こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語訳をお願いいたします。

The German bombardment on Fort de Boussois and La Salmagne soon smashed the artillery and infantry positions. Fournier ordered the garrisons to evacuate the forts and take cover in the trenches dug in the intervals, which were less vulnerable. Parties of German troops probed the French defences at ouvrages La Salmagne and du Fagné but were engaged with artillery and small arms fire and retired to Vieux Reng and Grand Reng. Fournier ordered the bulk of the artillery on the outer perimeter to be withdrawn to the reserve position. South of the Sambre, artillery was to retire to bois des Bons Pères, in case the Germans gained a foothold between Fort de Boussois and Le Fagné north of the Sambre and attacked the citadel. The batteries of the fortress reserve and those at Épinettes were ordered south of Élesmes to defend the support line but lack of transport meant that the artillery was not moved in time. The weight of the German bombardment increased on the north-east quadrant of the entrenched camp, from Fort des Sarts to Fort de Boussois, breaking the will of some of the defenders. Fournier expected the Germans to make their main effort north of the Sambre from the east, with a smaller effort south of the river between Rocq and Fort de Cerfontaine. Fournier reorganised the defence by the expanding the Maubeuge sector along the Sambre on the right flank and to the defences between Héronfontaine and the Mons railway to the north. The general reserve was moved into the fourth sector, the 145th Infantry Regiment taking over the defence of the villages of Assevent and Élesmes, the 345th Reserve Infantry Regiment in the gap between. The 31st Colonial Regiment and the march battalion from the 145th Regiment depot, took over to the west of the Champ de Tir (Field of Fire) a triangle of ground north of the Sambre, eastwards from Maubeuge to Fort Boussois along the Sambre and Élesmes to the north-west. A third defence line to be held for as long as possible was dug hastily. The 75 mm field batteries of the general reserve were moved between Assevent and the Mons road. Ville, lacking a staff, improvised a headquarters at the Assevent crossroads with only an ordnance officer to assist him.
At Fort des Sarts, the garrison withstood bombardment by 150 mm artillery but from 1:30 p.m., the Germans brought 420 mm howitzers into action, penetrating the 0.5 m (1.6 ft) of clay cover and smashing its casemates. At about 3:00 p.m. most of the garrison deserted the fort and retreated Maubeuge. During the evening, the last defenders withdrew and the gunners, lacking explosives, retreated with the breech-blocks of their guns. Troops occupying farms and other positions in the vicinity stood their ground but the garrison of Ouvrage du Fagné also abandoned their post. German troops following up the French retreat took over the ouvrage but the attack the Ouvrage La Salmagne (Captain Eliet) failed. The German infantry retreated to Vieux Reng and Grand Reng.

投稿日時 - 2019-08-15 22:08:44

QNo.9646075

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>The German bombardment ~ to the reserve position.
⇒ブソワ砦やラ・サルマーニュに対するドイツ軍の砲撃は、すぐに砲兵隊や歩兵隊の陣地を破壊した。フルニエは、数か所の砦からの避難して、砦と砦の間に掘られた塹壕などに隠れるよう守備隊に命じた。ドイツ軍の分隊がラ・サルマーニュやデュ・ファニュにあるフランス軍の防衛施設を突き止めたが、大砲と小火器の砲火に見舞われてヴュー・レンやグラン・レンに撤退した。フルニエは、外郭部の大砲本体を予備陣地に引き戻すよう命じた。

>South of the Sambre, artillery ~ of some of the defenders.
⇒ドイツ軍がサンブルの北でブソワ要塞とル・ファニエの間に足場を築き、城塞を攻撃した場合に備えて、サンブル南の砲兵隊はボン・ペールの森に後退した。要塞予備軍の砲兵隊とエピネットの砲兵隊は支援戦線を守るためにエルム南へ(の移動を)命じられたが、輸送機関が欠如していて、それは、砲兵隊はが時間内に動けないことを意味した。ドイツ軍の砲撃の勢力がサルト砦からブソワ砦までの塹壕野営地の北東象限で増加し、守備隊のある者は意欲を削ぎ落とされた。

>Fournier expected the Germans ~ in the gap between.
⇒フルニエは、ドイツ軍がサンブル東から北にかけて主力を注ぎ、ロックとセルフォンテーヌ砦間の川南にはほとんど力を入れないだろうと予期した。フルニエは、サンブル右側面に沿ってモーブージュ地区部隊を拡大し、ヘロンフォンテーヌと北のモンス鉄道との間の防衛隊につながるよう防衛隊を再編成した。一般予備軍は第4地区に移され、第145歩兵連隊がアスヴン村やエルム村の防衛を引き継いだ。第345歩兵連隊はその間の間隙帯に駐留した。
※この段落(と次の段落)、数か所前置詞のみから動詞を推測しましたので、誤訳があるかもしれませんが、その節はどうぞ悪しからず。

>The 31st Colonial Regiment ~ officer to assist him.
⇒第31植民地連隊と第145連隊兵站部からの行進大隊は、シャン・ド・ティル(発砲舞台)の西、モーブージュの東、それからサンブルとエルムに沿って北西へ行ったブソワ砦までの、サンブル北の三角形地面を引き継いだ。できるだけ長く保持すべく第3の防衛線が急遽掘削された。一般予備軍の75ミリ野戦砲隊は、アスヴンとモンス道の間に移動した。ヴィユは、員数が不足しているので即席でアスヴンの交差地点に本部を造って、彼を支援するための兵器係将校を1人だけ置いた。

>At Fort des Sarts, the garrison ~ Vieux Reng and Grand Reng.
⇒サールの砦では、守備隊が150ミリ砲による砲撃に耐えたが、ドイツ軍は午後1時30分から420ミリ榴弾砲を駆動し始め、0.5 m(1.6フィート)の粘土カバーを貫通して防爆掩蔽設備を粉砕した。午後3時頃、ほとんどの守備隊は砦を捨て、モーブージュを撤退した。夕方、最後の防御隊が撤退し、爆発物を持たない砲手は個々人の銃の銃身を盾にして退却した。近くの農場や他の陣地を占拠している軍隊は地面を守っていたが、ファニー細工営造の守備隊もその基地を放棄した。フランス軍の撤退に続いて、ドイツ軍が細工営造を引き継いだが、ラ・サルマーニュ細工営造(エリート大尉)の攻撃は失敗した。ドイツ軍の歩兵隊はヴュー・レンとグラン・レンに退却した。

投稿日時 - 2019-08-20 22:35:14

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-08-21 23:37:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-