こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

今更ですがオリンピックを10月開催に変更できないか

オリンピックは夏に行わなければならないものかと思っていましたが、先日のニュースで、オリンピックが8月開催となったのは、アメリカの最大テレビスポンサーの意向が強いと知りました。10月はアメリカのメジャースポーツと重なるので、メジャースポーツのない8月開催で視聴率をとりたいとしたのが理由との事でした。また、過去の東京オリンピックは10月に開催したのであり、夏のオリンピックが8月開催でなければならない理由の無いことを知りました。
如何に大口スポンサーの意向であっても受け入れがたい事はあると思います。真夏の開催に無理があることは容易に想像できたのに8月開催とした主催者は猛省して欲しいと思います。
そこで、今更ですが、オリンピックを10月開催に変更できないものかと思っています。そんなこと全く不可能なことなのでしょうか。

投稿日時 - 2019-08-20 17:04:56

QNo.9647606

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

できません。
そもそも招致委員会が、開催決定させるように嘘をつき8月でも快適な環境で開催できると言ってます。
来年の五輪、確実に死者が出ますよ。
報道はされないでしょうが。

早朝でも気温30度の中を競技するマラソンや競歩、トライアスロン。
それに付き合わされるボランティア。
大腸菌だらけの東京湾を泳がされる選手。
特にボランティアに関しては、暑さ対策は自己責任だそうです。
終電で集まり、徹夜して仕事に従事させられるのだそうです。
死にますよ。

もう返上してほしい。
アメリカの放送にそう大会など廃止すればいい。
どうしても五輪をやりたいなら、北半球かアメリカでやればいいんですよ。
東京で開催しても日本人が見れますか?
仕事中に競技してるんですよ。
もはや申請時のコンセプトなど跡形もなく、税金も当初予算をオーバーしてる。
美しくもない国立競技場。
今後の維持費は先代の競技場の数倍かかる。
新規競技も採点競技ばかりでのあやふやなものばかり。
見たくもない競技が増え費用は莫大になってる。
こんな五輪は東京再開発のためのものであり、プレゼンでの復興五輪など嘘ですよ。
腐りきった自民・都議の腐った誘致です。
即刻返上すべき。
もしかして日本経済が破綻して開催できなくなるかもね。

各国が誘致を断念したのは当たり前の判断ですよ。
五輪などIOCなど潰せばいいのです。

投稿日時 - 2019-08-21 22:48:49

お礼

ありがとうございます。オリンピックは商業オリンピックであること以前に、スポーツを通じて戦争をしないように図る機能を大切にして欲しいと思います。

投稿日時 - 2019-08-22 11:40:04

私は、2020東京オリンピックは開催を返上すべきと思っておりますが(笑)。さすがに開催返上も開催時期変更も不可能でしょうね。

8月の東京で屋外競技(特に陸上長距離・トライアスロン・サッカー・馬術など)を行うのは狂気の沙汰としか言いようがありません。要するにIOC・JOCもスポンサー企業もアスリートの生命・安全など二の次なのです。自分たちが儲かればあとはどうでもいいと考えているんです。

だから、本来スタッフとして雇うべき人間を「ボランティア」としてこき使い(当然彼らもまた熱中症の危険にさらされます)、お金も払わず「搾取」するのです。

来年の夏が「冷夏」であることを祈るしかありませんが、そうならなかったら確実に熱中症で倒れる選手が続出するでしょうね。

投稿日時 - 2019-08-21 16:18:26

お礼

ありがとうございます。協賛会社のボランティアの募集条件では、有給を使ってボランティアをしてメリットなしということを聞いて事があります。

投稿日時 - 2019-08-22 11:37:54

ANo.2

2020年の東京オリンピックに関していえば、そりゃ不可能です。日本のオリンピック関連の人たちが全て8月に向けて準備しています。例えばマラソンは9月15日に行われるマラソングランドチャンピオンシップで代表が決まると決められています。真夏に行われるオリンピックに合わせて、まだ残暑が残る9月に選考レースが開催となっています。
公務員ランナーとして知られた川内優輝選手は、自分自身が夏を非常に苦手としていることを理由にオリンピック代表選考レースには出場しないとずーっといい続けていました。もちろんグランドチャンピオンシップも不出場です。
もし「やっぱ10月開催にするわ」となったら、川内選手も「えっ、ちょっと今さらそりゃねえだろ」となることでしょう。

そういう影響を世界中に与えるのだから、今さら東京大会を10月にしますってのは無理です。

とりあえず、2028年のロサンゼルス大会までは現状で開催が決まっていますから無理でしょう。特に28年のロサンゼルス大会は他ならぬそのアメリカで行われる大会ですからね。
ただ、その後が決まっていません。今の超商業主義で金がかかりすぎるオリンピックの在り方に嫌気がさしている人が多くなってきているのも事実です。なにしろ選ばれるための裏金だけでも結構な予算がかかりますからね。
今の商業主義オリンピックは1984年のロサンゼルス大会から始まったといわれています。だから商業主義オリンピックはロサンゼルス大会で始まり、ロサンゼルス大会で終わるかもしれませんね。

本来のクーベルタン男爵のオリンピック精神は「純粋に競技を愛するアマチュアが、純粋に競技を競うこと」です。本来のオリンピック精神に立ち返る時期かもしれません。
その代わり、選手たちに与えられるのは名誉だけになってそういう意味では割に合わないものになりますけどね。

投稿日時 - 2019-08-20 17:41:36

お礼

ありがとうございます。全く無理だろうと思っていますが、声は上げておきたい気持ちです。

投稿日時 - 2019-08-21 08:53:29

ANo.1

スポンサーをなくしてもできるならという事になるでしょう。

スポンサーの筆頭にいる会社をご存知ですか?
例えばコカコーラです。
筆頭ですので、最大出資スポンサー企業です。

涼しい時期に、コカコーラの宣伝をして、効果があるでしょうか。
暑ければ暑いほど、宣伝効果が上がります。

他のスポーツ競技などに、コカコーラは、非常に多くのスポンサードを行なっています。
なので、多くのスポーツの試合は、夏に集中しています。

そんなスポンサーなんて降りたって構わないと、あなたは簡単に言えると思いますが、運営している側から見れば、スポンサー探しというのは非常に大変なものであり、運営側の人件費なんかがなくなってしまうくらい(つまり運営できなくなってしまうくらい)のスポンサードを行なっています。
少し前にあった、韓国の冬のオリンピックは、スポンサーの出資が足りなくて大赤字になってしまいましたね。

その巨額な不足金になる運営費を、どうやって補填するのか。
それが解決できるかどうかという話でしょう。
特に夏のオリンピックは、規模が大きいですので、その運営には多くの人が関わるため、費用がかかってしまいます。

それを全て開催国の税金で払うようにした方が良いでしょうかね?
そうなると、オリンピック自体開催できる国が大きく減ってしまうという問題も起こってしまうわけですが・・・

投稿日時 - 2019-08-20 17:37:55

お礼

ありがとうございます。スモールオリンピックを掲げても、日本で行えば他国よりも多額の費用が掛かるように思います。

投稿日時 - 2019-08-21 08:52:21

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-