こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

資料の〇廿二日~の所を現代語訳して教えてください。

(↓)この下記の URL の「徳川実紀. 第五編」という資料の、358/641 コマ目の左側のページの上側の、 享保六年閏七月 の “〇 廿二日(二十二日)~” の所の(複数の)文章、「〇 廿二日御子七夜の ~(中略)~ 新番頭となる。(日記。)」を、現代語に訳して教えてください。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1917878/358

(↑)上記の URL の「徳川実紀. 第五編」という資料の、358/641 コマ目の左側のページの上側の 享保六年閏七月 の “〇 廿二日(二十二日)~” の所の文章、

〇 廿二日御子七夜の ~(中略)~ 新番頭となる。(日記。)

の部分を、現代語に訳して教えてください。





http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1917878/358
(↑)この上記の URL の資料の 358/641 コマ目の左側のページの上側の、
享保六年閏七月の “〇 廿二日御子七夜の ~(中略)~新番頭となる。(日記。) ” の部分です。
この部分を現代語に訳して教えてください。


<参考 URL>
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1917878/358

投稿日時 - 2019-08-25 22:05:00

QNo.9649529

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

zkcjxvpさん、こんばんは。

22日、お子様のお七夜のお祝いがありました。お名前ももらって小五郎君とお名乗りになった。そのためにくださりものや差し上げるもの物々しい数になりました。老中戸田山城守忠真はお産から担当していたので、時服5着。若年寄大久保長門守教寛はお名前を発表したので、銀100枚。紗綾5巻。留守居島田弾正正辰は蟇目矢(ひきめや)の役をした賞に銀50枚。時服3着。西の丸留守居中山隠岐守信庸はへその緒を切る刀を差し上げた賞により銀50枚。時服3着頂戴した。また、正辰の子の市十郎正之に銀20枚。時服3着下さる。矢取を行った賞によってです。この日新番頭興津能登守忠閼は小普請支配。小姓組組頭堀助右衛門親行は新番頭となる。

以上です。

投稿日時 - 2019-08-25 23:25:30

お礼

御回答ありがとうございました。

とても良くわかりました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-08-26 08:12:03

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-