こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を日本語訳して下さい。

Russian casualties were nearly as high, but easier to replace, and balanced out more by the surrender of 117,000 Austro-Hungarian troops at the end of the siege. All told, the siege and the attempts to relieve it cost the Austro-Hungarian army over a million casualties and inflicted on it significant damage from which it would never recover.

The Bombardment of Madras was an engagement of the First World War, at Madras (now Chennai), British India. The bombardment was initiated by the German light cruiser Emden at the outset of the war in 1914.
With Captain Karl von Müller in command, on the night of 22 September 1914, SMS Emden quietly approached the city of Madras on the southeastern coast of the Indian peninsula. As he later wrote, "I had this shelling in view simply as a demonstration to arouse interest among the Indian population, to disturb English commerce, to diminish English prestige." After entering the Madras harbour area, Müller illuminated six large oil tanks belonging to the Burmah Oil Company with his searchlights, then fired at a range of 3,000 yards. After ten minutes of firing, Emden had hit five of the tanks and destroyed 346,000 gallons of fuel, and the cruiser then successfully retreated.

The Bombardment of Madras マドラス砲撃

The Bombardment of Papeete occurred in French Polynesia when German warships attacked on 22 September 1914, during World War I. The German armoured cruisers SMS Scharnhorst and Gneisenau entered the port of Papeete on the island of Tahiti and sank the French gunboat Zélée and freighter Walküre before bombarding the town's fortifications. French shore batteries and a gunboat resisted the German intrusion but were greatly outgunned. The main German objective was to seize the coal piles stored on the island, but these were destroyed by the French at the start of the action.
The German vessels were largely undamaged but the French lost their gunboat. Several of Papeete's buildings were destroyed and the town's economy was severely disrupted. The main strategic consequence of the engagement was the disclosure of the cruisers' positions to the British Admiralty, which led to the Battle of Coronel where the entire German East Asia Squadron defeated a Royal Navy squadron. The depletion of Scharnhorst's and Gneisenau's ammunition at Papeete also contributed to their subsequent destruction at the Battle of the Falklands. Word of war reached Admiral Maximilian von Spee—of the German East Asia Squadron—while at Ponape (17 July – 6 August). He concentrated the majority of his squadron at Pagan Island in the nearby Mariana Islands, and then steamed off into the Pacific with the Scharnhorst-class armored cruisers SMS Scharnhorst and Gneisenau, the Königsberg-class light cruiser SMS Nürnberg, the auxiliary cruiser SMS Titania, and several colliers at his disposal. Nürnberg and Titania were sent to gather intelligence at Hawaii and raid the cable station at Fanning Island.

Bombardment of Papeete パペーテ砲撃

投稿日時 - 2019-05-18 14:45:13

QNo.9617710

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>Russian casualties were ~ would never recover.
 The Bombardment of Madras ~ the war in 1914.
⇒ロシア軍の死傷者はほぼ同程度であったが、(兵員)交代が容易で、包囲戦の終わりに117,000名のオーストリア‐ハンガリー軍が降伏したことでさらに均衡が崩れた。包囲とそれを救援するための試みで、オーストリア‐ハンガリー軍は100万人以上の負傷者を負い、そのことゆえ決して回復しそうもない重大な損害を被ったことをあらゆることが語っている。
 「マドラス砲撃」は、第一次世界大戦中に英国インドのマドラス(現チェンナイ)で行われた会戦である。砲撃は1914年の戦争の初めにドイツ軍の軽巡洋艦エムデン号によって始められた。

>With Captain Karl von Müller~ then successfully retreated.
⇒1914年9月22日の夜、カール・フォン・ミュラー艦長が指揮をとって、SMSエムデン号は静かにインド半島の南東部海岸のマドラス市に接近した。彼は後に、「私はこの砲撃を単にインドの人口間に興味をそそり、英国の商取引を妨害し、英国の名声を弱めるための示威行動として見せていた」と書いている。マドラス港海域に入った後、ミュラーはビルマ石油会社に属する6基の大型石油タンクをサーチライトで照らし、それから3,000ヤードの射程で発砲した。10分間の発砲後、エムデン号は5基のタンクに命中させて346,000ガロンの燃料を破壊し、その後巡洋艦は首尾よく退却した。

>The Bombardment of Papeete ~ the start of the action.
⇒1914年9月22日、第一次世界大戦中にドイツ軍艦がフランス領ポリネシアを攻撃したとき、「パペーテ砲撃」が勃発した。ドイツ軍の装甲巡洋艦SMSシャーンホルスト号とグナイセナウ号がタヒチ島のパペーテ港に入り、フランスの小型砲艦ゼレ号と貨物船ワルキュール号を沈めて、町の要塞を爆撃した。フランス軍の沿岸砲兵隊と砲艦がドイツ軍の侵入に抵抗したが、砲撃で圧倒された。ドイツ軍の主目的は、島に貯蔵されている石炭の山を収奪することであったが、この戦闘の開始時にフランス軍によって破壊された。

>The German vessels were ~ Battle of the Falklands.
⇒ドイツ軍の艦船はほとんど損傷を受けなかったが、フランス軍は艦艇を失った。パペーテの建物のいくつかが破壊され、町の経済はひどく混乱した。英国軍の提督にとって、この会戦の主な戦略的結果は(敵の)巡洋艦の位置の暴露で、それが「コロネルの戦い」につながったが、ドイツ軍の全東アジア艦隊が英国海軍の艦隊を破った。パペーテでのシャーンホルスト号とグナイセナウ号の弾薬の枯渇もまた、その後「フォークランドの戦い」で彼らが破壊行動を行う一因となった。

>Word of war reached ~ at Fanning Island.
⇒戦争の消息が、ポナペにいる(7月17日-8月6日)―ドイツ軍東アジア戦隊の― マクシミリアン・フォン・シュペー提督の耳に達した。彼は近くのマリアナ諸島のパガン島に大部分の艦隊を集結させて、その後シャーンホルスト(重量)級の装甲巡洋艦SMSシャーンホルスト号とグナイセナウ号、ケーニヒスベルク級軽巡洋艦SMSニュルンベルク号、補助巡洋艦SMSチタニア号、および数隻の石炭船を伴って太平洋へ向かった。ニュルンベルク号とチタニア号は諜報収集のためにハワイへ送られ、ファニング島でケーブル局を急襲した。

投稿日時 - 2019-05-26 20:16:20

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-28 18:59:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-