こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

影響されやすく型にはまりがちです...

影響されやすく型にはまりがちです...
先日高校生になったのですが、これを機に自分を律したいとおもっていました。そんなときにYouTubeでふと観た心理学の動画に影響されました。その人の言っていることは確かにあっているのですが、いろんな動画があり、なにがどうでどうすればいいのかがバラバラなものがあり(テーマによって変わっている)どうすればいいのかわからなくなってしまいます。おそらく自分はそうすれば必ず変われるし強くなれると過信しているのだと思います。本当にいい方向に変われるのだとは思いますが、たくさんみるほどなにがどうなのかわからなくなっていってしまいます。おそらくその人がとある動画で言っていた完璧主義なのかなとも思いますが、なにがどうなのか本当にわからなくなってきました。今は騙されたと思ってその人がメンタルを鍛える方法を試しています...。どこか疑心暗鬼もあり更にわからなくなっています。今の自分はあまり客観的にみることができないのでアドバイスをよろしくおねがいします。

投稿日時 - 2019-04-10 16:16:40

QNo.9605411

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

心理学は、いわゆる統計学です

調査・実験・実証を繰り返して出されたデータの数値です

つまり、一般的な人たちの考え方などをまとめた指針です

そこからはみ出さないように、また、いい方向に進むためのヒント程度と考えたほうが良いと思います

統計学ですから、多くの成功者がしてきた共通点や失敗してきた人たちの共通点をデータ化しただけですから、必ずしもその通りにしたら、必ず成功する・失敗するとは言い切れない学問であるので、確かに疑心暗鬼になることも間違いではありません

私的な意見ですが、心理学は自分を分析することには不向きな学問です

なぜかといえば、心理学者全てが、また、心理学を学んだ人全てが成功しているわけではないからです

逆に?心理学者の中に離婚する人もいますし、幸せでない人もいます

つまり、心理学はどちらかといえば、自己分析に使うよりも他人の分析に使用したほうが、力を発揮する学問なのです

心理学者やカウンセラーなども、他人を分析することを仕事としているように、自己分析をすることで成功しているわけではありません

ので、たしかに自己を鍛えるためのヒント程度なら良いと思いますが、若いうちは自己を大きく、たくさんの経験をして、その中で自己形成する時期ですから、分析はほどほどにしないと逆に、意識が凝り固まってしまいます

言い方が難しいのですが・・・、精神的にやられている(弱い人)が心理学を使って自己分析に走り、そこから抜け出せない人が多いのは事実です

自分を律することは素晴らしいですが、なにかを経験するチャンスだったり、勇気をもって挑戦する妨げになるような心理学の使い方を、今は控えたほうが良いでしょう

様々な多くの経験をして、そこから正しい道・考え方を構成していくほうが人間力が高まると思います

他人と付き合っていく上で、その相手を分析するための心理学を自己に向けてしまうと、危険であることを知ってほしいと思います

参考URL:https://okwave.jp/guide/g77827.html

投稿日時 - 2019-04-10 16:49:39

お礼

ありがとうございます。リンク先拝見させていただきます。

投稿日時 - 2019-04-11 00:10:15

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

そんなにすぐには変われないでしょう。ある程度の時間が必要だと思います。

投稿日時 - 2019-04-13 06:46:24

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-