こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ノマドワーカーの年金受け取り

現在、30歳です。
いわゆるパソコン一つで働く「ノマドワーカー」です。
普段は、日本の実家を住所にして、住民税、所得税、年金などを日本で納めながら、実質的には海外旅行をしながら働いています。日本にいるのは、年に1ヶ月か2ヶ月くらいです。

そろそろ、もう一歩進んで、日本の住民票を抜き、生活費や税金が低い国で起業し、そこに定住あるいは、そこを拠点に海外を旅行しながら働くことを考えています。

そこで気になるのが、最終的にどこで老後を過ごすか、また老後を過ごす場合、今のように日本を住所にして、実質的にはどこか別の国に住むのかです。30年後なので、世界がどうなっているかわかりません。柔軟に対応できるように準備するのが最善でしょう。

将来、日本に住む、あるいは日本に住所を置く場合、老齢年金がもらえます。日本の年金は評判が悪いけど、なんだかんだ言って、寡婦年金や障害年金などは頼りになるし、節税にもなるし、海外で起業するより行政手続きなども圧倒的に楽です。途上国と比べれば安心感もあります。

そこで、海外のある場所に定住し、海外で結婚・子育てをし、老後も海外で過ごしながら、年金保険料を支払い、老後は年金を受け取り、そしてもし事故や病気で障害を負った場合は、障害年金を受け取ることは可能でしょうか?

投稿日時 - 2019-03-25 10:36:43

QNo.9600368

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-