こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文を訳して下さい。

In 1925, the British Official Historian J. E. Edmonds, wrote in the History of the Great War that from 13 to 31 October, the twelve 3rd Division battalions had been opposed by thirteen German infantry regiments, four Jäger battalions and 27 cavalry regiments. The British troops had succeeded in repulsing German attacks through endurance and fire-discipline, which had multiplied the effect of a small number of troops. The German 6th Army had been reinforced and originally been intended to break through from Arras to La Bassée and Armentières, until 29 October when all available heavy artillery was transferred north for the Battle of Gheluvelt. Attacks against II Corps were reduced to holding operations and the front opposite the French at Arras was kept passive. When the Indian Corps took over, the German offensive in the area had almost ended. Edmonds wrote that in defence, soldiers sheltered in improvised positions with little protection from artillery and little barbed wire. Much of the country was wooded, which obscured large areas of the front from aeroplane observers, who spent more time grounded by the October weather. The Allied force was made up of Belgian, French and British army units and faced a homogeneous opponent with unity of command but the main German advantage was in heavy artillery and trench warfare equipment, much of which did not exist in the Allied armies. The II Corps had c. 14,000 casualties, from 12 to 31 October. The 3rd Division had 5,835 losses, with the 8th and 9th brigades reduced by about 50 percent. The 5th Division casualties were similar and the Indian Corps up to 31 October had 1,565 casualties. On 31 October II Corps had only 14,000 men of the original 24,000 man establishment, of which c. 1,400 men were inexperienced drafts. The Germans recorded 6,000 casualties during the battles with II Corps.[48] II Corps was withdrawn for ten day's rest, from the night of 29/30 October and relieved by the Indian Corps but within days, most of its battalions had to be sent to I and III corps as reinforcements. Smith-Dorrien returned to England on 10 November and Willcocks assumed command of the 14th Brigade of the 5th Division, which acted as a mobile reserve. The Indian Corps battalions came under much shellfire during the relief and remained in the front-line trenches, instead of retreating further back temporarily, a practice which had been adopted by experienced units. On 2 November, a bigger German attack north-west of Neuve-Chapelle drove a Gurkha battalion back until local counter-attacks recovered the ground by 5 October and the old trenches were filled in and abandoned.
By 3 November, the Indian Corps had suffered 1,989 casualties along its 8 mi (13 km) front. Some historians have written that c. 65 percent of Indian casualties were self-inflicted wounds, not always punished by court martial but a study by Sir B. Seton in 1915, found no evidence to support such an allegation.

投稿日時 - 2019-04-28 00:05:34

QNo.9611270

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>In 1925, the British ~ for the Battle of Gheluvelt.
⇒1925年、英国の公報史家J. E.エドモンズは「世界大戦史」にこう書いた。曰く、10月13日から31日まで、第3師団の12個大隊が、ドイツ軍歩兵13個連隊、狙撃兵4個大隊、および騎兵27個連隊に対峙していた。英国軍は、少数の軍隊の効果を増加させた持久力と射撃訓練によってドイツ軍の攻撃を撃退することに成功した。ドイツ軍の第6方面軍は、もともとアラスからラ・バセやアルマンティエールに突入することを意図して強化されていたが、それは10月29日までのことで、その時点で(急遽)利用できる全ての重砲兵隊が「ゲルベルトの戦い」のために北へ移送された。

>Attacks against II Corps ~ exist in the Allied armies.
⇒第II軍団への攻撃は保持のための作戦行動に限定されていたので、アラスのフランス軍の対峙する前線は消極的だった。インド軍が引き継いだとき、その地域でのドイツ軍の攻撃はほぼ終わっていた。防衛施設の兵士らは、砲兵隊からの保護も有刺鉄線もほとんどなく、臨時の即席の陣地に避難していた、とエドモンズは書いている。国の大部分は森林樹木が茂って、航空機観察隊の目から前線地域を広く覆い隠していたので、10月の天候(晴天)に航空隊は駐機場で多くの時間を費やした。ベルギー、フランス、英国の方面軍部隊で構成された軍団である連合軍が、統一のとれた指揮系統の敵軍に直面していた。ドイツ軍の主な利点は重砲と塹壕戦装備にあったが、その多くが連合軍には存在しなかった。

>The II Corps had c. 14,000 ~ corps as reinforcements.
⇒第II軍団は、10月12日から31日までに14,000人の死傷者を被った。第3師団は5,835人の損失を出し、第8、第9旅団は約50%減少した。第5師団の死傷者も同様であり、インド軍団は10月31日までに1,565人の死傷者を被った。10月31日時点で、第II軍団には元々の常置兵員24,000人のうち14,000人しかいなかった。1,400人の兵士が未経験の召集兵であった。ドイツ軍は第II軍団との戦いで6,000人の死傷者を記録した。第II軍団は10月29/30日の夜から10日間の休息のために退去してインド軍団による救援を受けていたが、数日以内にその大隊のほとんどが増援隊として第I、第III軍団に送られた。

>Smith-Dorrien returned ~ were filled in and abandoned.
⇒スミス=ドリアンは11月10日に英国に戻り、ウィルコックスは第5師団の第14旅団の指揮を引き受けたが、この旅団は移動予備隊に就いた。インド軍団の大隊らは、救援の間に多くの砲撃を受けたが、後退するのではなく一時的に最前線の塹壕に残った。これは、経験豊富な部隊によって採用された実践であった。11月2日、ヌーヴ・シャペルの北西部で行われたさらに大きなドイツ軍の攻撃により、グルカ大隊は局地の反撃で地面が回復する10月5日まで(やむなく)撤退し、古い塹壕は埋められて放棄された。

>By 3 November, the Indian ~ such an allegation.
⇒インド軍団は、13キロ(8マイル)の前線沿いで、11月3日までに1,989人の死傷者を出した。何人かの歴史学者の書いたことによれば、インド軍の死傷者の約65%は自傷であったとのことであった。彼らは常に法廷戒厳令によって処罰されたわけではないが、1915年のB.セトン卿による研究では、そのような主張を裏付ける証拠は見つからなかったという。

投稿日時 - 2019-05-01 23:42:07

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-02 00:43:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-