ってバックアップ/復元、アドレス帳は、アドレス帳にあるエクスポート/インポートメニューを使えばよいと思います。
(ImportExportTools NG)
https://addons.thunderbird.net/ja/thunderbird/addon/importexporttools-ng/

投稿日時 - 2019-09-20 09:58:20

お礼

narashingoさん、回答ありがとうございます。

自動更新は止めておきました。しかし、一歩遅かったようで、立ち上げたら新バージョンになってました。一からやり直しのようです。(泣)

アドオンがまた非対応になってますが、設定中のtt Dark は非対応だと表示されているものの、なぜかまだ機能しています。(変更していないからかも。いじると使えなくなりそう)

ダウングレードした時は、68.1の時にコピーしてバックアップしておいたプロファイルをそのまま60.9のものと置き換えてみたのですが失敗しました。

(ちなみに容量は5GB近くもありました!(めっっ~ ちゃ 多い!) 整理していないメールが大量に溜まってるからかな?(苦笑))

なので60.9のものを戻して、68.1のものと差異を比較して、旧バージョンにしかにものはそのままにして、同じものは上書きコピーして立ち上げたら上手く機能しました。

最初68.1をアンインストールせずに60.9をインストールしたら、作られるはずのショートカットは作られず、スタートアップには2つのバージョンが混在しているようだったし、アンインストールアプリ上にも2つのサンダーバードが表示されていたので、同時に2つのバージョンが混在していたようですが、エクスプローラーやOSの設定のアプリ欄から確認しても1つ(おそらく68.1)しかなく、立ち上げたら68.1が起動しました。

その後アンインストールアプリから68.1をアンインストールしたらエクスプローラー上に60.9が現れ、そこからショートカットを作ったり、プロファイルを入れたりして環境を整備し、立ち上げたら成功したという感じで、
【ダウングレードの時は入っているやつを先にアンインストールしなければならない】ということが勉強できました。

アップグレードの時はそのままインストールすれば上書きされるのを別のアプリで確認していたので、ダウングレードでも可能かと思ったのですが甘かったです。

まあ、付いていない機能があるバージョンがある上から古いバージョンを入れられると、アプリにとっては混乱しそうだろうことは想像できていたんですけど、楽しようと思うと余計に手間がかかる羽目になりますので、(narashingoさんは詳しそうなので手順を踏んでいそうですけど、)他の皆さんはなまくらしない方がいいですよ。

こんなことをしているのは俺くらいなものかもしれませんが・・・ (苦笑)

投稿日時 - 2019-09-20 14:38:08

ANo.1

テーマのDark(添付画像)ではどうでしょうか。

投稿日時 - 2019-09-19 20:45:08

補足

追加で言っておくと、ハイコントラストモードで使うとサンダーバードの右上(どのアプリも同じですが)にある「閉じるボタンや最小化ボタン」が見えなくなります。

存在はしているようで、辺りをクリックしたら閉じました。

チョット使いにくくなるのが不満です。

投稿日時 - 2019-09-19 21:26:28

お礼

ktedsさん、回答ありがとうございます。

それ、デフォルトで付いてるダークテーマですよね?

>デフォルトで入っているダークに出来るアドオンも使ってみましたが、
ハイコントラストモードがオフだと本文部分の背景が白くなり、
ハイコントラストモードがオンだと本文部分は黒くなるけどそれ以外がグレー背景に白文字になります。


と、質問内で言っているやつの事と同じもののはずです。

投稿日時 - 2019-09-19 21:21:06

あなたにオススメの質問