こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

現金過不足の問題について

はじめまして、よろしくお願いします。

現金の実際有高について実査を行った際に、帳簿残高より¥2,000少なかったため現金過不足勘定で処理していた。
本日、決算にあたり原因を調査したところ、収入印紙税の購入額¥9,000(決算までに全て使用済み)が未記帳であること、また、売掛金¥6,000を他人振出の小切手で受け取った際、借方を当座預金と誤記入していたことがわかった。なお、残額については原因不明のため、雑損または雑益として処理することとした。

(解答)

借)租税公課 9,000  貸)当座預金 6,000 
           貸)現金過不足 2,000
           貸)雑益    1,000

なのですが、解説を読んでもわかりません。

私は、
問題に帳簿残高より¥2,000少なかったため現金過不足で処理していた。とあるので

借)現金過不足 2,000 貸)現金 2,000

そして決算で収入印紙購入額¥9,000が未記帳であることと、とあるので

借)租税公課 ¥9,000  貸)現金過不足 ¥2,000

そして売掛金を他人振出の小切手で受け取った際、借方を当座預金と誤記入していたことがわかった。とあるので

間違った仕訳
  (1) 借)当座預金 6,000   貸)売掛金  6,000
逆仕訳
  (2) 借)売掛金 6,000 貸)当座預金 6,000
正しい仕訳
  (3) 借)現金  6,000   貸)売掛金  6,000
(2)と(3)を合算しすると、売掛金が相殺されて無くなって

 借)現金 6,000 貸)当座預金 6,000 なりますよね?

それで私の答えは
 借)租税公課 9,000  貸)現金過不足 2,000
 借)現金   6,000    貸)当座預金 6,000
             貸)雑益    7,000

になってしまいます。

問題の解答の借方に、どうして現金 6,000が無いのでしょうか?
いつ消えるのでしょうか?
それがどうしても理解できません。

ものすごい分かりやすく教えてください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-06-18 16:09:04

QNo.9626966

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

#4です。
> ここで現金過不足を消しているのに
> 最終的に、どうしてまた貸方に現金過不足2,000がくるのでしょうか?

最終的に(1)(2)(3)をまとめると,と書いたよね。
「現金の実際有高について実査を行った際に、帳簿残高より¥2,000少なかったため現金過不足勘定で処理していた」のだから,決算にあたり処理したこととしては,最初の前提であった
借)現金過不足 2,000 貸)現金 2,000
を含めてはいけません。

投稿日時 - 2019-06-18 23:37:17

お礼

こんばんは。お礼が遅くなって申し訳ありません。
あれからf272様の回答を参考にして
この問題と似たような問題をいくつかやってみて、
完璧にではありませんが、ようやくだいたい理解できたかな?って思います。
解き方の考え方についても1つじゃないんですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-20 00:29:23

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(7)

ANo.7

回答が出揃っているようですが少しだけ。
全て仕訳にしてみれば分かります。
先ず
(現金)2,000 (現金過不足)2,000
(租税公課)9,000(現金)9,000
(現金)6,000(当座預金)6,000

通算すると
(租税公課)9,000(現金過不足)2,000
(当座預金)6,000
(現金)1,000

実査すると
(現金)1,000(現金過不足)1,000
結果
(現金)1,000(雑益)1,000

答えは
(租税公課)9,000(現金過不足)2,000
(当座預金)6,000
(雑益)1,000

投稿日時 - 2019-06-30 19:32:40

お礼

回答、有り難うございます。
皆様の回答を参考に、同じような問題をいくつかやってみました。
やっと理解できたかなと思います。
そして忘れないように、数日おきに現金過不足の同じような問題をやってます。
有り難うございました。

投稿日時 - 2019-06-30 22:52:04

ANo.5

No.2です
例えば、現金不足に気づいた時の状況が
現金の帳簿残高が20000円だったのに
現金を数えたら18000円だったとします

よく調べてみると
「租税公課9000円もれ」→現金簿価マイナス9000円
「売掛金回収時科目間違い」→現金簿価プラス6000円
でこれを修正する帳簿残高が「17000円」だったということになります
現金の実際有高は18000円だったので
「現金が1000円多かった」という結論になります
ご参考になれば

投稿日時 - 2019-06-18 22:35:13

お礼

こんばんは。お礼が遅れてしまって申し訳ございません。

あれから皆様の回答を参考にして、
この問題と似たような問題をいくつかやってみて、
完璧にではありませんが、ようやくだいたい理解できたかな?って思います。
簿記って借方とか貸方とか、なれるまではややこしいですよネ。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-20 00:46:03

ANo.4

> どうして貸方1,000になるのか教えてください。

最初の前提で
借)現金過不足 2,000 貸)現金 2,000
がありますね。

投稿日時 - 2019-06-18 22:17:33

補足

こんばんは。ありがとうございます。
借)現金過不足2,000  貸)現金過不足9,000
借)現金過不足6,000

で貸方に現金過不足が1,000になるということですね?

ここまでの仕訳で現金過不足は貸方1,000になるので,次の仕訳で現金過不足を消します。
借)現金過不足 1,000 貸)雑益 1,000 ....(3)
ここで現金過不足を消しているのに
最終的に、どうしてまた貸方に現金過不足2,000がくるのでしょうか?
借)租税公課 9,000  貸)当座預金 6,000 
           貸)現金過不足 2,000
           貸)雑益    1,000
教えてください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-06-18 23:06:59

ANo.3

これが前提です。
借)現金過不足 2,000 貸)現金 2,000
現金不足の原因:収入印紙購入額¥9,000が未記帳
借)租税公課 9,000  貸)現金過不足 9,000 ....(1)
現金過剰の原因:当座預金6,000と誤記入
借)現金過不足 6,000 貸)当座預金 6,000 ....(2)
ここまでの仕訳で現金過不足は貸方1,000になるので,次の仕訳で現金過不足を消します。
借)現金過不足 1,000 貸)雑益 1,000 ....(3)
最終的に(1)(2)(3)をまとめると
借)租税公課 9,000  貸)当座預金 6,000 
           貸)現金過不足 2,000
           貸)雑益    1,000
になります。

投稿日時 - 2019-06-18 17:17:52

補足

こんばんは。ありがとうございます。

ここまでの仕訳で現金過不足は貸方1,000になるので,
のところですが

貸)現金過不足9,000 - 借)現金過不足6,000で
貸方に3,000と考えてしまいます。
どうして貸方1,000になるのか教えてください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-06-18 20:35:33

ANo.2

こんにちは
まず、抜けている仕訳を見てみると
(1)租税公課 9,000/現金 9,000
訂正すべき仕訳は
(2)現金 6,000 /当座 6,000

(1)と(2)を合算して、現金を相殺すると
(3)租税公課 9,000 /現金 3,000
           当座 6,000
ここで、もともと、現金が2,000円足りないと思っていたところが、実際に仕訳を訂正してみたら、1,000円多かったことが判明したことになるので、
(4)現金 1,000 / 雑益 1,000
を追加
(3)と(4)を合算すると 
(5)租税公課 9,000 /現金 2,000
           当座 6,000
           雑益 1,000

現金過不足発生時の仕訳(ご質問者様の記載された仕訳)を打ち消す逆仕訳は
(6)現金 2,000 /現金過不足 2,000

(5)と(6)を合算して現金を相殺すると
答え
租税公課 9,000 / 現金過不足 2,000
           当座    6,000
           雑益    1,000
となります。
ご参考になれば^^

投稿日時 - 2019-06-18 16:59:24

補足

こんばんは。ありがとうございます。

(1)と(2)を合算して、現金を相殺すると
(3)租税公課 9,000 /現金 3,000
           当座 6,000

ここまでは分かるのですが、

ここで、もともと、現金が2,000円足りないと思っていたところが、実際に仕訳を訂正してみたら、1,000円多かったことが判明したことになるので、
のところが御免なさい、分かりません。
私は現金が足りないというより帳簿の現金が2,000多いから減らすために
借)現金過不足2,000  貸)2,000
と考えているからなのでしょうか
貸)現金3,000とあると、現金が減ったと考えてしまって
どうして現金1,000円多かったことになるのかわかりません。
教えてよろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-06-18 19:53:47

ANo.1

こんにちは。

>そして決算で収入印紙購入額¥9,000が未記帳であることと、とあるので

>借)租税公課 ¥9,000  貸)現金過不足 ¥2,000

この仕訳の貸方に 現金7000円を加えて

  借 租税公課 9000  貸方 現金過不足 2000
                 現金   7000

と考えて

>売掛金を他人振出の小切手で受け取った際、借方を当座預金と誤記入していたことがわかった。とあるので

借)現金 6,000 貸)当座預金 6,000 なりますよね?

これを足して

全部を並べると

  借方 租税公課 9000  貸方 現金過不足 2000
               現金   7000
  借方 現金 6,000     貸方 当座預金   6,000

となって 両方にある現金を相殺すると

   借方 租税公課  9000  貸方 現金過不足 2000
                   当座預金  6000
                    雑益   1000
となりました。

投稿日時 - 2019-06-18 16:42:27

補足

こんにちは!ありがとうございます。

この仕訳の貸方に 現金7000円を加えて

  借 租税公課 9000  貸方 現金過不足 2000
                 現金   7000

と考えて
とありますが、この貸方の現金7,000は借方の金額と合わせるために7,000と考えて合ってますか?

投稿日時 - 2019-06-18 18:30:57

お礼

こんばんは。お礼が遅くなって申し訳ございません。

あれから皆様の回答を参考にして
この問題と似たような問題をいくつかやってみて
完璧にではありませんが、ようやくだいたい理解できたかな?って思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-20 00:51:06

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-