こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

売買等の契約で |√1000000|円 と書いたら

1000円と解釈できますか?

投稿日時 - 2019-08-19 21:52:30

QNo.9647367

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

解釈できますか、というよりは、契約当事者がお互いにそういう解釈に合意するかどうかですね。√1000000|円が1000円を意味すると、契約当事者双方が等しくそのように解釈して、契約書をつくれば、当事者間では有効な契約となり得ます。

しかしながら、その契約書が契約書としての機能を十分に果たせるかとなると、大いに疑問です。

契約書は、その契約内容としての債権債務を履行するための拠り所です。契約書にハンコを押す前にどんなやりとりをしたか、とか、しなかった、とかは関係なく、契約書に記載されている内容だけを頼りに契約を履行していくものです。

注意すべきは、その内容をどう解釈するかは、契約履行時における当事者次第となることです。解釈の相違が生じて相互間で解決できない場合は、仲裁や訴訟で解決することになります。

質問者様が当該契約の買い手だとした場合、売り手が契約時の解釈合意を覆して、勝手な解釈をして「百万円払え!」と言ってきた場合、それに対抗できるようにしておかねばなりません。

百万円の規模になると、民事訴訟に出てもそろばんが合う可能性がありますから、裁判をされて「√や|のマークは、桁を足して数字を改竄されることを防止する目的の印に過ぎず、平方根を意味するものではない、そもそも、代金が千円なら、単に1000円と書けばよい話で、わざわざ平方根で金額を表記すべき格別の根拠はない、平方根であるという被告(買い手=質問者様)の主張には合理性がなく、支払いを拒むための言いがかりに過ぎない」と敗訴して、百万円払わされる破目になりかねません。

契約書に、√1000000|円は1000円を意味する、という条項を入れておけばよいというお考えもあるかもしれませんが、売買金額のようにクリティカルな契約条件については、世間一般の契約書表記の慣習に従って、¥1,000.ーとか、金壱阡圓也とか、素直に表記するほうが、契約書作成の目的に合致しています。

投稿日時 - 2019-08-20 13:32:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.5

>1000円と解釈できますか?
解釈できません。
金壱仟円也と書いてください。
併記として¥1,000円也もあると良いでしょう。

投稿日時 - 2019-08-20 07:50:16

ANo.4

「解釈できますか」と問うこと自体が、「契約」になじまない考え方ですね。つまり、契約というのは、そもそも双方が合意して初めて成り立つものです。契約書は、その証明の一つにすぎません。ですので、双方がそう書いてそう解釈することに合意していれば、それは有効でしょう。
逆に、どっちかがその意味を誤解していたり、あるいはあえて錯誤を誘発しようとしてそういう書き方をすれば、それは無効になり得ます。(民法95条など)

投稿日時 - 2019-08-20 05:24:49

ANo.3

>つまり、無効ではないわけですね?

有効か無効かを考えない。
今後一切この相手とは取引することはないと思うだけです。

投稿日時 - 2019-08-19 22:14:47

補足

まかり間違って、そんな相手と取引を決めてしまったら有効ですか?

投稿日時 - 2019-08-19 22:18:35

ANo.2

 
そんな契約書は受け取りません。
もちろん押印しませんから無効な契約書になる

投稿日時 - 2019-08-19 22:03:58

補足

受け取って押印してしまったら有効ですか?

投稿日時 - 2019-08-19 22:17:57

ANo.1

頭おかしいやつが出たと思うだけで、解釈しようとしないと思います。

投稿日時 - 2019-08-19 21:58:07

補足

つまり、無効ではないわけですね?

投稿日時 - 2019-08-19 22:01:38

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-