こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

次の英文を訳して下さい。

The Belgian position on the right (southern) flank of the Gete, was threatened by a flanking manoeuvre through Huy. On 18 August the Germans attacked again, captured Halen, entered Tienen and attacked the 1st Division frontally and on the northern flank, which the 1st Division repulsed only with great difficulty.
With information that five German corps and six reserve corps were in Belgium and with no support from the French Army and British Expeditionary Force (BEF) ready, the Belgian Field Army was ordered to withdraw towards Antwerp on the evening of 18 August. It arrived on 20 August, with little interference from German advanced parties, except for an engagement between the 1st Division and the German IX Corps near Tienen, in which the Belgians had 1,630 casualties. Brussels, the Belgian capital, was captured on 20 August, as the Belgian Field Army arrived at Antwerp. Namur fell on 24 August, at the same time that the field army made a sortie from Antwerp towards Brussels. The Belgian government of Charles de Broqueville left Brussels and moved to Antwerp to avoid capture by the Germans, who detached the III Reserve Corps from the First Army to mask the city from positions either side of the Dyle Canal. A brigade of the IV Reserve Corps was sent to occupy Brussels. The IX Reserve Corps was ordered to move to Antwerp on 22 August. As part of the war planning conducted by Schlieffen and then Moltke between 1898 and 1914, a plan had been made to isolate Antwerp, to counter the possibility that Belgian forces reinforced by British troops, would threaten the northern flank of the German armies involved in the invasion of France. The plan anticipated operations by eleven divisions from seven reserve corps on the east of the National Redoubt, where inundations were impossible. In 1914 the siege was conducted by only six divisions, one of which was needed to guard the Liège–Brussels railway between Tienen and Brussels and the ground between Brussels and Antwerp. Beseler abandoned the pre-war plan and substituted an attack from south of Antwerp, towards Forts Walem, Sint-Katelijne-Waver and then an exploitation northwards in the area of Forts Koningshooikt, Lier, Kessel, four intermediate works, the river Nete and an inundation 400–500 yards (370–460 m) wide. The 6th and 5th Reserve, Marine and 4th Ersatz divisions forced Belgian outposts back 4–5 miles (6.4–8.0 km) on 28 September and formed a covering line from the Nete to the Scheldt at Mechelen. Behind the covering line, German siege artillery was installed to the east and south of Mechelen, ready to commence a bombardment on Forts Sint-Katelijne-Waver and Walem as the Dorpveld and Bosbeek redoubts, to the north-east of Sint-Katelijne-Waver were engaged by 8-inch (200 mm) mortars and the field defences between the forts, the Nete bridges and Antwerp waterworks north of Walem were bombarded by other heavy guns.

投稿日時 - 2019-05-03 20:47:15

QNo.9613215

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>The Belgian position ~ with great difficulty.
⇒ゲテの右(南)側面にあるベルギー軍陣地はホイを通じて行われる機動包囲作戦によって脅かされた。8月18日、ドイツ軍は再び攻撃し、ヘーレンを攻略し、ティーネンに入り、第1師団を正面と北側面から攻撃した。

>With information that ~ from Antwerp towards Brussels.
⇒ドイツ軍の5個軍団と6個予備軍団がベルギーにあり、フランス軍と英国遠征隊(BEF)からの支援準備もないとの情報によって、ベルギー野戦軍は8月18日の夜にアントワープに向かって撤退するよう命じられた。それは、ドイツ軍の先進部隊からの干渉などはほとんどなしで8月20日に到着したが、例外は、ティーネンの近くで第1師団とドイツ第IX軍団との間の交戦があって、ベルギー軍が1,630人の犠牲者を出したことであった。ベルギーの首都ブリュッセルは、ベルギー野戦軍がアントワープに到着した8月20日に攻略された。ナミュールは、野戦軍がアントワープからブリュッセルに向けて出撃したのと同時の8月24日に陥落した。

>The Belgian government ~ the invasion of France.
⇒シャルル・ド・ブロケヴィユのベルギー政府は、ブリュッセルを去って、ドイツ軍による攻略を避けるためにアントワープへ移動した。ドイツ軍はディル運河の両側にある陣地からこの都市を囲い込むために第1方面軍から第III予備軍団を派遣したのである。ブリュッセル攻略のためには、第IV予備軍団の1個旅団が派遣された。第IX予備軍団は8月22日にアントワープへの移動を命じられた。1898年から1914年までの間、シュリーフェンとその後のモルトケによって行われた戦争計画の一環として、英国軍によって強化されたベルギー軍がフランスの侵略に関わるドイツ方面軍の北側面を脅かす可能性に対抗するために、アントワープを隔離する計画がなされていた。

>The plan anticipated ~ 400–500 yards (370–460 m) wide.
⇒この計画は、国家要塞の東に駐留する7個の予備軍団からの11個師団による作戦行動を予定した。国家要塞は浸水の可能性(おそれ)がなかったからである。1914年、包囲は6個師団によって行われたが、そのうちの1個は、ティーネン・ブリュッセル間のリエージュ‐ブリュッセル鉄道と、ブリュッセル・アントワープ間の地面を守るために必要とされた。ベセラーは戦前の計画を放棄し、アントワープ南部からワレム砦、シント‐カテリネ‐ウェイバー砦に向かって攻撃し、その後コニングショイクト、ケッセル、リエールの各砦地域などの北への開発(侵出)、ネテ川の4つの中間施設、および400‐500ヤード(370‐460 m)幅の対浸水工事などに置き換えられた。
※この段落はかなり推測で訳したところがあります。誤訳の節はどうぞ悪しからず。

>The 6th and 5th Reserve, ~ by other heavy guns.
⇒第6、第5予備師団、海兵隊師団、第4エルサッツ師団は、9月28日にベルギーの前哨基地を4‐5マイル(6.4‐8キロ)後退させ、ネテからメッヘレンのシェルトまで擁護戦線を形成した。擁護戦線の背後に、メヘレンの東と南に向けて設置されたドイツ軍の包囲砲がドルプフェルト要塞やボスベーク要塞としてのシント‐カテリネ‐ウェイバー(連繋)砦、ワレム砦に対する砲撃開始に備えられ、シント‐カテリネ‐ウェーバーの北東に向かっては8インチ(200ミリ)の迫撃砲が交戦用に備えられていた。そして、各砦、ネテ川橋梁、ワレム北部のアントワープ水道間の野戦防護施設は、他の重砲によって砲撃されるようになっていた。

投稿日時 - 2019-05-10 13:23:50

お礼

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2019-05-10 19:23:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-