こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

夏至祭の期間の北欧旅行について

6月20日出発の北欧旅行に申し込みをしています。最近北欧には夏至祭というものがあり、その期間は店舗や観光施設なども休業になることが多いと知りました。2019年の夏至は6月22日で、前日から当日までが夏至祭となるようです。その時期にちょうどヘルシンキとストックホルムに滞在します。ヘルシンキではテンペリアウキオ教会、ウスペンスキー寺院、マーケット広場、ヘルシンキ大聖堂を観光予定です。ストックホルムではドロットニングホルム宮殿を観光の予定です。これらの建物への入場ができるのか不安です。マーケット広場なども休業でしょうか。

夏至祭に当たらない出発日を選択すべきか、それとも夏至祭の北欧を楽しむべきか悩んでいます。
どなたか詳しい方がいらっしゃれば教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-04-08 16:40:31

QNo.9604864

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

スウェーデンとフィンランドでは 移動祝祭日(日本の成人の日が1月の第二日曜日というのと同じ) 毎年6月19日から26日の間の、夏至に最も近い土曜日Midsommardagen(ミッドソンマルダーゲン)とその前日Midsommarafton(ミッドソンマルアフトン)と合わせて2日間が祝日になるそうです。
今年は6月22日ですね。

フィンランド、夏至祭期間のオープン・クローズ状況
https://suomi-isshoissho.com/midsummer-close-19666

スウェーデンは サマーヴァケーションの始まりでもあるので 夏至祭のあとに1ヶ月の休みをとる店も多いそうです。(8月の終わりまでの間の1ヶ月)
学校も年度替わりですね。

投稿日時 - 2019-04-09 15:32:25

お礼

記載していただいたブログ参考にさせていただきます。ありがとうございます。

投稿日時 - 2019-04-09 23:43:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

>夏至祭に当たらない出発日を選択すべきか、それとも夏至祭の北欧を楽しむべきか悩んでいます。

 迷うことなく,『夏至祭の北欧を楽しむべき』です。
『違う民族の土地を旅することの意義』を考えてみてください。答は明白です

 フィンランド『セウラサーリ島の夏至祭』は必見です。
セウラサーリ島へのアクセスは、ヘルシンキ中心部にある「スウェーデン劇場横」近くのバス停からバスで30分と、いたって簡単です。

 

 

投稿日時 - 2019-04-11 09:15:14

お礼

ありがとうございます。旅行会社からの回答があり、観光予定の建物は開いているがお店はほとんど閉まっているとのことでした。ツアーで不慣れな場所ですので自分で夏祭りの場所まで行けるとも限りませんので、残念ながら今回のツアーはキャンセルすることにしました。

投稿日時 - 2019-04-14 10:28:59

ANo.1

あああ、そうだったんですね。昨年その時期にヘルシンキに行きました。確かにほとんど閉まっていて一週間の滞在が半分つまらなくなりました。公共施設もしまっています。行けたのは映画館とかで日本の正月みたいでしょうか。

やはりその時期は国民にとってのお休みであって観光客にはありがたいものではなさそうです。クリスマスの日にニュージーランド訪問して1日何も食べられなくて苦労しました。やっと見つけたミートパイで空腹を満たしました。

投稿日時 - 2019-04-09 12:45:39

お礼

ありがとうございます。参考になりました。

投稿日時 - 2019-04-09 23:41:34

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-