こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

名詞節のthatについて

I think we are all born with the gift for enjoying beautiful things ,but that we are indifferent to many of them because our attention was never called to them in childhood.

文中のthat は、名詞節のthatですが、このthatは必要なのでしょうか?
that s+v is~.なら必要だと思いますが、ここでの必要性が理解できません。

投稿日時 - 2019-05-22 15:09:45

QNo.9618979

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

この文は、I think で始まっていますが、その後にthatが省略されています。これは省略するのが自然です。でその次の, but that ~のthatはやはりI think にくっついていて、今度はI thinkがダブルので省略されていると考えます。この時にthatまで省略してしまうと、二つ目の文にはI thinkがかからないものと解釈され、「しかし私たちは~に無関心である」と断言口調になり、元の文章と少しニュアンスが変わります。

この文で、
「私達は皆美しいものを楽しむ才能とともに生まれてきたと思うが、しかしそれらのほとんどに対して無関心で、それは子供の頃にはそれらに注目を向けることが決して無いからだと私は考える。」

と言う一般論ではなく書き手が考えることを言っているのであれば、thatは必要と言うことになります。

投稿日時 - 2019-05-22 15:46:04

お礼

分かり易いご回答ありがとうございます。
thinkの後のthat節が that(1)、but that(2)と繋がり一つの文を形成していたんですね。これで、省略の説明も納得がいきます。
koncha108さん、ご丁寧なご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-22 16:08:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

>文中のthat は、名詞節のthatですが、このthatは必要なのでしょうか?
⇒はい、必要だと思います。

もしこのthatがないと、thinkの目的節がthingsまでで切れてしまいます。つまり、we are indifferent 以下はthinkのもう1つの目的節であることを示すためにこのthatがあるわけです。
これを削除してしまうと、I think ~ thingsとwe are indifferent to ~ in childhoodが並列することになってしまいます。この2つの要素が重文関係でなく、後者が前者に従属する従属節であることを明示するためにこのthatが必要なのです。

投稿日時 - 2019-05-22 16:05:53

お礼

Nakay702さん、お世話になります。

>thinkのもう1つの目的節であることを示すためにこのthatがあるわけです。

これに気づきませんでした。

今回も非常に参考になるご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-22 16:12:34

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-