こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を日本語訳して下さい。

To guard the crossings for their Fourth and Ninth Armies, on the west bank of the Vistula the Russians deployed the 75th Reserve Division (Fourth Army) at Radom, as well as the group of General Delsalle, consisting of the Guard Rifle Brigade, 2nd Rifle Brigade and 80th Reserve Division, at Opatów-Klimontów. Both groups were screened by the Cavalry divisions of the Corps Nowikow. On 28 September German Ninth Army began a meticulously planned advance toward the Vistula River. German XI, Guard and Austro-Hungarian I Corps marched in heavy rain toward Delsalle's group. Because German Army wagons were too heavy for the woeful Polish roads, submerged in several feet of mud, they used light Polish carts hired along with their peasant drivers. As they advanced they improved the roads and bridges so they could support heavy artillery and adjusted the rails to the narrower European gauge. (The Vienna-Warsaw line was already European gauge.) Explosives were cached at road and railway bridges so they could be destroyed if necessary. On 3 October at Klimontów the 3rd and 7th Austrian Cavalry Divisions engaged the Russian Guard cavalry Brigade along with infantry from the 80th Reserve Division and drove them back.
In response to the Austro-German threat, the Russian screen was ordered to fall back. Nowikow's cavalry obeyed, but General Delsalle believed that he could hold his position. The next day, his group was destroyed by the much superior enemy. The Central Powers captured 7,000 prisoners, only a few Russians escaped. The Germans lost 571 men—Austro-Hungarian casualties are not known. The Germans reached the Vistula River on 9 October. The few Russian bridgeheads on the west bank were invested. Their left flank, August von Mackensen’s XVII Corps, continued to march north until it was 19 km (12 mi) from Warsaw. Only small Russian pockets remained on the west bank; they were excellent targets for the German artillery. General Nikolai Ruzsky, commander of the Russian Northwest Front, sent troops from Warsaw to attack XVII Corps on the German left flank. Orders found on the body of a Russian officer revealed that 14 Russian divisions were concentrating against Mackensen’s 5 divisions. The Germans were also privy to Russian movements from intercepted wireless messages. Unlike the messages sent in the clear during the first weeks of the war, now they were in the new Russian code, which by the end of September had been broken by a German reserve officer, Professor Deubner. Three Russian armies were concentrating against German Ninth Army, relieving the pressure on the Austro-Hungarians in the south. The Germans were impressed by the plan, which they attributed to the Grand Duke, to encircle Ninth Army by the thrust from the north into their rear. To prevent this XVII Corps must be reinforced. The Germans wanted the Austro-Hungarians to provide troops to be hurried to the threatened flank, but the Austro-Hungarians did not want to mingle their men with the Germans, so instead they agreed to take over the line on the German right flank.

投稿日時 - 2019-05-03 20:37:55

QNo.9613211

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>To guard the crossings ~ rain toward Delsalle's group.
⇒第4方面軍と第9方面軍の交差地点を守るために、ロシア軍はヴィスワ*の西岸で第75予備軍師団(第4方面軍)をラドムに布陣し、同じく護衛ライフル旅団、第2ライフル旅団、および第80予備師団からなるデルサール将軍のグループをオパトフ‐クリモントフに配置した。軍団ノビコフの騎兵師団が防護壁になって、この両グループを援護した。9月28日、ドイツ第9方面軍はヴィスワ川に向けて綿密に計画された前進を始めた。ドイツ第XI軍団、警備隊軍団、オーストリア‐ハンガリー第I軍団が、デルサールのグループ方向に向けて豪雨をついて行進した。
*Vistula:前回よりのご指定ですので「ヴィスワ(川)」としていますが、『世界地図』(平凡社)では「ビストゥラ(川)」となっています。

>Because German Army wagons ~ and drove them back.
⇒ドイツの軍用車は数フィートの泥に沈んだ悲惨なポーランドの道には重すぎたので、彼らは農民の運転手付で借り出した軽いポーランドの荷馬車を使った。彼らは、前進しながら重い大砲類を支えることができるように道路や橋を改良し、より狭いヨーロッパのレールを正規格に調整した。(当時ウィーン‐ワルシャワ線はすでにヨーロッパ規格〈狭軌〉であった。〉道路や鉄道橋では、爆発物がキャッシュされて(隠し持って備えて)いたので必要に応じてそれらを破壊することができた。10月3日、クリモントフで、第3、第7オーストリア騎兵師団が、第80予備軍師団から来た歩兵隊と共にロシア軍護衛騎兵隊の旅団と交戦し、彼らを撃退した。

>In response to the Austro-German ~ 19 km (12 mi) from Warsaw.
⇒オーストリア‐ドイツ軍の脅威に応えて、ロシア軍の防護壁隊は後退を命じられた。ノビコフの騎兵隊はこれに従ったが、デルサール将軍は彼の陣地を保持することができると信じていた。(しかし)翌日、彼のグループははるかに優れた敵によって破壊された。中央同盟国軍は7,000人の捕虜を捕らえ、ごく少数のロシア兵が逃げた。ドイツ軍は571人を失った ― オーストリア‐ハンガリー軍の死傷者は知られていない。ドイツ軍は10月9日にヴィスワ川に到着した。西岸にある少数のロシアの橋頭堡が投資(修築)された。左翼では、アウグスト・フォン・フォンマッケンゼンの第XVII軍団がワルシャワから19キロ(12マイル)の距離地点まで北上していた。

>Only small Russian pockets ~ officer, Professor Deubner.
⇒西岸にはロシアの小さなポケット(孤立地)がわずかだけ残っていたが、それらはドイツ軍の砲兵隊にとって恰好の目標であった。ロシア軍北西部前線の司令官ニコライ・ルツスキー将軍は、ドイツ軍の左翼側面のXVII軍団を攻撃するためにワルシャワから軍隊を派遣した。ロシアの将校の遺体で見つかった命令書から、ロシア軍の14個師団がマッケンゼンの5個師団に集中対峙していたことが明らかになった。ドイツ軍はまた、傍受した無線メッセージから、ロシア軍の動きに内通した。この戦争の最初の数週間の間に平文で送られたメッセージとは違って、9月末までにドイツ軍の予備将校であるデュブネル教授によって読破されたおかげで、今では新しいロシア軍の暗号が熟知されていた。

>Three Russian armies were ~ the German right flank.
⇒3個のロシア方面軍がドイツ第9方面軍に集中していたので、南部のオーストリア‐ハンガリー軍に対する圧力は和らいでいた。北から後衛部を襲撃することによって第9方面軍を取り囲もうとするドイツ軍の計画が大公に帰属するとの印象を受けた。これを防ぐためには、彼らは第XVII軍団を強化しなければならなかった。ドイツ軍は、オーストリア‐ハンガリー軍が脅かされた側面へ急ぐために軍隊を提供することを望んだが、しかしオーストリア‐ハンガリー軍はドイツ軍と彼らの兵士を混合したくなかったので、代わりに彼らはドイツ軍の右側面の戦線を引き継ぐことに同意した。
※この段落、誤訳があるかも知れませんが、その節はどうぞ悪しからず。

投稿日時 - 2019-05-07 14:28:35

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-07 14:51:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-