こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

早起きするコツ

早起きするコツを教えてください。平日は18:30頃帰宅で、4:30~5時の間に起床するとします。(土日は休みです)目覚ましは3つあります。

投稿日時 - 2019-04-07 07:32:09

QNo.9604429

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

では貴方は何時に就寝されますか。その事は書かなきゃ。

人によって就寝している時間が異なります。8時間は寝なければ疲れは
取れないと言う人もいますし、6時間寝れば疲れは十分に取れると言う
人もいます。その事は貴方自身が一番良く分かっているはずです。

自分は携帯のアラームだけで起きれます。どんなに眠たくても二度寝は
しません。それは与えられた仕事を全うする責任があるからで、責任が
無ければ二度寝だって三度寝だってします。
目覚まし3つで起きれないのは、それは自分に与えられた責任を全うし
ようとする意欲が無いからです。

コツと言えるか分かりませんが、まず自分が何時間睡眠すれば大丈夫な
のか考え、起床時間から逆算して就寝時間を決め、この事を習慣ずける
ようにすれば、目覚まし1個だけで十分に起床が可能になります。

投稿日時 - 2019-04-07 15:47:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(9)

ANo.9

自分も平日そのくらいに起きる生活をここ20年くらい送ってますが、特にコツなど無いですね。
習慣化してるのでほぼ決まった時間に目が覚めます。
怖いのは二度寝ですね。
これで寝坊したことが年に一回位今でもあります。
とにかく起きるしかないですねぇ。
それにコツは無いんじゃないかな?
自分は1時に寝てもこの時間に普通に起きられますよ。
確かに日中は死ぬほど眠いけど何時に寝ても起きられないことは無いです。

自分も目覚ましはスマホのアラームで3回鳴らしてます。
二度目で起きるのが正解で三度目はギリギリです。
三度目を鳴らすことはまず無いです。
スマホアプリだと計算問題を解かないとアラームが止まらないものとかあるので試されてみては?

投稿日時 - 2019-04-08 14:39:10

ANo.8

夜9時に明かりを消して就寝する。
朝4起きたらすぐに明かりをつける。
これを習慣づけることです。
明かりがポイントです。
夜は ネットをやりながらの寝落ちはしないこと。
朝は 暗い中でごそごそしないこと。

投稿日時 - 2019-04-07 21:33:24

ANo.7

自然早起きのコツは、寝室が外の明るさと同時に少しずつ明るくなるようにすることです。
私の場合は雨戸を使わずにカーテンだけで寝ています。
目覚ましも一応用意していますが、ほとんど自力で気持ち良く起きることができていますよ。

投稿日時 - 2019-04-07 20:42:43

早く寝ればいい

投稿日時 - 2019-04-07 10:44:56

ANo.4

そうですね、色々な事がありますよ
先ずは、早寝早起きですね 最低でも22:00には就寝したいですね 22:00~02:00迄の間は睡眠のゴールデンタイムなので、その時間帯に一番身体の疲れがとれるらしいです
そして、就寝の三時間前には夕食を済ませ、アルコールは程々に、夕食一時金後に、温めのお湯(39℃)に半身浴で最低でも30分は浸かります 出来れば昭明も暗くすると尚良いです
入浴で温まった身体がクールダウンするときに寝つきやすので、しっかり身体の芯迄、入浴で温めましょう
あと、テレビやスマホなどは脳が興奮しますので程々にし、可能な限り昭明は落とし、アロマな香りを部屋中に漂わせれば完璧ですね
後は朝、気合いで起きましょう いずれにせよ朝って眠いですものね
頑張って下さい

投稿日時 - 2019-04-07 10:21:57

ANo.3

睡眠時間を8時間として逆算して就寝する。
就寝前には睡眠を促す様に心掛けた行動をする。
一ヶ月くらいは休日も無関係に同じサイクルで過ごす。 そうすれば“習慣”に変わる筈。
後の持続、継続は自己管理の問題。

ポイントは“休日も”です。
習慣になっていなければ苦痛ですから『休日くらい』と自分を甘やかします。
しかしその油断は積み重ねてきたモノをゼロに戻し無意味にしてしまいます。
一ヶ月で無理なら、もう一ヶ月。
本来は20日間の継続で習慣化すると言われています。



『何故、起きられないのか』を自身で考えましょうか、自分自身が一番よく分かっているでしょう。

投稿日時 - 2019-04-07 08:50:20

ANo.2

私は恐ろしく早起きな人間ですが、早起きのコツ、原点は早寝しかないですね。

また、朝方人間の特徴は、朝が好きであるということ。

朝起きるのが億劫、面倒という人は、基本的に朝という時間帯に興味がないか、或いは、好きではないですね。

私などは、冬の寒い日でも4時半頃には自然に目が開きますし、夏になれば4時前どころか朝陽が昇る前に起きています。

目覚ましをいくら並べようが、朝が好きでなければ早起きは難しいですね。

早朝、鳥のさえずりを聞きながら、その日一番に飲む熱いコーヒーの味もまた格別ですよ。

一杯のコーヒーではないですが、朝、仕事前にする自分の習慣やルーティンのようなものを見つけることが早起きの切っ掛けになると思いますよ。

投稿日時 - 2019-04-07 08:40:26

ANo.1

寝られるのは何時かわかりませんが、
僕は昔は、21時~4時睡眠をしていました。
あなたがこんなに睡眠が必要かはわからないので、
そこはご自身で探ってください。




目覚ましを、
「4:30」「4:40」「4:50」
で掛けます。
そして、ねる前に、「4:30に起きます」×3と自分に宣言します。
何日かやると効果が出ます。

目覚ましは、聞こえるけど布団から出ないと止められない場所に置きます。

布団の枕元に照明のスイッチを(出来れば)置き、(ダイソーの壁掛けライトとかでも良い)
↑ポイントは、しっかり眼に光が入ること。スマホだと弱いと思います。
起きたら先ず明るくする。割と目が覚めます。

目覚ましが鳴れば、止める前に、掛け布団をはだけるだけ、という一歩を挟みます。
その後、布団から出て目覚ましを止める。

就寝を早くすれば寝溜め可能です。

一回二度寝してしまっても、あと2回チャンスありますから、
安心して、
おやすみなさい。

投稿日時 - 2019-04-07 08:15:53

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-