こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

泉佐野市は何故逆ギレしてるの?

ふるさと納税で違反してたくせに
除外されて逆ギレしてるの何故ですか?

投稿日時 - 2019-05-17 17:05:49

QNo.9617454

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

同感です。厚顔無恥ですね。今回の総務省のやり方に私は賛成です。困らないでしょ?あれだけ儲けた訳ですので。不愉快です。正直者が馬鹿を見るなんて。

投稿日時 - 2019-05-18 13:44:58

お礼

そうですよね
ありがとうございます

投稿日時 - 2019-05-25 16:31:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

法律違反はしていないですね。
政令、お役人の都合での命令 が、後出しでされて、国会の立法ナシで法律をゆがめた運用をしているという点を怒っているのでしょう。

行政府の中の権力争いなわけで、少なくとも地方自治という言葉を言ってない今の政権は、法律を運用でゆがめるよ、と、憲法に対してすら言っているわけで、地方行政ごときが逆らったのがバカな行為なわけです。

投稿日時 - 2019-05-19 00:06:18

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2019-05-25 16:31:17

ANo.3

法の不遡及という原則を根拠にしています。
つまり「ルールが決定され、実行力を持つ以前の違反は咎めない」という原則から、新ルールに違反しているからといって除外されるのはおかしい、という論調です。

ただし総務省は何度も「返礼品は寄付額の3割以下でかつ地場産品とするように」という通達は出していますが、罰則はなかったため泉佐野市(を含む複数の自治体)はそれを無視していました。
さらには新ルールが発表された後に、その発効前日を期限としてアマゾンギフト券の高額返礼キャンペーンなどをしていました。

ルール・法に違反しているわけではないが、流石に目に余ると判断されても仕方ないとは思います。
ただ、そのような「目に余る」という感情的、主観的な判断を法治国家の税制として行っていいのか、という部分には議論の余地はありますね。

投稿日時 - 2019-05-17 21:27:36

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2019-05-25 16:32:01

ANo.2

違反はしていませんでした。
後から国が法律を変えた事が問題なんです。
国はふるさと納税の返礼品を地元産品に限る事や返礼額の上限などの規制を後から自治体の協議を経ずに勝手に決めました。
いわゆる「後だしジャンケン」と言うセコい技を繰り出し地方自治体の自治を完全に否定し創意工夫を許さないと言う姿勢を打ち出しました。
その結果、困窮する自治体は更に困窮する事になり今でも潤っている自治体は更に潤うと言うふるさと納税の本来の主旨を国自ら否定してしまいました。
国は独裁暴君への道を突き進んでいる状態です。

投稿日時 - 2019-05-17 17:49:55

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2019-05-25 16:32:19

税収が減るからです

投稿日時 - 2019-05-17 17:14:15

お礼

あんなにもうけてるのに?

投稿日時 - 2019-05-25 16:32:37

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-