こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

落語立川流について

 落語立川流は故立川談志師が真打問題で試験に弟子が落ちた事への異議を唱え、
 脱退し、設立されたものである事は周知の通りであり、
   従来の落語協会のやり方ではなく ホール落語 地域寄席等での活躍や
   マスメデイアのアピールで
   現代との接点を大事にした事で 落語協会より入門者が増えた事
  (志の輔 志らく 談春とそれに続く人気者を多く育てた事で寄席=
   落語家の修行という事を覆した事や 
   高田文夫 ビートたけし等他分野で活躍する人に
   落語家の名前を与え、一門の会に出て戴いたりした事で 
   落語を改めて世間にアピールした事等)
  が大きいメリットとして挙げられると思いますが、

  デメリットとして 
  二つ目や真打昇進問題も談志個人の判断で決めていたが、
  落語協会に居た頃や 立川流設立当初は弟子に稽古をつけたり
  「あそこ(一門の兄弟子)に習いに行け」という形で大体3-5年で二つ目にして  いたが、晩年は一切稽古付けず 弟子を放置し、20年以上も前座にさせた者が
  いたり、晩年病気になり筆頭弟子等が「今後どうするか?」という事を聞いて   も、「勝手にしろ」という風に答え、一門から集めた上納金や会の運営について
  も、弟子はおろか、一門のマネージャーをしていた親族である談志の長男もいく  すえも知らされておらず 談志の死後 一門と親族で遺品整理をし、その後役員  を決め 上納金廃止となったという事でしたが、これは会という意識もなく、
  「やりたいようにやる」という談志の性格から来ていたのでしょうか?
 (談志より数年前に設立した先代三遊亭円楽率いる円楽党は 合議制で
  3-5年で真打、談志より前に死去されたが、弟子に遺言はされたそうですが
  真打粗造と非難され、人気者を出した事は立川流に劣っておりますが) 
  
  この辺りの事をご回答いただければと思います。
  (落語家ではありませんが 「やりたいようにやる」と豪語して、
   一切周りの者に会計を見せない 自分のプランも言わないで通した人がおりま   した。 離れて行った人も多かったのですが、本人は何処吹く風と行った感じ   でした。家族にも一切本音は言わず、自分の能力のみを信じるといった感じで   した。やはり、晩年は「勝手にしろ」と親族にも言っていたそうです
   この様な所が談志師匠にもあったのでしょうか?
   唯談志師匠は人脈は大切にされるので、その糸口(談志が紹介したのではないが)で志の輔 志らく 談春は売れる様になったといわれております
   この辺りの事をご回答いただけたらと思います

投稿日時 - 2019-04-18 15:21:17

QNo.9608043

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

立川流は、真打になるためには少なくないお金が必要だったんです。それはもう暗黙の了解というか、公然の秘密というか、噺家あるいはコアな(下世話なともいいますな)落語ファンの間ではよく知られたことでした。
だから立川一門ではいつまで経っても真打になれないことを売りにした噺家さんがおりましたが、要するに彼はお金が用意できなかった。でもそれを口にするのは野暮ってものですから、誰も何もいわなかったのです。
時々テレビタレントみたいな人が立川一門に入ってときに真打にもなれるのは、師匠にきちんとお金を払ったからであります。談志師匠に対して毀誉褒貶いろいろあるのは、そういう事情もあるのです。依怙贔屓というものを、隠しもしない人でもありました。

志らく、談春の両師匠は80年代後半に二つ目あるいはまだ前座だったか、その頃から「立川ボーイズ」という名前で人気だったんです。噺家として異端の存在でした。あの当時に追っかけギャルがいてね、会場は若い女性で一杯だった(らしい)んです。らしいっていうのは、この当時は私は未成年だったものでしてね。
若い頃の2人はイケメンで(今でも談春師匠はイケメンですが)、落語にとらわれずに2人コントもやってたんですよ。そういうのは他の噺家の弟子ではできなかったでしょうね。垢抜けていたんです。
しかし地味ながら噺家としての評価を着実に積み上げる談春師匠に対して、志らく師匠の落語に対する評価は段々と竜頭蛇尾に。志らく師匠って、活舌がよろしくないんです。テレビ出演は避けて落語ファンの評価が高まっていく談春師匠に対して、段々テレビタレント化していく志らく師匠。人気のセ、実力のパという言葉がありましたが、人気の志らく、実力の談春といったところでしょうか。落語ファンの間では、2人を同列に扱うのは「談春師匠に対して失礼」みたいな感じになっています。
しかしお2人ともひとつ困ったことに、自分の弟子への扱いは師匠譲りらしくてね。お弟子さんは相当大変らしいです。廃業したお弟子さんも数多いとかどうとか。

談志というスターを失った以上、立川一門が単独で存在し続けるのも主に資金面で難しく、また若い世代はその確執も知らない人も多いですし当事者はみんな死んじゃったんですから、今は融合への道を探っているというところですね。とはいえ先代が気に食わねえ、出ていくッてことで出て行った経緯がありますから、じゃあ戻りますはいそうですかとはなかなかいかないでしょうね。古いしきたりの業界でもありますからね。

投稿日時 - 2019-04-18 16:30:13

お礼

ご回答ありがとうございます。

真打になるためには少なくないお金が必要だったんです。それはもう暗黙の了解というか、公然の秘密というか、噺家あるいはコアな(下世話なともいいますな)落語ファンの間ではよく知られたことでした。

確か、家元制度で上納金を取る事を提案し、真打に成るとそれが上がるので
辞退していた者(快楽亭ブラック師だったか? 後に破門されるが)
それが嫌で他門に移り落語協会に残った者も居たという話を聞きました。

段々テレビタレント化していく志らく師匠。人気のセ、実力のパという言葉がありましたが、人気の志らく、実力の談春といったところでしょうか

成程頷ける話です。
独演会の集客は談春師 映画 司会等の活躍は志らく師という事なのでしょうか?

投稿日時 - 2019-06-02 06:32:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問