こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

パナソニック電動自転車バッテリーの新作

Panasonicの電動自転車バッテリーは、現在NKY582B02他の容量は20Ahありますが、発売・装着されたのが2017年モデルからなのでもう2年以上は経っています。
ここ最近で20Ahより最大容量が増えそうな傾向やリリース情報はありませんか?

2017年からバッテリー格納スペースが狭く?低くなってバッテリーの寸法(高さが低くなった)も変わったみたいなので、2016年以前のバッテリーは容量が小さいのに2017年以降の自転車には入りません(端子部の形状やスペースは同一)
とういこうとなので現状ではこれ以上セルの数を増やした20Ah以上の物は出ないでしょうか?

また互換品などの情報もあれば教えてください

よろしくお願いします

投稿日時 - 2019-08-04 07:25:14

QNo.9642237

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

保安基準で20Ahまで、それ以上は発火の恐れがあります
最近は15~16Ah程度が主流となっています。一般的な使い方であれば、10Ah以上の容量があれば1週間は充電しなくても走行できます
容量を増やすより低Ahで走行距離を伸ばすことにシフトしているようです
ヤマハはどんどん低Ahになり最新モデルでは12.3Ahです。

投稿日時 - 2019-08-04 08:00:41

お礼

迅速なお答えありがとうございます
なるほど、あまり容量が大きくても不具合があるのですね
保安基準があるということはパナソニック製でそれ以上の容量が出ることはないという事ですね…
私の乗り方ですとぶっ通しで乗ったりしますので、容量が大きいことに越したことはないので20以上を熱望してました…

低Ahで走行距離を伸ばす、ということですがこれはどんな仕組みなのですか?
私にはAhが高いほど距離が延びるというイメージしか湧かないのですが…
ヤマハの新型は12.3ですか!
結構小さいのですね

投稿日時 - 2019-08-04 09:37:30

ANo.1

容量20Ahバッテリーは相当重いです。
これ以上重くなると電動バイク並となりますし、長距離走行性能が価格の割りに発揮できない可能性がありますからこれ以上はないと思う。
今後の高性能リチウムバッテリーはかなり研究が進んでいる固体リチウム充電電池に移行するでしょう。
固体型では最大放電電流や可能充電回数が現行のリチウムイオン電池の10倍以上になると言われていて期待しています。

投稿日時 - 2019-08-04 07:56:12

お礼

迅速なお答えありがとうございます
なるほど、20Ah以上が販売される可能性は低いのですね
前のから2年くらい経つのでそろそろ発売するのかと思ってしまいました

固形リチウム電池ですが、これが自転車のバッテリーに実用化されるのはいつごろになりそうか予想はつきますでしょうか?

投稿日時 - 2019-08-04 09:31:53

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-