こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

心の声を書かない三人称視点の小説を探しています

たとえば「主人公は悲しいと思った」と心の内を描写せず、「主人公は悲しそうに顔をゆがめた」のように、客観的に書かれた文章で物語が進む小説です。それでいて読者の感情を揺さぶる文章表現や内容だと、なお良いです。

※上記の「悲しそうに」という書き方は、いわば語り手の主観(心の声)ともいえますが、これはあっても問題ないです。登場人物の心が直接描写されない作品をお願いします。
また、主人公の心の声は書くが、別の人物の視点に移った時は心の声を書かない、という小説でも構いません。

投稿日時 - 2019-03-04 20:10:16

QNo.9593691

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そういう語り口で有名なのはアーネスト・ヘミングウェイとダシール・ハメットです。

投稿日時 - 2019-03-05 06:32:07

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

それは教科書にも書いてあったけど ごく普通に いい小説は「悲しい」と書かないと。
子供を亡くした母親が「悲しい」と言うのではなく 子供のいない部屋の情景を描写することで 読者に哀しみを感じさせる。

投稿日時 - 2019-03-05 09:43:55

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-