こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日曜菜園の車走行被害に対する損害賠償の考え方

少し長くなりますが、よろしくお願いいたします。

昨夜の突然の事故について、考え方をアドバイスください。

日曜菜園をしているものです。

昨夜、事故を起こした人から、突然、夜に連絡をいただきました。

菜園の通路で、ブレーキと、アクセルの踏み間違いで、畑の中に、車を

突っ込んでしまったとのことでした。

連絡を受けたときは、周囲をネットで、囲っているものですから、少しネットを

倒しているぐらいだと思いました。

明朝、打ち合わせはするのですが、一応、夜に、現場を確認に行きました。

びっくりでした。 私の畑はもちろんのこと、北側の2区画と、西隣と、そのまた

西隣の合計5区画ぐらいの菜園(車が1台通行可能なぐらいの通路で、仕切られて

います。)を斜めに走行した痕跡が有りました。

いちおう、2mぐらいの高さのネットで、囲んでおりましたが、そのネットも、北側

(車侵入口)と西側(車の出口)がなぎ倒されていて、長さにして、おおよそ、20M

ぐらいを、斜めに横断している状態でした。

今日、これから、菜園責任者側と、車の運転手(80歳を超えた高齢者)と、被害者

側(被害者側は、合計5人)とで、打ち合わせをするのですが、その場合の損害

賠償の特に、畑の作物に対する損害についての考え方を教えていただきたいともい

まして、ご相談させていた来ました。

被害にあった作物は、1種類の作物の畝の長さ10mぐらいで、それが、スイカ、

サツマイモ、ジャガイモ、 ピーマン、豆類など5畝です。

作物そのものの損害は、金額に換算すれば、1万円ぐらいかどうかというところ

ですが、 楽しみにしていた収穫が、見込めない恐れがあることに対して、場合に
よれば慰謝料的なものとしての請求はできるのでしょうか。

その場合に、おおよろどのぐらいの金額になるのでしょうか。当方としては、

10万円~20万円ぐらいとも考えているのですが、常識的にはどのぐらいが

妥当なところでしょうか。

事故の原因は、本人の電話での話では、「ブレーキと、アクセルを踏み間違った。」

とのことでしたが、あれだけの距離を縦走しているとすれば、意識をなくしてしま

ったのではないかと考えてしまいます。

長くなりましたが以上です。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2019-08-04 08:12:11

QNo.9642250

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

なんか脅し文句みたいな回答が多いですね。
もしかして 相手はここの住人で裏工作でもしてるのかと疑念を感じますね。
「慰謝料」という言葉が存在するのはなぜでしょう。正当な要求だからです。
商用作物ではないので 価値の評価はゼロ。それとこれとは 話は別です。
別の方向から攻めてもいいでしょう。
なにもない土地を耕して 雑草や小石を取り除き作物を育てることができる畑に仕上げた労力 費やした時間。こっちも相当な価値があります。

投稿日時 - 2019-08-05 23:22:44

ANo.3

先ずは、その加害者は任意保険に加入していましたか? YESなら任意保険の対物担当者が窓口になります。 NOなら基本的に本人ですが、恐らく通いの車屋さんに相談すれば自家用車協会の窓口を紹介されているはずです。
いずれにせよ、妥当な損害、スムーズな示談を導き出す手段ですので、被害者だからと言って根拠の無い請求や支払いを迫ると貴方自身が今回の過失事故とは違う意味(恐喝、脅迫罪)で刑事罰を受けることになりますので十分にご注意ください。
良く考えれば分かること。 凶悪犯罪でさえ加害者への接見が許されず、民事裁判で書類送検後、不起訴になるケースがあるくらいですから・・・。

具体的な話ですが、、、損害賠償保険、業界では、現在1時間単価6,070~6,270円。物価が高い地域ではそれ以上の単価で人件費が計算されています。 専門業者が算定し、ネット等の損傷具合や畑を興す労働費用、材料費が打診されます。 勿論、行政機関ではありませんのでここは大いに交渉されて構わないと思います。 以外に厄介なのは、収穫予定の算出。 売り物なら被害額として出て来るのですが、家庭菜園となれば0に等しいでしょう。

この例がそのまま停車中の貴方の車だったとしましょう。
その車は、新車登録からかれこれ10年過ぎた愛着のある車。 また、家族と一緒に旅行に行った思い出のある車。 突然の暴走車にぶつけられほぼ大破に近い状況になった。 通いの車屋さんに修理見積依頼をしたら80万程掛かると言われた。 加害者の保険会社が出した結論は、新車当時価格の10分の1価格。 つまり10年前200万円に諸経費や付帯部品を加えて240万円払った車でも現在の価値査定が20万円! この判定は、日本中何処へ行っても、どの保険会社を訪ねても大きく変わることはありません。
この査定に腹を立てて相手に直接談判!「私の何が悪いんだ!大事にしていた車を元の状態に戻せ!20万円貰って車が買えるわけが無いだろう!」「新車同等の価値が無いにしても慰謝料として後50万支払え!」
これは全て立派な恐喝、脅迫罪になります。 貴方が素人だとはいえ、「保険会社に任せている」と言っているものを無視して行為を続けると警察に相談、録音、録画により検察所への提出を勧めます。

投稿日時 - 2019-08-05 09:34:16

ANo.2

精神的慰謝料は いくらでも設定できます。
日曜菜園ということで 商用作物ではない。ということになると 相手側に腕のいい弁護士がつくと 購入した種子の値段ということにされてしまう可能性もありますから 訴訟も辞さずという強い姿勢で 相手の出方を観察します。
誠実な人であれば こちらも誠実に そうでなければ相手に合わせたスタイルで応じます。
まず 相手側にしゃべらせます。

作物の被害
施設の被害
畑の修復にかかる費用
実りの楽しみを奪われたことに対する慰謝料
この会合でつぶされる時間
この合計です。

投稿日時 - 2019-08-04 12:50:30

ANo.1

物に対する慰謝料は認められません
なので一般的にスーパーで買う程度の金額、ここでは1万円ですよね、これが最大の賠償額となります

10万円などと口にしたら脅迫罪で被害届を出されかねない額ですのでやめましょう

残念な事ですが、これ以上何もできません

あとは示談の条件に免許返納させるとか?
これは強制力のない嫌がらせにしかなりませんけどね

投稿日時 - 2019-08-04 08:59:20

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-