こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

次の英文を訳して下さい。

At daybreak on 29 September, General Hans von Beseler, called out of retirement at the age of sixty-five, arrayed six divisions in an arc facing the outer ring of forts. The heavy siege howitzers that had destroyed the defences of Namur and Liège had been placed well beyond the range of Belgian artillery. Aided by aircraft spotting, German gunners quickly found their targets. Belgian guns belched dense, black smoke, revealing their exact location and the fields cleared by the defenders deprived the forts of any concealment. Two of the forts were quickly reduced to rubble; the others fell in methodical succession. Without waiting for the outcome, the Belgian government and 65,000 troops departed from Ostend that night, leaving an army of 80,000 to hold off the enemy. Next day the entire outer ring collapsed, prompting a mass evacuation of civilians to the neutral Netherlands. A British Royal Marine Division joined the defending troops during the attack, but even this combined force was unable to stem the German drive. After six days of stubborn fighting, the remaining garrison retired across the Scheldt River to the southern border of the Netherlands, while the rest of the Belgian army retreated to the West, to defend the last piece of Belgian territory in the Battle of the Yser (16–31 October 1914).
Many of those killed at the Aisne are buried at Vailly British Cemetery.
There were two later battles on the Aisne; the second (April–May 1917) and the third (May–June 1918).

The Battle of Bita Paka (11 September 1914) was fought south of Kabakaul, on the island of New Britain, and was a part of the invasion and subsequent occupation of German New Guinea by the Australian Naval and Military Expeditionary Force (AN&MEF) shortly after the outbreak of the First World War. Similar to New Zealand's operation against German Samoa in August, the main target of the operation was a strategically important wireless station—one of several used by the German East Asiatic Squadron—which the Australians believed to be located in the area. The powerful German naval fleet threatened British interests and its elimination was an early priority of the British and Australian governments during the war.
After an unopposed landing, a mixed force of German reservists and half-trained Melanesian police mounted a stout resistance and forced the Australians to fight their way to the objective. After a day of fighting during which both sides suffered casualties, Australian forces captured the wireless station at Bita Paka. The battle was Australia's first major military engagement of the war and the only significant action of the campaign; in its aftermath the remaining German forces on New Britain fled inland to Toma. Following a brief siege there the German garrison capitulated, ending resistance to the Australian occupation of the island.


The Battle of Bita Paka ビタ・パカの戦い

投稿日時 - 2019-06-01 15:23:02

QNo.9622083

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>At daybreak on 29 September, ~ the forts of any concealment.
⇒9月29日の夜明けに、65歳で引退を表明していたハンス・フォン・ベセラー将軍が、外郭の要塞に面した半円弧に6個師団を配置した。ナミュールとリエージュの防御力を破壊した重包囲榴弾砲は、ベルギー軍の砲撃の射程をはるかに超えて配置されていた。航空機の発見に助けられて、ドイツ軍の砲手はすぐに彼らの目標を見つけた。ベルギー軍の銃砲が、密集した黒い煙をかぶせたことで彼らの正確な位置を露呈して、守備隊によって一掃された野原が、いかなる砦の隠蔽物をも奪い去った。

>Two of the forts ~ to stem the German drive.
⇒2か所の砦はすぐに瓦礫になった。他の砦は系統的に継続して陥落していった。その結果を待たずに、敵を阻止するために80,000人の軍隊を残しながらもベルギー政府と65,000人の軍隊がその夜オステンドを発った。翌日、外輪全体が崩壊したので、民間人には中立国オランダへの大量避難を促された。攻撃中に英国軍海兵隊が防御部隊に加わったが、この合同部隊でもドイツ軍の勢力を阻止することはできなかった。

>After six days ~ the Yser (16–31 October 1914).
 Many of those ~ at Vailly British Cemetery.
 There were two ~ the third (May–June 1918).
⇒頑迷な戦いの6日後、残りの守備隊はスケルト川を渡ってオランダの南国境まで撤退し、残りのベルギー方面軍は西部側に退却したが、「イゼールの戦い」(1914年10月16日~31日)で最後のベルギー領土を防衛した。
 エーヌで殺害された人々の多くは、ヴェイリー英国墓地に埋葬されている。
 エーヌではその後、2番目(1917年4月-5月)と3番目(1918年5月-6月)の、2つの戦いがあった。

>The Battle of Bita Paka ~ Australian governments during the war.
⇒「ビタ・パカの戦い」(1914年9月11日)は、カバカウル南のニューブリテン島で戦われたが、それは第一次世界大戦の勃発直後、オーストラリア海軍および軍事遠征隊(AN&MEF)によるドイツ領ニューギニアへの侵攻とそれに続く占領戦の一部となった。8月のサモアに対するニュージーランド軍の作戦行動と同様に、作戦の主な目標は、戦略的に重要な無線局―ドイツ軍海軍の東アジア艦隊が使用していた数局のうちの1つ―であり、オーストラリア軍がこの地域に位置(布陣・担当)していると信じられていたが、強力なドイツ軍海軍艦隊が英国の利益を脅かしていたので、その除去がこの戦争の間の英国およびオーストラリア政府の当初からの優先事項であった。

>After an unopposed landing, ~ Australian occupation of the island.
⇒無条件上陸の後、ドイツ軍予備隊と半ばだけ訓練されたメラネシア警察の混合軍団が強固な抵抗を強め、オーストラリア軍に対して目的へ向かうための戦いを余儀なくさせた。双方が死傷者を出した戦闘の後の日、オーストラリア軍はビタ・パカの無線局を占領した。この戦いは、オーストラリア軍の最初の大規模な軍事的関与であり、唯一の重要な野戦行動であった。その余波で、ニューブリテンに残っていたドイツ軍は、トーマに向けて内陸へ逃げた。そこでの短い包囲戦の後、ドイツ軍守備隊は、オーストラリア軍の島の占領に対する抵抗を終えた。

投稿日時 - 2019-06-07 23:57:44

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-06-08 00:33:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-