こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「はやて」を千鳥式停車にした場合の短縮効果

東北新幹線「はやて」について、停車駅パターンを千鳥式にしたとして、下記のパターンにしたならば仙台・盛岡間の所要時間は何分になりましょうか?

◎はやてA(東京発毎時15分)
(右下矢印)東京・大宮・福島・仙台・古川・北上・盛岡・八戸・新青森

◎はやてB(東京発毎時45分)
(右下矢印)東京・大宮・福島・仙台・一ノ関・新花巻・盛岡・八戸・新青森

新花巻に停車させる意味合いですが、即ち「釜石線との接続」にあります。

投稿日時 - 2019-04-07 09:40:55

QNo.9604456

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

イマイチ意図が判りませんが、どの駅に停車するにしても在来線の接続は意図されるのではないでしょうか?
釜石線の接続を視野にいれた停車時間は、正直意味がない事かと思いますよ。なら、在来線のダイヤを変えるべきかと。

ちなみに、東北新幹線の1駅停車するにあたってのロス時間は4分30秒が目安です。仙台~盛岡の間に2つ停車させるなら9分ロスすると思えば良いのかと。

投稿日時 - 2019-04-07 19:25:26

補足

「はやぶさ」で仙台・盛岡間が最短38分だから、プラス9分で47分と言ったところですかね。

投稿日時 - 2019-04-07 19:35:55

お礼

簡潔的な解説に、心より感謝申し上げます。

投稿日時 - 2019-04-09 13:44:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-