こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

簿記3級

簿記3級について質問があります。

(1)横浜商事へ商品¥80000(原価¥55000)を売り渡し、代金のうち¥50000は同社振り出しの小切手で受け取り、残額は掛けとした。

(2)京都商店へ商品¥125000(原価¥70000)を売り渡し、代金のうち¥50000は当店がかねて振り出した小切手で受け取り、残額は掛けとした。

この時の勘定科目は、(1)が現金で、(2)が当座預金でした。

どちらも全く同じパターンの取引内容に見えるのですが、なぜ勘定科目に違いが生まれるのでしょうか?

分かる方はお願いします。

投稿日時 - 2019-07-16 11:21:27

QNo.9635955

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

他社振出小切手をもらう...現金がもらえることが確定する。
自己振出小切手をもらう...以前に当座預金がマイナスになった分が帳消しになる
他社振出小切手と自己振出小切手では扱いが異なります。

投稿日時 - 2019-07-16 11:49:51

お礼

そういうことでしたか!

ご回答ありがとうございます!

投稿日時 - 2019-07-16 12:31:10

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-