こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

凍殺ジェットの新しい使い方

冷えていない、ビール缶にかけると、一瞬で冷たくなるのですか、これが成功すると、今、流行りのキャンプで大活躍すると思うのですが、まだ、ネット、動画サイトに全く出ていません 教えて下さい

投稿日時 - 2019-05-14 12:25:17

QNo.9616490

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

これくらいならご自分で試して見たらいかがでしょう?

Gを冷凍して殺すスプレーですが、同じものをイボの菌を殺すために医療機関でも使っています。真夏の車内でスプレーすれば速攻で冷やしてくれる商品が出ていますが同じようなものでしょう。窒素スプレーです。

ビール缶にかける前に濡らしておくと効果が高いです。お試しください。
冷蔵庫に入れるときも乾燥したままより濡らすか、濡れたペーパータオルを巻くなどして液体部分自体を冷やすと空気よりも缶に熱伝導で冷えやすいです。真冬に濡れた服で寒風のなかに立っている状態です。

投稿日時 - 2019-05-14 12:49:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

ざっと計算してみましょう。

この製品で使用している冷却剤は、HFO-1234zeという化学物質です。これの気化熱は、おおよそ50kcal/kgで、350mlの飲料の比熱を1kcal/kgとすると、10℃温度を下げるために、理論上必要な冷却剤は70gです。
ですが、冷却剤をスプレーするのでは、その効率がそうそう良いとは思えません。おそらく、理論量の5~10倍は必要でしょう。
そうすると、この製品は300g入りですから、1本丸々使っても、350mlの飲料を飲み頃に出来るかどうか怪しい、ということになります。

一つには、冷却剤を効率的に冷却に使えるような、専用容器を開発して、それで冷却効率を改善して、スプレー1本で飲料3本くらい(冷却効率70%くらい)冷やせるようにはなるかもしれません。その費用対効果をどう見るか、ですね。

なお、実験する場合は絶対に屋外でやってください。屋内では火災の危険もありますが、それ以上に、これほど大量に噴射すると、窒息の危険もあります。

投稿日時 - 2019-05-14 17:36:12

ANo.4

凍殺ジェットではなく 氷水を使って素早く冷やす道具がありましたが それは 氷の入った水につけた缶を回転させるという道具です。
回転させることで 内側と外側を入れ替えるように冷やすので急冷できるのです。
その道具で凍殺ジェットを使ってやれば 瞬間冷却できるかもしれません。

投稿日時 - 2019-05-14 15:46:13

ANo.3

これらの製品は高圧ガスが封入されているので、
火器がある場所で使用すれば...分かりますよね?

投稿日時 - 2019-05-14 13:29:25

ANo.1

虫はせいぜい数グラム程度ですからあのぐらいでも「凍殺」できるのです(仮死状態の可能性も高いですけど)。容器を含めれば数百グラムもある飲料を一瞬で冷やすなど無理です。表面は冷えても中まで冷やす能力はありません。

投稿日時 - 2019-05-14 12:42:13

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-