こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どん底

黒澤明『どん底』が、1mmも面白くありません。
巨匠のどの作品もそれぞれの素晴らしさがあるのに、これだけ例外。駄作中の駄作。ゴーリキー原作というのも彼の中では駄作らしいのに、なぜこれを映画化しようと思ったのか、そもそもが不思議でなりません。

まず、筋らしい筋が無い。起承転結もなく下層民のごたごたを描くのみ。
始まりもなく終わりもない宇宙空間を見せられているような・・・。
唯一の見どころは「江戸バカ囃」の群読だけ。前半と終盤に2回出てきます。
他は何も面白いことなし。日本映画中でも最低。そのうちに面白くなると、我慢して時間がもったいなくて、腹立たしい。

誰か、いや違うと言える人いますか。いたら何が良いのか教えてください。
(ちょっと感情的な書き込みですみません 怒)

投稿日時 - 2019-02-05 22:24:18

QNo.9585016

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

面白い、面白くないは主観の世界ですからね。私は面白いと思いましたよ。「生きる」より「どん底」のほうが好きですね。これはもう完全に主観(好み)の世界です。松本穂香ちゃんを可愛いと思うかどうかと同じですね。

最下層の労働者には、あんなオッサンがいるよなあって思います。あの本当にどん底なボロ家のセットも素晴らしいですね。東野英治郎さん演ずるオッサンもいい。最初はあの境遇を憎んでいて、俺はお前らには染まらん、一日も早く脱出したいと思っていたけれど、段々馴染んできてしまう辺りが「なんか分かるわー」って思いますね・笑。

エンタテインメント路線のディズニー映画が好きみたいな人が「羅生門」を見たら退屈で寝ちゃうでしょうしね。「映画ってのは何をやってもいい」のが映画の魅力なのだと思います。エンタテインメントからドキュメンタリーまで幅広いじゃないですか。

投稿日時 - 2019-02-06 11:30:53

お礼

好みによってどう良いかが初めて分かりよかったです。
下層社会のリアリティに感動する人がいるのですね。
自分は黒澤明が好みだと思っていましたが、多彩な作風なのだとわかりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-02-06 18:24:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

日常生活の中で 大金持ちたちはどんな暮らしをしているのか 最底辺の人たちは どうなのか 実際に見るチャンスはほとんどありません。
それを 言葉ではなく 映像で見せられるとよくわかります。
現在は先進国では社会保障の制度ができて こういう光景はなかなかありません
でもインドなどは いまだに奴隷同様の暮らしをしている人たちがいる。先祖の借金を払うために無給で重労働を課されているとか。
日本では 児童虐待 幼い少女が親の暴力で死に至らしめられる事件がよくあります。その現場はなかなか見ることはできませんが フィクションでも映像化して放送すれば 近似体験ができます。
ストーリーを楽しむ娯楽作品にはならなくても なんらかの啓蒙にはなるのではないかと思います。

投稿日時 - 2019-02-06 13:39:26

お礼

ドキュメント性をどの程度含んでいるかにもよります。荒唐無稽な映画もありますからね。脚本段階での取材不足とか構成力不足とかで。
回答をありがとうございます。

投稿日時 - 2019-02-06 18:40:16

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-