こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

目的語を取るものを全て教えてください

私は目的語を取るものは他動詞だけだと思っておりました
しかし、調べてみると
他動詞の目的語
前置詞の目的語
動名詞の目的語等 私が調べられた限りだとこの3つがありました
他に目的語を取るものはありますか?

投稿日時 - 2019-05-29 08:19:49

QNo.9621078

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>他に目的語を取るものはありますか?
⇒おっしゃるように、目的語を取るものは他動詞が代表的存在ですが、細かく言えば次のようになります。

目的語を取るもの
☆動詞系列
他動詞の目的語:定形・不定詞・動名詞・分詞などの目的語になります。
☆前置詞系列
前置詞・前置詞句の目的語になります。
☆形容詞系列
特定の形容詞の目的語になります。
例:worth+目的語としての名詞・動名詞「~の・~する価値がある」
This film is worth a glance.「この映画は一瞥の価値がある」。
Kyoto is worth visiting at least once.「京都は少なくとも一度は訪ねてみる価値がある」。

投稿日時 - 2019-05-29 11:26:21

お礼

ありがとうございます

>☆動詞系列
>他動詞の目的語:定形・不定詞・動名詞・分詞などの目的語になります。

不定詞も目的語を取るんですか?
分詞は現在分詞や、過去分詞も目的語を取るのでしょうか?


>☆形容詞系列
>特定の形容詞の目的語になります。

形容詞の目的語というのは、形容詞の後ろに単に名詞が来ているのとは違うのでしょうか?

投稿日時 - 2019-06-05 11:45:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

「お礼コメント」を拝見しました。

>不定詞も目的語を取るんですか?
⇒はい、そのとおりです。

>分詞は現在分詞や、過去分詞も目的語を取るのでしょうか?
⇒はい、そのとおりです。

>形容詞の目的語というのは、形容詞の後ろに単に名詞が来ているのとは違うのでしょうか?
⇒単なる「形容詞+名詞」は、「~な○○」ですが、「worth+名詞」は、「worthな○○」でなく、「○○という/○○するというworthな(=価値のある)」という意味になります。

辞書にもこんな説明があります。
《動詞の目的語は、動作の対象となる人または物を表わす語句をいう。また、前置詞も目的語をとり、さらに形容詞のworthも目的語をとる。(…)This book is worth ten dollars.「この本の値段は10ドルだ」」(『ライトハウス英和辞典』P957)。》

投稿日時 - 2019-06-05 13:51:57

お礼

ありがとうございます
大分整理ができてきました

投稿日時 - 2019-06-07 10:44:23

ANo.1

 動名詞の目的語も他動詞の動名詞の目的語ですから、究極的には、(1)他動詞の目的語、(2)前置詞の目的語の二つでしょう。

投稿日時 - 2019-05-29 09:12:59

お礼

ありがとうございます
他動詞と前置詞の目的語の2つを抑えておくようにします

投稿日時 - 2019-06-05 11:48:41

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-