こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

不動産投資について

年収360万ほどのサラリーマンです。
貯金がある程度貯まってきたので、現金以外の資産を検討しています。

先日、紹介された信頼ある不動産投資の営業の人に話を聞いてみると、なかなか悪くないと思うようになってきたので、購入の方向て考えています。
ワンルームマンションの部屋を購入するというやつです。

考えられるリスクとしては空室期間が一番ですが、仮に家賃下落で持ち出しが発生しても、節税分で十分賄えると予測しています。(それくらいいい立地だったので…)

ワンルームマンションの購入なので、安くはないですが、資産形成ということで持ち続けたいのが本音です。

ただ不安材料が、今のこのビジネスモデルが流行なことです。
東京、名古屋、大阪といった都市に集中しているところに目をつけたモデルですが、少子高齢化が進むにつれ、これらが通じるかどうかも不明です。
手堅い物件であるだけに悩んでいます。

投稿日時 - 2019-02-24 12:15:35

QNo.9591113

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

節税効果で赤字を埋める考え方自体、すでに予想を下回る経営状態に陥ってもいいということではありませんか?
長年大家を手伝ってきました。原状回復費用や設備更新など所有者負担の経費はバカになりませんし、入居者が居るなら即対応が求められます。
1棟だけ所有の大家は給湯が壊れただけで音をあげ売ってしまいましたが、数棟持っている経営者は入れ替わりごとにキッチンと換気扇も新調するので入居者が途切れたことがありません。
築15年を超えると定期の大規模修繕以外に数10~100万単位で臨時の修繕費負担が発生することがあります。それらの準備資金がある、あるいは担保物件で追加融資が期待できますか?
年間収入-諸経費÷物件価格+購入時の諸経費×100=実質利回りですが
この諸経費が一気に跳ね上がる事態が起きたら持ちこたえられない場合は危険だと思います。

それと資産形成目的のほうも、はっきり言っていずれの時点でも売却益が出ないような物件は資産としてはマイナスでしょう。
不動産投資は試しにやってみるにはリスキーすぎます。投資会社も融資元銀行も絶対に損をしない仕組みになっているのですから、売主側の営業トークはまず疑ってかかること、融資を受けるならおカネを貸す側の話だけでなく失敗例をしっかりリサーチしてからお考えになってはいかがでしょうか。
前向きな回答でなくてすみません。

投稿日時 - 2019-02-24 14:27:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

こんにちは。
うーん、区分ねぇ。

家賃下落で持ち出しが出ても節税分で賄えるって、それはすでに赤字覚悟と言うことですよね。
どうせ不動産投資に興味を持ったなら、不動産投資の書籍を10冊くらいじっくり勉強してみてはどうですか?
いろんな分野の10冊くらい読むと、まあ8冊くらいには「区分はもうからない」って書いてあります。
もちろん、区分を中心にやっている人もいますが、あなたが検討しているような物件は買いません。
そういう物件を買うのは、本業とか別の物件でかなり儲かっていて、付き合いでこれも買ってやるかというレベルの人です。

本を読んで勉強してから、再検討しましょう。多分、その物件を買わなくて良かったなぁとなるでしょう。
ああ、ネットで勉強したとかいうのは、本を読んでから言ってください。

投稿日時 - 2019-02-24 13:47:35

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-