こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

野田市虐待死:DV受けてた母親が、なぜ有罪になる?

父親の性的虐待も受けていたらしい、少女が殺されたような報道がなされています。
検察は、父親の暴力に耐えかねて、虐待を止められなかった母親を有罪にするようです。
しかし、人として考えられないような事態にも、高給取りの市の関係者が、
父親の抗議で、少女を父親の元に返したとも報道されています。
柏市の児童相談所の所長らは、他人事のようにいいわけをして居ます。
母親にDVの事実を打ち明けられていたと報道されています。
 これら、児相の職員らの重大な犯罪行為ではないでしょうか?
母親の責任を問う前に、「児相や教育委員会・学校関係者」という専門職の公務員?にも、相当の過失があったのではないでしょうか?
繰り返されるこの種の耐えがたい犯罪を防ぐためには、「児相や教育委員会・学校関係者」も、母親と同じように検察は起訴して裁判に寄る判断を仰ぐべきでは無いかと考えます。
 これらの職員が、異動で他の部署に行くまでの気楽なつなぎ感覚で済ます問題では無いと思います。
 母親がDVに加担したのは、病身の上に、自分もDVを受け、関係機関も看過したこに依ると思うのです。
度重なる少女のSOSに加えて、母親自身も柏児童相談所に被害を打ち明けていたと毎日新聞にあります。
バスの運転手が信号を見落しただけでも、警察は許さないでしょう。
少女に加えて母親も児相に打ち明けた後の『傷害幇助罪』です。
少女や母親から事情を打ち明けられて看過した責任ある(有給の)関係者こそ『傷害幇助罪』ではないでしょうか?。
皆さんは、こんなに追い詰められた母親を有罪にすべきだと思いますか?

投稿日時 - 2019-05-16 21:39:45

QNo.9617234

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

母親に対する求刑2年は軽いのでは? と弁護士の人は言ってましたよ

母親の責任を問う前に、「児相や教育委員会・学校関係者」という専門職の公務員?にも、相当の過失があったのではないでしょうか?
>>>>専門職と言っても 関係者はみな公職で身内じゃないですか
そこに人情思いやりは 無い

投稿日時 - 2019-05-17 15:03:36

お礼

 クールなご回答を頂きました。
>関係者はみな公職で身内じゃないですか
母親に対する求刑はあって当然と思います。
私も、母親の罪が皆無とは主張していないのです。
<柏市の行政が事件を育んだのでは無く、事件を抱えた家族が遠方の自治体から飛来した。だから、おっとり刀で手が回らない。>
 と、自治体側では思っているように感じてきました。
 第三者委員会らしき人員が寄せ集められても、
   有識者と言われる人は域内から選出されるのでしょうね。
 この県には、「いっさもん≒一夜者」と呼ばれる転入者を村八分的に対処する根深い慣習があると聖職者から聞いたことがあります。
 先ずは、母親を叩いて憎悪を母親にむけ落着させて、父親の重刑に向けて集結と進むように思います。母親の親族は柏近辺には居ないので、憚ることなく、叩かれると思います。
 悲しいことです。
ありがとうございました。
 

投稿日時 - 2019-05-17 21:35:33

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

>皆さんは、こんなに追い詰められた母親を有罪にすべきだと思いますか?

https://www.fnn.jp/posts/00417752CX
>栗原なぎさ被告(勇一郎被告へのメッセージ)「びっくりした。わたしと次女が寝ているのを見て、勝手に部屋から出て、飲み物取りに行った。『お茶ください』とか、何様かと」

これって、父親に「しつけ」をさせようというメッセージです。どこが母親が被害者ですか。立派な加害者じゃないですか。自分の手を汚さずに父親をけしかけているぶん、悪質だとさえ感じます。

こんなことまでして、検察側の求刑はたったの2年。弁護側は執行猶予を求めています。
自分の子供じゃなければ、殺人罪と殺人ほう助罪で起訴されるのは確実。しかも相手は子供。重罪になるのは当然でしょう。なぜ自分の子供を殺しても「殺人罪」にはならずに「致死罪」になるのか。

私は母親に、1ミリたりとも同情していません。自分が助かりたい余りに、娘を生贄に差し出した。はらわたが煮えくり返るとはまさにこのこと。

投稿日時 - 2019-05-17 12:26:14

お礼

>これって、父親に「しつけ」をさせようというメッセージです。
父親の側にたっていないと下の子と共にDVを受けるという緊急避難というか、ソウせざるを得なかったのかと思います。
父親に送ったLINEでしょうか?
取り調べ官が何度も繰り返して言うのでやむ得ずうなずいたことが文言化したのでしょうか?
>娘を生贄に差し出した。
 普通の生活を送っている第三者的から見れば、生贄?でしょうか。
「生贄」という言葉はダレが最初に使ったのでしょうか?
文言がエスカレートすると悲しいですね。危険ですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-05-17 21:09:09

ANo.5

刑事事件なので、直接関与した夫妻が処罰されるものです。組織の問題とか児童相談所や自治体を問うのであれば、民事でしょう。しかし元々縦割り社会ですから、そういう仕組みにした国などの責任を問うことになるわけですが、しかし訴えるにも誰が訴えますか?旦那はもちろん、母親も関わってるのに、訴える人がいなければ民事にも問えません。児童相談所に責任を問いたいなら、あなたが有志として弁護士会などに協力求めて国を動かす行動でもしたらいいかと思います。

児童相談所の対応はだめですが、当時人不足で当時緊急な案件も複数抱えており、この子に時間を割くことができない、恫喝されたときも警察呼べばいいじゃないかという声がありますが、前述とおり縦割りですから警察呼んでも注意程度で終わってしまい拘束できません、恫喝と恐喝は違います。連携するという仕組みがないわけですから。これから法整備されるそうですけどね。

そもそもですが、既出のとおり、DVを見かねて親が一度離婚させてますが、その親の目を盗んで元旦那に自ら連絡を取って復縁・二人目の子どもを授かった、いわば自分から元旦那の元に行ったのです、この母親は。
しかも子どもが勝手に冷蔵庫から飲み物取って飲んでるのを、こいつ何様なんだと思ったそうです。

そして昨日の公判では旦那とはきかれても離婚したいとも言わないどころか、子供にも謝罪の言葉もなく、最悪です。検察は懲役刑を求刑したのは当然ですが、弁護側は執行猶予を求めたそうです。執行猶予は無罪ではありません。起訴内容は争わず同情の余地ありで猶予を求めたのですから、弁護側でさえも罪は免れないと判断したのです。
行政の非はそれはそれで前述のとおり法整備などしなくてはなりませんが、これとは別にこの母親にも大きな問題あったと弁護側すら認めていては仕方ないと思いませんか?

投稿日時 - 2019-05-17 10:17:32

お礼

弁護士もやむを得ないとする、母親の非を罰する法はあるのですね。
母親の訴えを看過した行政を非とする法はないのですね。
法整備は、行政が草案を作るんでしょうね。
絶望の縁にあって女盛りの一瞬の緩みでしょうね。
仕方ないとは思います。
繰り返される“悲劇”だと思います。
少女の受け続けた激しいDVは、母親が公的機関に訴えても、無視されて結局母親の落ち度で、帰着へと進むんですね。
少女らへのアンケートすら、漏らしては為らない行為も、罰する法はないのですね。
母親は、どうすればよかったのでしょうか?
児相は母親に寄り添って打開策を模索できなかったのでしょうか?
本当は、母親はダレに窮状をうったえたのでしょうか?
訴えられた機関が、寄り添えなかったのでしょうか?
関係機関は、父親に対処するだけで、母親に寄り添って示唆する機関はないのでしょうか?
当事者になったら、這い上がれない地獄の底に位置するのですね。
母親に為ることは、この国ではとんでもなく恐ろしい危険も秘めていたのですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-05-17 20:52:02

ANo.4

DVで一度離婚してる、離婚できたのに、実家に通いつめて復縁を迫られ、そこで第二子を妊娠して?再婚した母親に同情する理由はないと思います。親が健在なのだから、また実家に戻ることもできたのに、子供を見殺したのに無罪にするほうがおかしいと思います。マスコミは児童相談所の対応ばかり面白おかしく報道してますが、この問題は母親が放置の責任をまず問わないといけないと思います。

投稿日時 - 2019-05-17 00:02:08

お礼

早速の、ご回答を頂きました。
先ずは、母親ですね。
父親の責任は、更に重く問われるのでしょうね。
マスコミは、個人情報に踏み込まないよう、児童相談所の対応を報道しているのでしょうね。
教育委員会の職員は校長OBや、がて学校に戻って管理職になるのでようね。
離婚して実家に戻ったということは、子育ての経済力の無い母親だったのでしょうね。つまり、離婚まで専業主婦であったりとか。
また、かなり優秀な女性で無いと、母子家庭での子育ては難しいのは洋の東西を問わないと思います。
そんな弱い母親を見守る機関が日本にも欲しいですね。
さもなくば、義務教育が終わるまでに手に職を付けさせるように、部活動など最小限にして、教科指導に力をいれるとか、インターンシップに力を入れるとか、体制を見直すことも必要でしょうね。
アジアの国々の女性軽視のニュースをみると、日本も決して先進国では無いと思えます。
ありがとうございます。
実家に戻って、老いた親に子育てを委ねて就職できれば、悲劇は起きなかったでしょうね。

投稿日時 - 2019-05-17 04:54:02

ANo.3

その前に、これは質問ですか?それともただの意見表明、自己主張?
人に意見を聞くのはいいけど、単に有罪か否か、にしないと、反論したり議論がおきてしまうからね。なぜならここは質問サイトであって自己主張や議論するところではないから。あなたは延々と有罪にすべきではないでしょと主張しててもう回答をもってるので、これで反対でもしたらと思うと、ね。ちなみに私は同情すべきところはあるけど、昔は離婚も考えて親族に間に入ってもらってたりしてたわけで、千葉に来てからでも我慢できなければ子ども連れて実家に逃げることもできたわけだし、離婚に応じないなら裁判でもできたはず。それをみんなあきらめて放置とは最悪の母親です。児童相談所の対応は確かにダメだけど、これはそれ以前の話なので、当然有罪です。なのであなたの意見には反対ですが反論しないでね、あくまであなたはどう思うかと聞いたんだから答えたまで。

投稿日時 - 2019-05-16 23:36:35

お礼

率直なご回答を頂いたと思います。
ご存じのように、ここは質問サイトであると同時に、アンケートのサイトでもあるのです。
児相(小学校長)は、少女と母親の訴えを無視してしまった結果が、少女の虐待死となったと考えます。
父親の苦情(怒鳴り込み?)に警察への連絡はできなかったのでしょうか?
それとも、(連絡したが)受理されなかったのでしょうか?
という疑問があるのです。
お役所は、のらりくらりと相手が諦めるまで、否定をしないで言葉を真似て繰り返す術を知っているのです。
母親に罪があります。
同時に、このような事故・事件を避ける為の機関の責任も問わないと、
責任有る対応がなされないまま、また他の地方で、児童虐待が繰り返されると考えるのです。
yama1998 様には、アンケートでもあるとご理解いただけると嬉しいです。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-05-17 03:58:54

ANo.2

勉強不足の回答、失礼します。

母親が、子供を連れだし助けを求めなかった
母親が、離婚しなかった、警察に通報しなかった
母親が、夫を止めなかった
など

じゃ母親は、何をしたのでしょう?
母親が有罪になり、児相など市側の追求は終わりか?

母親は、特にこれといって何もしていない。
それは
ほう助もしていない、ことにはならないか?

※不作為による幇助

夫婦だからほう助なのか?
実の母親なので、ほう助か?
だとすると
児相との人間関係が薄いので、無罪か?

子供の親が市を訴えることが、できない。
なぜなら
可能性のある母親が、有罪になった。
母親有罪で、得をしたのが市
なのでは、ないでしょうか?

正直、僕には、なにもわかりませんが
不作為による幇助、について、ある判例のいうように

1、行動を起こす義務があった
2、行動していればほぼ確実に犯行を阻止できたのに放置した
3、さらにその行動が本人にとって容易だった

とするならば、母親にも市にも同じことがいえないか?
なんだかスッキリしない判断、と思いました。

投稿日時 - 2019-05-16 23:19:02

お礼

早速のご回答を頂きました。
>とするならば、母親にも市にも同じことがいえないか?
>なんだかスッキリしない判断、と思いました。
そうなんです。検察がなぜ、児相の責任の調査を警察に指示しないのか不思議です。差し戻しも可能かと思うのです。
児童虐待は、児相や教育委員会・学校が把握しても時に隠蔽すらされて、
関係者から成る第三者委員会が設置されても結局、すっきりしません。
この国の民主主義に疑問を感じてしまいそうです。
貴重なご意見をありがとうございます。

投稿日時 - 2019-05-17 03:39:38

ANo.1

>皆さんは、こんなに追い詰められた母親を有罪にすべきだと思いますか?
可哀想ですが有罪しかありえません。
母親が娘さんを連れて逃げることは何度でもできたはずです。
母娘で警察に駆け込んでいれば、父親に分からないように対処することも
出来ました。ですが母親は自分を優先してしまい、娘を放置したのです。

それから児童相談所に関して非難するならご自分が児童相談所で
働いている下さい。どれだけ大変かを分からずして勝手なことを
言うべきではない。

投稿日時 - 2019-05-16 22:31:35

補足

令和元年5月17日の某紙朝刊に「施設や職員を増やしても……。質の確保に向け、児相職員らの育成が急務だ。」と某NPO法人の理事長の話が載っています。
父親の恫喝に屈して渡しては成らない「アンケート」を渡したとも記しています。
母親以上に、その責を問われるべき人がいるのです。
このような母子を救うための機関が機能していない事実を否定する人は僅少ですね。
でも、やはり母親は有罪ですね。

投稿日時 - 2019-05-17 08:17:54

お礼

早速のご回答を頂きました。
児童相談所職員が対処する力がなかったのですね。
連れ戻しに来た父親の勢いに負けて少女を返してしまったという報道がありました。
「児童相談所から警察に連絡する」ことは、違法になるのでしょうか?
乳飲み子を抱えただけでも大変なストレスがあるのに、更にDVを受けた女性の訴えを汲んであげずに、……児相職員が怖くなった位ですから……。
悲しいことですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-05-17 03:29:36

あなたにオススメの質問