こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳をお願いします。

German forces under Sergeants Weissenberger and Steffens counter-attacked, killing one French soldier and pushing the rest back to their lines. They left a force of a dozen soldiers in the village to prevent another Allied attack. On 1 September, the Allies brought up larger artillery pieces and resumed their bombardment of the positions on the slopes of the mountain. The next day 42 French soldiers again attacked Kilwe and were repulsed, leaving seven dead.
General Frederick Hugh Cunliffe, commander of Allied forces in northern Kamerun, began to push for stronger efforts to defeat the Germans on the Moraberg. On 7 September Allied guns opened a heavy bombardment concentrating on Mora's northernmost outposts, which were commanded by Lieutenant Kallmeyer. The barrage continued throughout the night, followed by a British infantry assault in the morning. The attack fell apart under heavy fire from Kallmeyer's men, with a British captain and 15 African soldiers killed, and five Germans wounded. Two more attempts to storm this German post were undertaken at night, but collapsed in confusion as troops became lost in the darkness. After this series of assaults failed, Cunliffe elected to reduce the size and frequency of infantry attacks and instead concentrate on hammering enemy positions on Mora with increasing amounts of artillery.
Captain von Raben was wounded by a bullet to the head on 30 September, while visiting German forward positions. Due to the lack of adequate medicine at Mora, he was confined to a sickbed while his second in command, Lieutenant Siegfried Kallmeyer, took temporary control of the company. Food stocks continued to dwindle, and on 8 December British troops burned the village of Wudume, which had been supplying food to the Germans. In early 1916, the German forces had been under siege for almost a year and a half. Their food stocks had been exhausted, although their munitions were still plentiful (they still had 37,000 rounds of ammunition). On 15 February 1916, Captain Ernst von Raben received a letter from General Cunliffe offering to return the Askaris safely to their homes, and the Europeans to internment in England. At this point, Kamerun had been effectively surrendered to the Allies, as the colonial government and most of the remaining army had fled to the neutral Spanish colony of Río Muni. Realizing their situation was dire, and that any continued resistance would be fruitless, the German commander agreed to capitulate, asking that the British, in addition to safe passage, provide him with £2000 with which to pay his Askaris - which they did. Von Raben surrendered along with the remaining 155 men under his command on 18 February 1916.
The surrender of the German force at Mora signaled the end of German resistance in Kamerun and the beginning of the British and French occupation of the country. The Treaty of Versailles in 1919 partitioned the colony between the two powers, creating the new colonies of British Cameroon and French Cameroon.

投稿日時 - 2019-07-21 02:29:00

QNo.9637499

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>German forces under Sergeants ~ repulsed, leaving seven dead.
⇒ワイゼンバーガー軍曹とシュテフェン軍曹の下のドイツ軍が1人のフランス軍兵士を殺害し、残りをフランス軍の戦線に押し戻した。彼らは別の連合国軍の攻撃を防ぐため村に10人余りの兵員を残した。9月1日、連合国軍はより大きな大砲を持参し、山の斜面の陣地から砲撃を再開した。翌日、42人のフランス人兵士が再びキルウェを攻撃したが、撃退され、7人が死亡した。

>General Frederick Hugh Cunliffe, ~ infantry assault in the morning.
⇒カメルン北部にある連合国軍の司令官フレデリック・ヒュー・カンリフ将軍は、モラベルグでドイツ軍を敗北させるためにより強い取り組みを押し出し始めた。9月7日、連合国軍の砲兵隊が、カルメーヤー中尉の指揮を受けて、モラ最北端の前哨基地に集中した重爆撃を開始した。その集中砲火は一晩中続き、続いて朝の英国軍歩兵隊による襲撃が続いた。

>The attack fell apart ~ increasing amounts of artillery.
⇒攻撃はカルメーヤー部隊からの激しい砲火の下で崩壊し、英国軍の大尉と15人のアフリカ兵が殺され、5人のドイツ兵が負傷した。このドイツ軍の哨戒基地を襲撃しようとするさらなる試みが夜に行われたが、軍隊が暗闇の中で迷子になったため、混乱して挫折した。この一連の攻撃が失敗した後、カンリフは歩兵隊の攻撃規模と頻度を減らすことを選択し、代わりに砲兵の量を増やしてモラの敵陣に対する打撃に集中した。

>Captain von Raben was ~ had 37,000 rounds of ammunition).
⇒フォン・ラーベン大尉は、ドイツ軍の陣地前線を訪問している間の9月30日に、頭部に弾丸を受けて負傷した。モラには十分な薬がなかったため、彼は病床に閉じ込もったが、その間は副指揮官ズィークフリート・カルメーヤー中尉が一時的に中隊を差配した。食料の在庫は減少し続け、(さらに)12月8日、ドイツ軍に食料を供給していたウドゥメの村を英国軍が焼き払った。1916年初頭、ドイツ軍はほぼ1年半の間包囲されたままということになった。彼らの食料は消費し尽くされていたが、弾薬はまだ豊富だった(まだ、37,000発の弾薬を持っていた)。

>On 15 February 1916, Captain ~ command on 18 February 1916.
⇒1916年2月15日、エルンスト・フォン・ラーベン大尉はカンリフ将軍からアスカリス(現地人兵士)隊を安全に彼らの家に帰し、ヨーロッパ人を英国の収容所に戻すよう申し出る書簡を受け取った。この時点で、植民地政府と残り軍隊の大部分がリオ・ムニの中立スペイン植民地に逃亡していたので、カメルンは事実上連合国に降伏した。ドイツ軍司令官は、自軍の状況を認識するにそれが悲惨で、いかなる継続的な抵抗も無益であることに気づいたので、降伏に同意し、安全な通過(出国)に加えてアスカリス隊に支払うために2000ポンドを英国軍が提供してくれるよう要請したので、英国軍はそれに応じた。1916年2月18日、フォン・レーベンはこの要請条件下に残りの155人の兵士と共に降伏した。

>The surrender of the German ~ British Cameroon and French Cameroon.
⇒モラでのドイツ軍の降伏は、カメルンにおけるドイツ軍の抵抗の終結と、英国およびフランスによるこの国の占領の開始を示した。1919年の「ヴェルサイユ条約」は、植民地をこの2つの列強間で分け、英国のカメルーンとフランスのカメルーンという、新しい植民地が創出された。

投稿日時 - 2019-07-27 13:37:50

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-07-27 23:11:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-