こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を和訳して下さい。

The Siege of Przemyśl was the longest siege of the First World War, and a crushing defeat for Austria-Hungary against the Russian attackers. Przemyśl (German: Premissel) was a fortress town on the River San and a Galician stronghold. The investment of Przemyśl began on September 16, 1914, and was briefly suspended on October 11 due to an Austro-Hungarian offensive. The siege resumed again on November 9 and the Austro-Hungarian garrison surrendered on March 22, 1915, after holding out for a total of 133 days. In August 1914 Russian armies moved against both German East Prussia and Austria-Hungary's largest province of Eastern Galicia, straddling the present-day Poland/Ukraine border. Its advance into Germany was soon repulsed but its Galician campaign was more successful. General Nikolai Ivanov overwhelmed the Austro-Hungarian forces under Conrad von Hötzendorf[citation needed] during the Battle of Galicia, and the whole Austrian front fell back over 160 kilometres (100 mi) to the Carpathian Mountains. The fortress at Przemyśl was the only Austrian post that held out and by September 28 was completely behind Russian lines. The Russians were now in a position to threaten the German industrial region of Silesia, making the defense of Przemyśl of importance to the Germans as well as the Austro-Hungarians.
50 kilometres (30 mi) of new trenches were dug and 1,000 km (650 mi) of barbed wire were used to make seven new lines of defence around the perimeter of the town. Inside the fortress a military garrison of 127,000 as well as 18,000 civilians were surrounded by six Russian divisions. Przemyśl reflected the nature of the Austro-Hungarian Empire - orders of the day had to be issued in fifteen languages. Austrians, Poles, Jews and Ukrainians were together in the besieged town, that was hit constantly with artillery fire, and as the toll of dead and sick and wounded rose, and starvation threatened, so did mutual distrust and racial tension. On September 24, General Radko Dimitriev, commander of the Russian Third Army began the siege of the fortress. Dimitriev was without sufficient siege artillery when he began the investment and instead of waiting for the Russian high command to send him the artillery pieces, Dimitriev ordered a full-scale assault on the fortress before an Austrian relief force could be sent. For three days the Russians attacked and accomplished nothing at the cost of 40,000 casualties. While this was under way General Paul von Hindenburg launched an offensive against Warsaw in the north. In conjunction with the German attack on Warsaw, General Svetozar Boroevic von Bojna led a relief force towards Przemyśl. On October 11 Dimitriev lifted the siege and withdrew across the San River. Conrad von Hötzendorf had hopes that a combined assault from Boroevic's army and the Przemyśl garrison would inflict a severe blow on the Russians.


The Siege of Przemyśl プシェムィシル包囲戦

投稿日時 - 2019-05-18 14:37:06

QNo.9617707

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>The Siege of Przemyśl ~ present-day Poland/Ukraine border.
⇒「プシェムィシル包囲戦」は、第一次世界大戦中の最長の包囲戦であり、オーストリア‐ハンガリー軍にとってロシア軍の攻撃隊に対する敗北であった。プシェムィシル(ドイツ語:Premissel)は、サン川沿いの要塞町であり、ガリツィア本拠地であった。プシェムィシルの包囲は1914年9月16日に始まったが、オーストリア‐ハンガリー攻勢のため10月11日に一時中断された。包囲戦は11月9日に再開し、オーストリア‐ハンガリー軍守備隊は延べ133日の延長戦の後1915年3月22日に降伏した。1914年8月、ロシア軍は現在のポーランド/ウクライナの国境をまたいで移動し、ドイツ東プロイセンと対抗しオーストリア‐ハンガリー最大の東ガリツィア州とも対抗した。

>Its advance into Germany ~ as the Austro-Hungarians.
⇒ロシア軍によるドイツへの進出はすぐにはね返されたが、ガリツィア野戦ではそれより成功した。ニコライ・イワノフ将軍は、「ガリツィアの戦い」の間、コンラッド・フォン・ヘッツェンドルフ麾下の(要出典)オーストリア‐ハンガリー軍団を圧倒し、オーストリア軍の戦線全体がカルパチア山脈方面に160キロ(100マイル)以上後退した。プシェムィシル要塞は、差し出された唯一のオーストリア軍哨戒陣地であり、9月28日までには完全にロシア戦線の内側にあった。ロシア軍は今やシレジアのドイツ産業地域を脅かす地位にあり、プシェムィシルの防衛はドイツ軍だけでなくオーストリア‐ハンガリー軍にとっても重大事となった。

>50 kilometres (30 mi) of new trenches ~ the siege of the fortress.
⇒町の周囲に7つの新しい防衛線を作るために50キロ(30マイル)の新しい塹壕が掘られ、1,000キロ(650マイル)の有刺鉄線が使用された。要塞の内側には、127,000人の軍守備隊と18,000人の一般市民が6つのロシア軍師団に囲まれていた。プシェムィシルは、オーストリア‐ハンガリー帝国(成り立ち)の性質を反映していた ― その日の命令は15もの言語で出されなければならなかった。オーストリア人、ポーランド人、ユダヤ人、そしてウクライナ人は、包囲された町内に一緒にいて、終始砲撃で襲われていたので、死者と病人と負傷者の悲報が増え、飢餓に脅かされ、相互信頼にもひびが入って民族間の緊張も高まった。9月24日、ロシア第3方面軍の司令官ラドコ・ディミトリエフ将軍が要塞の包囲を始めた。

>Dimitriev was without sufficient ~ severe blow on the Russians.
⇒ディミトリエフが包囲を始めたとき、十分な包囲砲を持っていなかったが、彼ディミトリエフはロシア軍高等司令部が彼に砲兵部隊を送ってくるのも待たず、オーストリア救援軍が派遣されて来てしまう前に、要塞に対する本格的な攻撃を命じた。ロシア軍は3日間攻撃し、40,000人もの犠牲者を被って、何も成し遂げなかった。これが進行中であった間に、ポール・ヒンデンブルク将軍が北のワルシャワに対して攻撃を始めた。ドイツのワルシャワ攻撃に関連して、スヴェトサール・ボロエヴィッチ・フォン・ボイナ将軍はプシェムィシルに向けて救援隊を率いた。10月11日、ディミトリエフは包囲を解除し、サン川を渡って撤退した。コンラッド・フォン・ヘッツェンドルフは、ボロエヴィッチの軍隊とプシェムィシル守備隊からの複合攻撃がロシア軍に深刻な打撃を与えることを望んでいた。

投稿日時 - 2019-05-23 20:12:15

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-26 01:26:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-