こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

選択的夫婦別姓に対する賛成派の論法

近年この話題が取り上げられております。
私はどちらでも良い立場なので、賛成派、反対派の両者の言い分をじっくり聞いて、考察を深めようと考えております。

そこでひとつ、とても気になる論法があります。
これは「賛成派」のほとんど多くの人が言う論法であり、この決め台詞を言って議論が決着のような空気を漂わせます。
それは、【選択なのだから、同姓が良いと思う人は今まで通り同姓にすれば良い。別姓を希望する人を止める筋合いはない。だから選択的別姓の何が悪いのだ。】と言った趣旨の論法です。

この論法を直感的に使いたい気持ちは分かるのですが、賛成派の多くがこればっかりしか言わないし、しかもその論法は、私の分析によるとそれほど自明でもなく、反対派を制するほど言い得てもいない気がします。

現行の制度では、
婿養子になって女性の姓を名乗るのも時にあるとはいえ、だいたい多くは男性の姓を名乗ることが多いのが現状であるのは自明でしょう。

そして結婚とは当人同士の2人だけのことではなく、両家の両親や親戚を巻き込むもので、両親を含めた「両家の親族」の有形無形の駆け引きなどが絡んできて、(絶対とは言いませんが)これがけっこう無視できない圧力であると思います。

これを踏まえ、両家の親族が「我が家の姓を」と引っ張り合いの攻防になった時、別姓制度があると、短絡的にというか民主的にといいますか「じゃあ、別姓で。両家各々の姓で」てなりませんかねえ。
これが、多少保守的だとしても従来通りの同姓制度であれば、そもそもこんな「引っ張り合い」なんてことは起きないと思うのです。
これから結婚しようという色々大変で、両家が云々など面倒で、両家が結婚するわけでもねえのに、こんなとこで攻防なんて起きてる場合じゃないと思うのです。
はじめっから大枠は収まっているもんだということであれば、スケベ心も出さず制度に倣えばよいのだと。

つまり、選択的夫婦別姓が認可されると、いらぬスケベ心が起きてしまうのではないかと考えます。
よって、賛成派の【選択なのだから、同姓が良いと思う人は今まで通り同姓にすれば良い。別姓を希望する人を止める筋合いはない。だから選択的別姓の何が悪いのだ。】の主張が、必ずしも必勝の論法でもないのではないか、と思うのです。
【選択なのだから、同姓が良いと思う人は今まで通り同姓にすれば良い。別姓を希望する人を止める筋合いはない。だから選択的別姓の何が悪いのだ。】で、これの弊害がどこにあるのだと言いたいのでしょうが、先に記したような弊害があるのでは?
ですので、「弊害は存在しない論」はトリックで、各々の弊害がイーブンに存在していると思うのは、議論解釈が変でしょうか?

ところで、おまけの質問ですが、
別姓が成立した場合、戸籍はどちらかに入るのか、両家どちらでもない新戸籍を作るのか(つまり両方が両家から離脱?)、どうなることを想定されているのでしょうか?

投稿日時 - 2019-03-26 23:04:14

QNo.9600843

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

現実問題としては、結婚というのは家と家との結びつきであることは事実だと思います。
ただ、別姓を認めるかどうかというのは法律におけるという話であり、法律というのは根源的には憲法に基づくものとなります。
その憲法では第24条で「婚姻は、両性の合意に基いてのみ成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本」と定められています。日本国憲法においては、結婚は家と家との結びつきである「前」に個人と個人の同意に基づくものであるとされているのです。そして「夫婦が同等の権利を有することが基本」とあるので、本来であるならば、夫が妻の名字を名乗ることも同等くらいにあってもいいはずだということになります。ただそこは慣習として夫側の姓を名乗ることになっていることがほとんどなので、婿養子のようなケースを除けば妻が名字を変更する人が多いのです。

あと少し質問者さんは間違えておられると思いますが、夫婦別姓というのは結婚のときに新しい姓を作るわけではありません。奥さんが旧姓のままで婚姻関係があることを認めるということなのです。
戸籍上の名字が変われば、当然のことながらクレジットカードやキャッシュカード、生命保険などまで全ての名前を変更手続きしなければなりません。しかし不幸にして離婚ということに至った場合、また元に戻さないといけません。そういう負担が妻だけ負うのはちょっと大変です。
また最近は女性が働いていることも珍しくありません。今まで山本さんだった人が結婚して鈴木さんになると新しい姓がピンとこないので、最近は旧姓のまま仕事をしている女性も少なくありません。周囲も今まで山本さんと呼んでた人を鈴木さんと呼ぶとなると混乱もするので、旧姓のままで仕事をしてくれたほうが楽です。しかし仕事上は山本さんなのに、なにか公式な手続きをするとなると鈴木さんでやらなきゃいけなくなったりするので、だったら夫婦別姓(奥さんが旧姓のままで結婚を認めること)をしてもいいんじゃん?という風潮になっているのです。

両家の駆け引きが云々というのは「結婚というのは家と家との結びつきが前提である」というどちらかというと保守的な価値観に基づくものです。保守的な地方であるならば「そりゃ結婚となると家と家との結びつきだろ」となるでしょうが、東京などの大都市圏ではそこまでではありません。最近の若い世代では、両家の顔合わせは結婚式が初めてなんてことも珍しくないそうで。

つまるところ夫婦別姓を認める、認めないというのは結婚を「個人のこと」を基本と考えるか「家のこと」を基本と考えるかでその人の価値観が変わってくるのではないかなと思います。

投稿日時 - 2019-03-27 14:26:23

ANo.1

主張が分かりません。
> 両家の親族が「我が家の姓を」と引っ張り合いの攻防

今は同姓しかないので、引っ張り合いが起きるのでは?
別姓がえらべれば、引っ張り合いが起きないと思いますが?

貴方のように、引っ張り合いが見苦しいと思う人は、別姓に賛成すべきでは?

私は、自由主義と民主主義の信者なもので、他人の幸せになりたいという気持ちを自分の好みで妨害する人の考えが理解できません。

投稿日時 - 2019-03-27 01:50:31

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-