こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

jederの使い方について教えてください。

すごく基本的なことかもしれませんが、うまく調べられませんでした。
ご助言いただけますとうれしいです。

・jederを単独で使って皆のような意味で使うとき、語尾変化の性はどれになりますか。
・jederを単独で使って皆のような意味で使うときと、allを単独で使って同じような意味を示すとき。両者に違いはあるのでしょうか。Jeder kennt jedenともAlle kennen alleとも言えますか?

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2019-05-04 17:47:24

QNo.9613492

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

jeder と alle は、ともに「みな」という訳語があてられることが多いですが、
jeder というのは、「あるグループを構成するすべての人/物のうちの一人/ひとつ」ということです。
ですから、ほぼ単数形でのみしか使われません。

性、および格による語尾変化は簡単で、無冠詞の場合の形容詞の語尾変化と同じ強変化です。
人に関して使う場合は、男性ばかりのグループの「一人ひとりみな」
ならば jeder (ist…)、女性なら jede (ist…) です。
男女混合の場合、通常は男性形の jeder でかまわないのですが、
男女同権の考えが一般的になって以降、
ドイツ語の男性形と女性形を併記する習慣が一般化したため、
文書や公的表示などでは jeder/jede ist と併記されることがしばしばあります。
物に関して使う場合は、もちろん男性名詞、女性名詞、中性名詞のどれの代理であるかで決まります。
図書館にある一冊一冊の本みな、ならば jedes (ist…) です。
花ならば、jede ist schön となります。
異なる性の物が混合している場合は jedes でよいと思います。

jeder はあくまでも「おのおのみな」の意味で、「個人」「個々の物」を指し、
alle は、すべてを「ひとかたまりの全体」とみなす意味の語です。
結果的には同じようなことを言っているとしても、
jeder はあくまでもすべての個々の人、物に焦点が当たっていて、
alle は全体を人まとめにして見ています。
ドイツの辞書や文法書でも、jeder は、
「一つの全体の例外ないすべての個々のもの」というような書き方になっていて、
「全体」そのものを指す alle とははっきり区別する説明になってはいるのですが、
jeder の項目に「同義語」として all も書いてあり、
差がほとんど意識されない場合も多いように思います。

Er ist ein berühmter Star. Jeder kennt ihn./Alle kennen ihn.
彼は有名なスターだ。みな彼のことを知っている。

これは、世の中の人皆を指すので、結果的には確かに同じです。
jeder なら、「私も君も彼もみな」、「みなそれぞれ」で、alle なら「全員」、
言い換えると、alle だと単純に「全員」と言っているだけですが、
jeder だと、日本語表現の「どんな人でもみな」「誰でもみな」に近いように思います。
上のような単純な状況と単純な文だと、
おそらくその差はほとんど意識されないと思いますが。
ちなみに上の文を少し書き換えると、

Jeder von uns kennt ihn. ≒ Wir alle kennen ihn.

となります。

しかし、皆それぞれが自分の意見を持っている、と言いたい場合は、やはり、

Alle haben ihre eigene Meinung.
よりも
Jeder hat seine eigene Meinung.
の方がより一般的だと思います。

「みなここにいます(=全員ここにいます)」なら、
Alle sind da. とは言いますが、Jeder ist da. とはあまり言わないと思います。
あるいは、

Alle sind da, wo sie sein sollen.
Jeder ist da, wo er sein soll.

を比較した場合、alle の方は全員が同じ場所にいる可能性がありますが、
jeder の場合は、それぞれの持ち場に居るイメージがあります。

この意味の違いから、Jeder kennt jeden. という言い方はありますが、
Alle kennen alle. だと、二つの alle が同一のグループかどうかがわからず、意味をなしません。
alle を使って同じ意味のことを言いたい場合は、

Alle kennen sich.
もしくは
Alle kennen sich gegeneinander.

のように、再帰代名詞で alle が同一であることを示さなければなりません。

今は、jeder を単独で使う場合についての質問なのですが、
形容詞的に使った場合のニュアンスの違いも同じだと思うので、

Wir nutzen alle Chancen aus.(すべてのチャンスを利用する)
Wir nutzen jede Chance aus.(どんなチャンスも利用する)

と同じ違いが、単独で用いられた場合にもあてはまると思います。
例えば、ネットで探していたら下のような文がありました。

Alle sind hier willkommen, jeder und jede kann über Auschwitz reden oder nicht bzw. nur so viel, wie er oder sie will.
すべての人をここで歓迎する、どんな人でもみなアウシュヴィッツについて話をすることができるし、しなくても、あるいはそれぞれがしたいだけの範囲でしてもよい。
https://books.google.co.jp/books?id=_4l3DwAAQBAJ&pg=PA100&lpg=PA100&dq=%22alle+sind+hier+willkommen%22&source=bl&ots=A5IMHUBYkz&sig=ACfU3U1ekJAOX1M4QQS3Zos532q-SHqGDg&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwiLk7i7koLiAhUjL6YKHTr9DIUQ6AEwDXoECAcQAQ#v=onepage&q=%22alle%20sind%20hier%20willkommen%22&f=false

これなどは、違いがよくわかる例だと思います。

文脈や状況による意識の向き方の違いということで、
使用例をたくさん見ると面白いと思うのですが、
これについて詳しく書かれた資料というのがほとんど見当たりませんし、
自分で文例を考えてネットで調べると、
alle を使った文、jeder を使った文の両方が出てくることも結構多いので、
私の個人的な経験と感覚も交えての回答です。

投稿日時 - 2019-05-05 00:39:16

お礼

ありがとうございます!

ご回答により、今回の質問とは異なる内容でも参考になりました。
「Jeder von uns... ≒ Wir alle...」なのですね。
これまで「Wir alle」は「Jeder von uns」のような意味だろうとは思いつつ、確証が持てていませんでしたため。

投稿日時 - 2019-05-08 09:31:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-