こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「戦争犯罪の主犯の息子」=今の天皇

つい最近韓国の文喜相国会議長が天皇は慰安婦問題等で謝罪すべきだと主張し、日本では騒ぎになってますが、彼は加えて平成天皇を「戦争犯罪の主犯の息子」だとしました。
この「戦争犯罪の主犯の息子」についてはどう思われますか。

ちなみに私の考えは、事実は全くその通りだと思いますね。
昭和天皇によって国の内外で数百万~一千万人超が殺され、しかし終戦後は米軍・米国にベッタリと貼り付いた。
戦前戦中戦後全てを自分と自分の血筋が生き永らえるためにだけ生きた話にならん男です。

平成天皇が重大な戦争責任を感ずるのは当然でしょう。テテオヤがなんも感じてないどころか原爆投下さえほめそやかすかのような日本人の敵ですから。

投稿日時 - 2019-02-13 19:16:06

QNo.9587462

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

昭和天皇は、軍部の暴走で戦争し始めた太平洋戦争を報告も挙がってこなかったとはいえ、決めたのは自分だとおっしゃいました。
そのために勝手に軍部がやったこととはいえ、戦争責任は自分だけが負うから処罰は自分だけにしてくれ、とGHQに進言されました。
しかし結局は天皇はお飾りで、軍部の暴走だったのはアメリカも見抜いてましたよ。
それでも戦争犯罪の主犯なのでしょうか?

本物の戦争犯罪者の半分は、アメリカの言いなりになり、東京裁判を逃れたり、岸信介・中曽根康弘・正力松太郎のように戦犯になった後に赦免されたりしていますよ。
本当の犯罪者は、天皇への報告もせず、勝手に突き進んでいった軍部や官僚、政治家にいます。

昭和天皇も今生天皇も戦争責任は感じています。
宮家の存続のために生きてきたわけではありません。
もう少し歴史を勉強しましょう。
それでは歴史も知らない、人間のクズ安倍やアホのネトウヨと同じですよ。

投稿日時 - 2019-02-13 22:43:28

お礼

回答どうも。
そもそも戦前の体制自体に問題があって、その体制の上に無責任に乗っかって現人神然としていた所から昭和天皇の責任があるわけで、その後引き続いて数百万~一千万人超の内外国人を理不尽に殺しせばどうあがいても戦争責任からは逃れませんよ。
形式上戦争責任逃れたように見えるのは、無条件降伏時に天皇を存続させ免責する、という条件が認められたのでホイホイそれに乗っかったという、条件付き降伏だったからです。

我々日本人は、当時日本国籍を持つ朝鮮半島人も含めて、昭和天皇に(その男を主として仰ぐ体制に)虐待され弾圧されてました。
日本兵が困窮尽きて弾幕の中を突撃する際に何と言って死んでいったか分かってますか。
「天皇陛下万歳」と叫びながら皆死んでいったのですよ。無駄死にですよ。
我々は奴隷的境遇の中において戦うことを望まずそこから脱出の手段もなく反抗の手立てもなく、ただただ死んでいったのです。「天皇陛下万歳」と叫びながら。稚拙な戦略・戦術の犠牲になって。
沖縄では民間人を多数含めた集団自決がまかり通った。

何のためですか。天皇陛下のためですよ。天皇はそういう体制のトップにあって、その体制を認め、主権者として存在していた。
後でいわれた「人道に対する罪」も包含される。到底許されるもんではありません。

投稿日時 - 2019-02-13 23:19:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

No4です。
原爆投下についての昭和天皇の意思は、終戦の詔勅に明らかです。

あなたは「援蒋ルート」って聞いたことがありますか。
アメリカは、日本の真珠湾攻撃以前から、日本に対する戦闘に参加していました。アメリカの国民をだますために(戦争はやらないと言って大統領になったから)義勇軍を装ってです。義勇軍に戦闘機がもてますかね。

昭和天皇が、自分の血筋が生き永らえるためにだけに生きた、とはどういう資料から出てくる話なのか、いや、歴史に無知な思い込みですね。

投稿日時 - 2019-02-15 11:40:56

お礼

どうもありがとうございます。

投稿日時 - 2019-02-25 15:45:53

ANo.4

当時の日本は「立憲君主制」でした。
立憲君主には政治責任がありません。
責任は、その国の憲法になんと書いてあるかによって違いますが、議会と書いてあれば議会に、日本の場合は輔弼の内閣に責任がありました。
専制君主であれば、話が違い、自分に責任があり、ただし専制支配していますから自分の勝手ですが、革命が起これば専制君主は殺されます。

初の訪米から帰国して、記者会見を行いました。この時に、場をわきまえない記者が戦争責任について質問したところ、昭和天皇は「私は文学のことには疎い」という意味のことを答えていますが、ここで言う「文学」とは、今のポエムや小説の類ではなく、明治からの用法で法学や政治学のことです。昭和天皇は生物学者であり、その方面は素人です。だからそう言って逃げたのではなく、厳密な精査のいる話であり科学的に評価に耐え得る答はできないと言ったのです。とっさにそう答えることができたのは、たいしたものです。
また馬鹿な記者が原爆投下についての感想を求めましたが、せっかくアメリカとの友好を深めて帰ってきたところに、こんな質問をする馬鹿が、当時はいたものです。当たり障りのない言葉を選びながら、友好に水をささない回答をしています。

今上(きんじょう・現天皇)を平成天皇というのは不適切です。まだ生きておられますから。退位しても元号が変わっても、まだ平成天皇とは言えません。

投稿日時 - 2019-02-14 16:34:32

お礼

どうもありがとうございます。

投稿日時 - 2019-02-25 15:46:01

ANo.3

まず歴史的な事実関係を述べれば、日本の降伏後連合国の中に、昭和天皇の責任を問う考え方があったことは事実ですが、さまざまな要素が勘案されて最終的には「戦争犯罪の被告人」として訴追されることはありませんでした。この意味で昭和天皇は「戦犯」ではありません。もちろんこれは国際政治の力学上の決着であって、歴史学の世界では現在でもさまざまな議論があるのは当然です。

ムン議長が「昭和天皇には戦争責任がある」と個人的に考えるのはもちろん自由です。(日本人の中にもそう考えている人は存在します)。しかし公的に受けたメディアの取材に対して今の天皇について「戦争犯罪の主犯の息子」と断定的に表現するのは、こうした歴史的な経緯を理解せず、また国会議長という自らの立場もわきまえない明らかに不適切な発言です。

さらに深刻なのは、国会議長という要職についているにもかかわらず、天皇に対して多くの日本人が持つ特別な感情についてまったく認識できておらず、自らの発言が日本との関係をさらに悪化させる可能性に事前に気づかなかっただけでなく、事後にもことの重大性が十分わかっていないということです。両国関係の前途に危惧の念を抱かざるを得ません。

投稿日時 - 2019-02-14 06:51:19

お礼

どうもありがとうございます。

投稿日時 - 2019-02-25 15:46:13

ANo.1

戦争犯罪?の定義が分かりません。

ソ連のスターリンのように武装解除した兵士60万人を拉致して
強制労働させたりもしていないし。

ルーズベルトのように原爆を落として民間人を大量虐殺もしていません。

一体何の罪があるのでしょうか?

国防圏を守るための自衛戦争です。

韓国が併合されたのはひとえに韓国が政情不安で事大主義で
国民のことを顧みず、その場しのぎでロシアなどにすりよったため

本来的には朝鮮国には独立して一人立ちした自主独立の気概のある国に
なってほしかったが、その意志のある人たちを弾圧し虐殺し
一部の特権層の権利擁護のために動いたため、

日本の国のことを考え、国防のために統治しただけで、別に侵略ではないのではないでしょうか?

また、日本は他の植民地宗主国が植民地から搾り取るだけ搾り取っていたのに対し、植民地を豊かにするために借金をして投資するという善政を行いました。

ここまでしたのに文句を言われるのは負けたとは言えお門違いだと思います。

勝った側(そもそも韓国、北朝鮮は勝った側ではないですが)の歴史観で一方的にジャッジした判断で戦争犯罪の指導者というのはおかしいのではないでしょうか?

マハティールしかりパール判事しかり日本を高く評価している指導者はたくさんいるし、天皇陛下が戦争犯罪者というのは歴史を知らない人の発言であることは明白です。

無知とは恐ろしいものです。

投稿日時 - 2019-02-13 21:15:17

お礼

回答どうも。
韓国の議長さんは対韓関係だけを指して「戦争犯罪」と言ってるわけではないでしょう。
そもそも韓国とは戦争行為をしなかったわけですし、それどころか韓国人民を味方に付けて共に"鬼畜米英"その他多数と戦ったわけだから。
しかし、昭和天皇が数百万~一千万人超の内外国人を理不尽に殺してきて戦争犯罪に問われないと主張する方が常軌を逸してますよ。
まっこと、戦前崇拝思想とは恐ろしいものです。

昭和天皇は日本人をも殺したのです、その中には当時の日本国籍を持つ朝鮮半島人も含まれていました。
我々が昭和天皇の戦争犯罪に日本人として言及する際、当時同じ日本人だった韓国人も同様に昭和天皇の戦争責任を追及して何かおかしいんですか。
我々はあの男に(あの男を主として仰ぐ体制に)弾圧されたんですよ。虐待されたのですよ。
全員が望んだ戦争ではなかった。

あの男はね、降伏する時、天皇を存続させて殺さない、免責する、という条件が認められたのでホイホイと降伏に乗っかったと言われてます。
性根腐りきってますね。

投稿日時 - 2019-02-13 23:01:17

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-