こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

女性のスカート

日本で、昭和半ばの時は、女性のスカートは、男性の欲望の服だったのですか?

投稿日時 - 2019-06-19 10:54:09

QNo.9627201

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

「昭和半ばのスカート」に限らず女性の服装というのは、「男性の欲望」をそそるものだということだと思います。もっと極端に言えば、「男性の欲望」をそそるために服装を選んでいるのではないかな???(*^_^*)

「きれいな私を見て」ってなもんです。男にとっては、何がきれいなのか???顔だか服装だか訳分からなくなってしまう。目くらましみたいなものだと思う。

昭和半ばの時は、女性のスカート……というと、「ミニスカート」を想い出すね。あの頃は女性の顔を見ないで、スカートからはみ出した太ももを盗み見していたなぁ。(*^_^*)

今だったら、「痴漢」で捕まっちゃうのかなぁ???

投稿日時 - 2019-06-20 06:21:18

ANo.6

昭和半ばと言うと昭和30年代でしょうか?
まだミニスカは出ていませんね。
むしろスカートは長く、やっとパンツ(サブリナパンツ)を穿く女性も認められたという時代です。

その後の40年代にミニスカブームが起きましたが、男性よりも女性の人気が強かったようです。
モデルのように脚が長く見えますしね。

で、男性の性欲を掻き立てると言われた服装はなんとミニスカートではないのですよ。
40年代後半に出たホットパンツというものです。
昭和半ばよりもやや後の時代ですね。
当時の漫画サザエさんでも描かれていました。
ホットパンツを穿いて出かけようとしたら、性欲を掻き立てるようなことを注意されて、ミニスカートに着替えていました。


なぜミニスカートは性欲を掻き立てなかったかと言うと、子どもみたいだし、動きやすく強い女を象徴するものだったから、色気を感じる事が出来なかったそうです。

ホットパンツはお尻の形が丸見えだったし、下着無しで穿くものだったようで・・・

投稿日時 - 2019-06-19 17:09:55

ANo.5

 関西のテレビ番組に「そこまで言って委員会」という番組がありますが、そこに時々出演している某女史(参議院議員経験者)が昔、そのようなことを言っていたのを思い出しました。

 よく考えず感情だけで話している「色物」の感じもする人なので、本人ももう忘れている程度の話かも知れませんけどね。

 質問者さんがなにからそのような発想を得たのかわかりませんが、その女史と同じものが原因かも知れませんね。

 でも、違うと思います。

 和服にはスカートはありませんでした。テレビに出て来る韓国服でもスカート状になっている服装がありますが、スカートはヨーロッパで発展してきたものです。

 となると、思い出すのは、フランスの貴婦人たちが入り浸っていたベルサイユ宮殿には「トイレがなかった」という事実です。

 貴婦人たちは庭に出て、立ち小便をしていたのです。

 そのために、フランス人形のスカートもそうですが、スカートに骨が入って、傘のように大きく開いて小便がスカートにかからないようになっていました。パンツ(ズボン)のように、股間に仕切りがあってはまずかったのです。濡れてしまうから。

 そのようなスカートが発達して?、現在のスカートになったものと私は思っています。

 一見関係ナイ話ですが、大昔貴族は赤い系の服を着ていました。庶民は男女とも染色しない粗末な衣服を着ていました(NHKチコちゃんに叱られる!)。

 商工業が発達して、庶民の中にも金持ちが出てきました。すると、庶民の金持ち男性は貴族(赤)に反発して青系の衣服を着るようになりました。

 しかし、女性は貴族に反発することなく、むしろお姫様・貴婦人たちに憧れて赤系を好んだのです。

 色同様に、スカートを含む衣服という点でも、貴婦人たちのマネをした... その結果がこん日のスカートである、トイレが増えて女性にとって立ち小便の必要はなくなって、少々形は変わっても、形の基本は残った。と、私は考えています。

 日本では、西洋夫人への憧れからスカートが採用されてこん日に到った。

 日本女性の側からの要望の結果であって、男性が欲望を感じたから強制したわけではないだろうと思いますよ。

投稿日時 - 2019-06-19 15:20:15

そんな事ない。
もしそうなら逆にスカート禁止だろ。
スカートで欲情しちゃうってどんなだよ。パンイチであるいてるのと同じってことだろ。

投稿日時 - 2019-06-19 11:31:57

そんなことはないでしょう。

投稿日時 - 2019-06-19 11:26:19

ANo.1

半ばというと高度成長期あたりかな。

女性は女性らしく、社会人はパーマをあてる(かける)、ストッキングはいいがタイツはだめ、ズボンは禁止、という時代がありました。

一般に女性は仕事をしてもクリスマスケーキで25を超えたら肩たたきで結婚辞職が当たり前だった時代です。

スカートが欲望の的だったのかはしりませんが、女らしさを求める社会だったので男性だけでなく家族も女子に就職は腰掛けでいい、お見合いでいいから結婚しろ、という時代でした。家事手伝いといういまならニートと言われそうな身分もありました。

投稿日時 - 2019-06-19 11:09:46

あなたにオススメの質問