こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「50万トン戦艦」の建造ドックについて質問です。

金田秀太郎中佐の「50万トン戦艦」の建造ドックについて質問です。

1912年、大日本帝国海軍の金田秀太郎中佐が、ある提案をした。
1.資源に乏しい日本において、多大な資金と金属資源を消費する軍艦を複数建造することは、国家として大きな支出である。
2.軍艦を幾つも建造出来ないのならば、巨大な軍艦を一隻浮かべておけばいい。
という提案をした。
これは1国の海軍力に匹敵する大型艦を1隻だけ建造し、いわば防衛のための移動要塞という発想で、その案を構想にしたのが当該五十万トン戦艦であった。
しかしながら、当時は超弩級戦艦の時代に入ったばかりであり、戦艦の日本国産化が実現しはじめた時期であった。
つまりは、当時の造船技術ではいかなる国もこのような巨大な艦艇を建造するのは不可能であり、結局のところ、このような超巨大な船舶を建造できる技術的裏づけもないため、計画段階にさえ入らず構想のみで終ったのだが、ここで質問です。
仮定の話になりますが、もし50万トン戦艦を建造し、海軍に配備する計画が実行された場合、まず建造ドックの場合

1.日本国内で、専用の建造ドックをゼロから建設する場合、どの場所が一番適しているのでしょうか?

2.専用の建造ドックを建造する場合、建造予算はどれくらい必要でしょうか?

3.専用の建造ドックの建設に従事する労働者は、どれくらいの人数が必要で、完成にどれくらいの日数に掛かるのでしょうか?

4.専用の建造ドックを建設する際、どれくらいの量の鋼材やコンクリート、セメント、鉄骨が必要でしょうか?

投稿日時 - 2019-05-13 21:43:19

QNo.9616323

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

喫水が20mクラスになりそうですので東京湾も呉も舞鶴も使えません。
長崎しかありえないと思います。

投稿日時 - 2019-05-17 01:46:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-