こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ダークウェブによる商品の売買について。

ダークウェブによる商品の売買と日本国内での法律上の問題について質問です。

以下のサイトは、ダークウェブで買える商品についての記載したサイトなのですが、違法薬物や武器のみならず、ニンジンやプレッツェルすら販売しているそうですが、ここで質問です。
日本国内で、ダークウェブ上の商品売買サイトを開設し、商品を売買する場合(違法な武器や違法薬物ではなく、ニンジンやプレッツェルといった合法な商品)、日本国内での法律上では、どんな問題があるのでしょうか?


●『ダーク・ウェブで買える信じがたい物10選 – トラップ・レーダー』↓
https://trapradar.net/study/incredible-items-you-can-buy-on-the-dark-web/

投稿日時 - 2019-05-07 17:49:56

QNo.9614455

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

売る側として気をつけていなければいけないことは多々あります。
危険物劇物全般、食品への使用が禁止されている農薬や添加物、医薬品全般、中古品、規格不良で爆発したり発火したりする製品などなど。
ほんの一部ですが。
こういったものを資格なく扱えば法律により裁かれることになります。

ですからこれらに抵触する恐れのある人たちはダークウェブを使う動機があるでしょうね。
買う側としては大変危険なものを買わされているかも知れないという自覚が必要です。

投稿日時 - 2019-05-08 16:52:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

違法な商品を取り扱っていないなら、そりゃダークウェブっていうより単なる「検索サイトに表示されない通販サイト」に過ぎません。そんなところでわざわざAmazonや楽天で買えるものを買う人がいるかどうかは分かりませんが、法に則っている限り、摘発されることはないですよ。というか、司法当局そのものがそのウェブサイトの存在を知らないでしょう・笑。
しかしいくら売っているのがニンジンやプレッツェルであっても、それが盗んだニンジンやプレッツェルなら、それはそれでそっちのほうで摘発されることはありますよ。

投稿日時 - 2019-05-07 18:16:15

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-