こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

警察官の通訳職になるには

警察官の通訳職になるには
私は日本に住みながらも小さい頃から英語を勉強してきて、将来も英語を活かしたいと考えていました。
高校に入り公務員がやはり収入が安定しているということを知り、警察官にも通訳職があることを知りました。
そこで気になることがあります。
・ネットで調べていた時に、民間通訳と司法通訳 などがあると書いてあったのですが、何が違うのでしょうか?
・また、通訳だけじゃ生活できないと書いてあったのですが、警察関係でもそこまで収入が低いのでしょうか?
・申し込みたい時は警察官採用試験ではなく別の試験になるのでしょうか?
英語の通訳者は沢山いること、そして相当な英語力が必要なことはわかっており、そのために留学など頑張ろうとも思えます。
これに決定している訳ではありませんが気になるので教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2019-04-18 14:07:27

QNo.9608026

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

警察署で通訳をしている民間人です。

これだけでは食えません。私の場合、以前から輸入販売業もしていましたからそれを合わせて食えています。同業者は主婦の女性とか、なにか別の収入源をもっている人です。引っ張りだこの通訳で通訳業務だけで食えている人もいますが、少数派です。

>警察官にも通訳職があることを知りました。

警察官で通訳を兼ねている人もいますが、最高3年くらいで通訳ではない現場の警察官になったりしています。せっかくのスキルが生かせません。一度、かなり上手い警察官がいてびっくりしたんですが、その人は三年ほどで別の部署に回されました。警察は通訳専門の警察官は作りたくないようです。

・ネットで調べていた時に、民間通訳と司法通訳 などがあると書いてあったのですが、何が違うのでしょうか?

私の場合、その両方です。民間通訳であり司法通訳です。民間人で司法通訳をしています。私の職場は警察、入管、税関、裁判所、検察庁、弁護士接見などです。
大きく分けて三つのタイプがあります。
1.警察官で通訳の能力があるため通訳センター勤務になる人。但し専属ではなく普通のおまわりさんにもなります。

2.警察の職員である通訳。この場合も警察官と同様で、通訳でない別の部署に転勤になったりします。これのいいところは食いっぱぐれのないことです。

3.民間人の通訳。民間人はなにか別の収入がないと食えません。たとえば主婦とか年金とか別のビジネスとか。

>また、通訳だけじゃ生活できないと書いてあったのですが、警察関係でもそこまで収入が低いのでしょうか?

警察官や警察職員なら大丈夫ですが、別の部署にまわされることがよくあります。せっかくのスキルが無駄になります。

・申し込みたい時は警察官採用試験ではなく別の試験になるのでしょうか?

民間人通訳として警察に登録するには、まず通訳センターに電話をして履歴書を送ることです。そして警察に呼ばれて面接を受けたら合格率は高いです。むやみに面接はしませんから。私の場合は通訳センターに電話して希望を述べたら履歴書を送るように言われ面接に呼ばれて採用になりました。もう18年前のことです。友人の中国人が警察の通訳になりたいと言うので私が代わりに電話してあげたんですが、「中国語はいま募集していません」と言われました。」

>英語の通訳者は沢山いること、そして相当な英語力が必要なことはわかっており、そのために留学など頑張ろうとも思えます。

警察通訳は相手を待たせず瞬時に行なうことが大事です。正確さを求められる翻訳業とは違います。取り調べですから英会話がスムーズにできるようにならないといけません。留学は良いと思います。なお、取り調べの最後に調書の翻訳がありますが、これはビシッと正確にやらないといけません。
私の場合は、期せずして司法通訳になりましたが、貴方の場合は若いしこれからの人です。私が、アドバイスするなら通訳はやめたほうがいいと思います。むしろ、堪能な英語力を生かしてサラリーマンになるのがいいと思います。生活が安定します。
警察官になると職場が変わって普通のおまわりさんになることもあるし、警察職員なら庶務係などほとんど語学に関係ないセクションに回されることがあります。
民間通訳は相当上手くないと食えないです。英語はとくにレベルが高いです。日本人が通訳では絶対に勝てない相手がいます。ホランさんみたいにアメリカで教育を受けて日米のことばを自国語のように話せる人には勝てません。そういう人が第一級の通訳となります。私とか貴方は第二級通訳となります。二級通訳では飯が食えません。
警察の場合はニーズが偏っています。昔はダントツで中国語でしたが、いまは中国が発展して来て金持ちになりましたので減りました。いまニーズがあるのはベトナム語です。ベトナム語通訳は笑いが止まらない状態です。たまに通訳待合室で一緒になるんですが、しゃべってる日本語の訛りが強くてこれでも通訳なのかと首を傾げましたが、それでも故郷に家を建てる話をしてました。企業研修ビザでいまベトナム人が大挙して押し寄せているんですが、あまりの薄給に脱走して悪いことをする人間が多いからです。このように一時的にニーズが増えることがあります。英語が母国語の国は金持ちであまり犯罪者がいませんから司法通訳ではニーズが多くありません。対象は元イギリスの植民地であったナイジェリアなどのアフリカ人が多いです。同様にフランス語もアフリカの諸国が相手です。

投稿日時 - 2019-04-19 08:40:48

お礼

回答して頂きありがとうございました!
とても詳しく説明していただいて、なんとなくスッキリしたような気がします
参考にさせて頂きます

投稿日時 - 2019-05-13 20:06:30

ANo.2

・民間通訳 と 司法通訳 の違い

司法通訳のが、責任が重いし専門性も高い。
なにより
司法通訳は、捜査・取り調べ・裁判に関わる仕事なので
法律の知識が(ある程度)必要
事実に忠実に、が必要・・・相手がしゃべった通りに訳す
  ↓
あなたは、何色が好きですか?
赤・・・と答えたならば 赤 とだけ訳す。
赤です、赤が好きです・・・のように
余計なことを勝手に付け加えてはダメ。

赤って言ったけど、迷いながら言ったのか?
はっきり赤と言ったのか?
独り言を言った後に 赤 と言ったまらな
その独り言までも再現する。
独り言は、怒りながらか?
穏やかな口調の独り言か?
全部、そのまま忠実に伝えないとダメ。

※ある意味声優のような、女優のような
 能力が必要!?

簡単には、相手がしゃべった様子や内容が
そのまま証拠になります。
証拠には、有利な証拠もあれば不利な証拠もあります。
この有利・不利は、通訳が介入しちゃダメなんです。
通訳の人の仕事は、事実をそのまま伝えること。
反省しつつも ごめんなさい と言ったのか?
とりあえずポーズとして ごめんなさい と言ったのか?
ここまで再現するのが、司法通訳と思います。

民間通訳は、これに比べると緩いと思います。

・お金のことは、僕にはわかりません。
 ごめんなさい。

・申し込みたいときは・・・ですが
 その前に、この資料をご覧ください。

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/johokoukai_portal/kunrei/kunrei_keimu.files/012_05.pdf

平成元年の通達・・・結構ふるいね、、、
簡単に言うと
平成元年4月1日から
警務部教養課に、通訳第一ないし第三係
それと
警務部教養課、管理係を設置し、仕事します。

では

実際に採用された人の声を聞いてみます。

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyo/30/person/tech01.html

この人は、教養課通訳第一係に配属された主事です。
第一だから 英語 ですね!
もう一人、質問者様の先輩の声を聞きます。

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyo/31/person/tech02.html

第二係の主事(中国語担当の主事)

共通して 警務部 に採用されてる。
それと
警視庁では新卒でも通訳の仕事ができることを知り
なんて言ってる。
これ
ちょっと気になりますが、僕にはわかりません。

では、最後の情報提供です。
警察で通訳するのに、何の試験を受けないといかないの?
大丈夫です!・・・調べましたよ!!

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyo/31/type/tech.html

この資料です・・・おや・・・
最後のほうになんか見た顔が、ある。
ん?、先輩の声
通訳第二係主事・・・なんだ、さっきの人だ。

僕の能力で調べることができたのは、ここまでです。
実際に受験するならば
詳細は、必ずお近くの警察署などに聞いてください。

お時間いただきまして、ありがとうございました。
調べただけ、だけどね、、、

投稿日時 - 2019-04-18 16:08:27

お礼

回答していただきありがとうございました!
たしかにニュアンスによってその人の運命が良くも悪くも変わってしまうので、そういう意味ではおっしゃられるように女優や声優みたいなものなのかもしれませんね(笑)
詳しく説明していただいて、イメージが湧きました
参考にさせていただきます

投稿日時 - 2019-05-13 20:08:11

ANo.1

まず初めに,警察官の通訳職というのはありません。警察が通訳職を雇うことはありますが,それは警察官ではなく警察職員です。

> ・ネットで調べていた時に、民間通訳と司法通訳 などがあると書いてあったのですが、何が違うのでしょうか?

司法通訳というのは,外国人の関わる事件の裁判や捜査の場で通訳をする仕事です。警察の通訳職であれば外国人の関わる事件の捜査の場で通訳することになります。司法通訳を行うのは警察の通訳職だけではなく,裁判所や刑務所や警察,検察に通訳人として登録している民間人もいます。
民間通訳は,犯罪捜査や警察活動に通訳として協力している民間人です。事前に警察などの通訳人名簿に登録しておいて,必要な時に必要な時間だけ呼ばれます。

> ・また、通訳だけじゃ生活できないと書いてあったのですが、警察関係でもそこまで収入が低いのでしょうか?

それは警察に登録したフリーランスの民間通訳人の場合です。警察に雇われた通訳職員であれば,普通の公務員並みの給与が出ます。

> ・申し込みたい時は警察官採用試験ではなく別の試験になるのでしょうか?

別の試験です。
例えば警視庁であれば
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyo/30/recruit/info-staff1-ex.html
ですね。

投稿日時 - 2019-04-18 14:36:25

お礼

回答して頂きありがとうございました!
いろいろ難しそうだなと思っていましたが、すこしイメージが湧きました。
参考にさせて頂きます

投稿日時 - 2019-05-13 20:05:40

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-