こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

給料って一定額を越えると所得税が別に取られるのです

給料って一定額を越えると所得税が別に取られるのですか?

給料で所得税が引かれていました。

投稿日時 - 2019-06-04 17:29:58

QNo.9622942

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.5

所得税の対象となる金額は、年間103万円(基礎控除38万円+給与取得控除65万円)を超えた場合です。
これを月あたりの金額に換算すると、85,833円となりますから、この金額を上回ったら雇い主もとりあえず源泉徴収をするのが一般的な決まりです(これが給与明細上の所得税にあたります)。簡単に言えば、所得税の一時預かり金だと思ってください。
今年1年(1月~12月)までの総支給額が103万円を超えなければ、年末調整ないし確定申告で還付されることになります。103万円を超えたら、所得税を納めなければならなくなるので、源泉徴収額から所得税へ充てる事になります。足りなければ更に徴収され、足りていれば還付される仕組みになります(殆どの方は、還付になると思います)。

投稿日時 - 2019-06-04 21:39:16

ANo.3

そうです。月額88,000円を超えると一定額が源泉徴収され、12月に1年分の所得税を精算する年末調整が行われます。

投稿日時 - 2019-06-04 18:01:46

ANo.2

こんにちは
ファイナンシャルプランナーの宇野と申します。

おっしゃる通り、給料は一定額を超えると引かれます。
日額と月額で基準が異なるので下記リンクにて参照をしてみてください

月額表(88,000円以上は課税)
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2018/data/01-07.pdf

日額票(2,900円以上は課税)
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2018/data/08-14.pdf

投稿日時 - 2019-06-04 17:48:22

ANo.1

会社から貰った報酬はすべて所得税がかかります。雇用形態に関係なく。
給料を受け取ったときに引かれるか、確定申告で納めるかの違いです。

投稿日時 - 2019-06-04 17:46:17

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-