こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

tailoredの前後の文法的解釈の仕方

With over 30 years in business, we know how to plan vacations tailored to our clients’ specifications.

With over 30 years in business(前置詞句), we know how to plan vacations tailored to our clients’ specifications.

上の文について1つだけでも教えて下さい


1,With over 30 years in business,はwithが前置詞で前置詞句の副詞的用法ですよね?
Withは前置詞 overは形容詞 30yearsは名詞ですか?

2,We(S) know(V) how(O) to plan vacations tailored to our clients’ specifications.
この文はSVOの第3文型 単文ですか?

3,How は名詞節を作る関係代名詞で to planはto不定詞で他動詞でvacationsを目的語に取っている?

4,Tailoredは過去分詞で形容詞の役割で名詞vacationsを修飾している?
tailored以下は特によくわからなくなりました。

よろしくおねがいします

投稿日時 - 2019-07-19 13:30:33

QNo.9636969

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

以下のとおりお答えします。

>1,With over 30 years in business,はwithが前置詞で前置詞句の副詞的用法ですよね?
Withは前置詞 overは形容詞 30yearsは名詞ですか?
⇒はい、With ~ businessの前置詞(材)句は副詞的用法です。
Withは前置詞、30 yearsは名詞句ですが、overそのものは形容詞でなく前置詞です。ただ、over ~ businessは、形容詞句と言えるかもしれません。With (our experience) over 30 years in business「30年以上にわたる(我々の経験)によって」と補って考えれば、そのような解釈が成り立ちます。

>2,We(S) know(V) how(O) to plan vacations tailored to our clients’ specifications.
この文はSVOの第3文型 単文ですか?
⇒はい、SVOMの第3文型で、単文です。

>3,How は名詞節を作る関係代名詞で to planはto不定詞で他動詞でvacationsを目的語に取っている?
⇒howは名詞句を作る関係副詞で、to planは形容詞的用法のto不定詞で、planは他動詞でvacationsを目的語に取っています。
how toはこれだけで「~する方法」の意を表しますが、次のように補うとこの語句の構成が分かりやすくなります。we know (the way) how to plan vacations「私どもは、休暇をどのように計画すべきか、その方法を知っています」。

>4,Tailoredは過去分詞で形容詞の役割で名詞vacationsを修飾している?
>tailored以下は特によくわからなくなりました。
⇒はい、tailoredは過去分詞形容詞で、名詞vacationsを後置修飾しています。
ということで、(how to plan) vacations tailored to our clients’ specificationsは、「顧客の詳細に合わせて休暇(を計画する方法)」となります。

投稿日時 - 2019-07-19 20:21:32

お礼

ありがとうございます
>Withは前置詞、30 yearsは名詞句ですが、overそのものは形容詞でなく前置詞です。
Overには形容詞の意味もあると思うのですが、形容詞ではなく前置詞
と見分けるのにどこで判断されたのですか?

以前質問した前置詞材句の内容を理解していない質問になるかもしれないのですが、
With over 30 years in business
は前置詞+名詞の形になっているので前置詞句なんですよね?では
前置詞句の中にあるin businessは前置詞句と呼ぶんですか?
With over 30 yearsこれだけでも前置詞句と呼びますよね?
そこにin businessが入っていて、これも前置詞句と呼ぶのか?もしそうだとすると、副詞句の中に副詞句が入っているということになるのでしょうか?

>howは名詞句を作る関係副詞で
関係副詞は副詞なのに名詞句という名詞の役割をするのですか?となると関係副詞も文の要素になるということですか?

副詞という言葉がつくものは全て副詞の役割にしかならないと思ってました。

>to planは形容詞的用法のto不定詞で
形容詞的用法としてどの名詞を修飾しているのでしょうか?
>planは他動詞でvacationsを目的語に取っています。
ということは、このplanは形容詞として何かの名詞を修飾しながら同時に後ろのvacationsという名詞を目的語にとる 2つの役割をしているという事ですか?

>tailoredは過去分詞形容詞で、名詞vacationsを後置修飾しています
過去分詞が形容詞的用法として名詞vacationsを修飾している。
この事を過去分詞の分詞構文という言い方をするのは間違っておりますか?

多くなって申し訳ございません。
主質問の場合と同様にご返信いただけるものだけで結構です。
よろしくおねがいします。

投稿日時 - 2019-07-20 11:56:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

「お礼コメント」を拝見しました。

>>Withは前置詞、30 yearsは名詞句ですが、overそのものは形容詞でなく前置詞です。
>Overには形容詞の意味もあると思うのですが、形容詞ではなく前置詞
>と見分けるのにどこで判断されたのですか?
⇒このoverは、名詞句30 yearsを目的語にとって「(30年以上)にわたって/わたった」となるからです。形容詞のように感じられるのは、over 30 years「30年以上にわたった(我々の経験)」という語句(形容詞句)をまとめた場合を考えたからではないでしょうか。

>With over 30 years in business は
>副詞句の中に副詞句が入っているということになるのでしょうか?
⇒「副詞句の中に副詞句が入っている」というより、「副詞句と副詞句が(上のような名詞を補う場合は、形容詞句と形容詞句が)並んでいる」というほうがより正確なところだと思います。「30年以上にわたった経験」+「仕事上の経験」=「30年以上にわたった仕事上の経験」という等価関係が成り立つことを考えれば分かりやすいでしょう。

>>howは名詞句を作る関係副詞で
>関係副詞は副詞なのに名詞句という名詞の役割をするのですか?となると関係副詞も文の要素になるということですか?
⇒関係副詞それ自体が名詞の役割をするのではありません。「関係副詞が導く句または節が名詞句・名詞節となって名詞の役割をする」のです。ただし、これは、the way how to plan vacations「私どもは、休暇をどのように計画すべきか、その方法を知っています」とthe wayを補った場合の文を説明するやりかたです。(*)

>>to planは形容詞的用法のto不定詞で
>形容詞的用法としてどの名詞を修飾しているのでしょうか?
⇒(*)あ、すみません。上でthe wayを補った説明をしながらここではhow to plan vacationsのままの説明をしてしまいました。一応、ここでのお尋ねにお答えすれば、次のとおりです。
to planは形容詞的用法のto不定詞で、名詞howを修飾しています。この場合のhowは名詞で、「やりかた、方法」という意味です(辞書で確認なさってみてください)。

>>planは他動詞でvacationsを目的語に取っています。
ということは、このplanは形容詞として何かの名詞を修飾しながら同時に後ろのvacationsという名詞を目的語にとる 2つの役割をしているという事ですか?
⇒形容詞として名詞を修飾しているのはto plan(to不定詞)で、vacationsという名詞を目的語にとっているのはplan(動詞原形)です。

>>tailoredは過去分詞形容詞で、名詞vacationsを後置修飾しています
>過去分詞が形容詞的用法として名詞vacationsを修飾している。
>この事を過去分詞の分詞構文という言い方をするのは間違っておりますか?
⇒いいえ、間違っていないと思います。このように2つの解釈法がある場合、「単純な方をとる」のが普通です。それが、この場合、過去分詞の形容詞的用法ということになります。

投稿日時 - 2019-07-20 16:48:27

補足

>⇒このoverは、名詞句30 yearsを目的語にとって「(30年以上)にわたって/わたった」となるからです。形容詞のように感じられるのは、over 30 years「30年以上にわたった(我々の経験)」という語句>(形容詞句)をまとめた場合を考えたからではないでしょうか。

形容詞や前置詞等の訳語も違いがあるんですね。私は結構その辺わかっていないです。
例えば、fastという単語の形容詞と、副詞どちらだ?と聞かれたら、訳語がどちらかが浮かばないですし、homeも名詞と副詞で訳語が浮かびません。
日本語でも、
すごく すごい等 どっちがどっちかなど整理できておりません。


形容詞句ってなにがあったっけと思い調べてみたら、
to不定詞He has no friends to talk with.to talk withも形容詞句とでてきて、他にも現在分詞、過去分詞、不定詞、前置詞+名詞等 
やはりカテゴリ分けと関連性の整理が私の頭の中でちゃんとできてないなと思いましたし、その形容詞句自体が前置詞句ではないのか?とか、分詞構文では?等、さらに細分化がきになります。



>to planは形容詞的用法のto不定詞で、名詞howを修飾しています。

私の認識では、Which,that,what,whoが名詞節で、when,howは副詞節という認識なので 
今回のhow toも副詞句や副詞節だと思っておりました。


>⇒形容詞として名詞を修飾しているのはto plan(to不定詞)で、vacationsという名詞を目的語にとっているのはplan(動詞原形)で>す。

これは面白いですね to planがhowを修飾していて、toのないplanがvacations名詞を目的語にとっている。こんなやり方は聞いたことがなかったので今まで常に混乱してました。確かに言われてみると関連性が見えやすくなりました。

投稿日時 - 2019-07-28 10:07:21

お礼

違う質問のお礼のところに、今回の質問のお礼を書いてしまいました。申し訳ございません。
https://okwave.jp/qa/q9637211.html

投稿日時 - 2019-07-23 06:06:54

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-