こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

青色申告について

お世話になります。
個人事業主の保険外交員です。
2年前から青色申告で65万円控除を受けていました。
今年は忙しくて貸借対照表が間に合いそうにないので、提出を諦めて10万円控除にしようかと思っています。
一旦、10万円控除にしてしまうと、もう来期からは65万円控除は受けられなくなるのでしょうか?
貸借対照表が今年抜けると、来期も出来なくなりますよね?
お詳しい方、ご回答宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2019-03-10 02:45:04

QNo.9595351

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

貸借対照表だけに限れば、継続が必要でもありませんので問題ないと思います、たぶん。
ざっと作って提出して、あとで修正して申告するという手もあります。税額が増える場合は延滞利息を取られまずが、税率10%として6.5万の節税分に比べれば、比較的には安上がりとなります。

参考URL:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2072.htm

投稿日時 - 2019-03-10 07:19:40

お礼

早速のご回答ありがとうございました。
たいへん参考になりました。

投稿日時 - 2019-03-10 21:10:01

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-