こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

山に鉄杭を打ち込んだ日帝、日本の奴らは天罰を受ける

日帝が韓国の精気を抜くために、山々の山頂に鉄杭を打ち込んで廻ったと、今でも韓国では広く信じられているそうです。
でも今では測量のための杭であったことがわかっています。韓国では今でも測量はないのですか。

投稿日時 - 2019-03-13 09:08:52

QNo.9596390

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

アメリカには地球は丸くはなく真っ平らだと主張する団体があります。アポロの月着陸は嘘で、メキシコの砂漠で撮影したものと信じる人がたくさんいます。神を否定するダーウインの進化論を学校教育で禁止している州もあります。似たようなものでしょう。でもそのデタラメの延長線を国際政治に利用する国は韓国ぐらいかも知れません。

投稿日時 - 2019-03-13 11:50:18

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-16 13:58:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

>韓国では今でも測量はないのですか。
現在あるかないかという問題ではありません。
風水という古代中国で生まれた土俗信仰に基づいた都市伝説です。

風水は日本でも京都の町はこの風水に基づいて造られたという説があります。
現在でも家を建てる際に玄関の位置やトイレなどの位置が良いとか悪いと言って気にされる方もいます。
あるいは敷地のどの方角が鬼門だからどのような植栽を植えなければならないとか植えてはならないなどということを気にする方もいます。
台湾や韓国では日本以上に根強く残っています。
さすがに日本では地脈(龍脈)までは残っていませんが韓国では残っていて信じている人が沢山います。
地脈(龍脈)を信じていますので併合時代に日本が地脈(龍脈)を断って朝鮮民族の民族精気を奪おうとしていたという説はなかなか消えません。
併合当時には鉄道敷設のための土木工事に対しても言われ反対運動も起き朝鮮総督府も悩まされました。

さらに日本が朝鮮あるいは韓国に対してやったことは全て悪であるとする思想がありますので、併合時代に三角測量の標識と称して地脈(龍脈)を断っていたという説が都市伝説として残っていても不思議はありません。
参考
日帝風水謀略説 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/日帝風水謀略説

投稿日時 - 2019-03-13 19:08:42

お礼

なるほどなるほど、風水ですか。ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-13 21:48:29

ANo.2

>日本に限らず世界でもそんな馬鹿丸出しの恥ずかしいことを臆面も無く主張するのはいないでしょう。

そうだと良いんですけどね。

~信じられているそうです。

だからまずこれを鵜呑みにせずに事実確認をしていないのなら、同じ事だという意味です。

投稿日時 - 2019-03-13 09:33:29

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-16 13:59:54

ANo.1

特に韓国に限ったことではなくて日本でも言えるし他のどの国でも言えることですが、言われたことを鵜呑みにするだけで、自分で考えないバカが多すぎるだけです。

投稿日時 - 2019-03-13 09:10:27

お礼

日本に限らず世界でもそんな馬鹿丸出しの恥ずかしいことを臆面も無く主張するのはいないでしょう。ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-03-13 09:24:29

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-