こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

税込みではない?

 有識者様! 教えてくださいませ。
 以下の3点は 非課税?
(1)ギフトカード
(2)商品券
(3)切手
 なら
いつ発生して 誰が負担するのかしら??
 あいまいな理解しにくい決まりですこと・・・

投稿日時 - 2019-02-05 10:47:02

QNo.9584857

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

はい、非課税です。

考えて見れば判ると思うのですけど。
ギフトカード商品券、切手はそれで消費したわけではありません。

ギフトカードで交換するときに消費税が引かれます。
商品券も同じ。

切っても張り付けて使用するときに消費税分が取られます。

ですからそれぞれの金券は、金券自体で課税してしまうと、二重課税になってしまうわけです。

たとえば。1000円の商品券に課税した場合。

1000円に対して、80円の消費税がかかるわけです。

そして、その商品券で品物を買うときに、また、品物の代金と消費税を払います。
1000円の物であれば、1080円になりますから、1000円の商品券と80円の現金などで払うわけです。

そうなると、合計で。1000円の商品しか買っていないのに、160円の消費税を払う事になわけです。

商品に引き換える時だけ消費税抜きにすると言う事になると、扱いが煩雑になる為、途中の金券段階では消費税は掛けずに、最終的の支払いの所だけにする。と言う考え方です。

あいまいでなく。はっきりとしていて、明確になっていますよ。
金券などの状態ではしょうおひぜいは掛けず、品物に変わる時にだけかける。

電子マネーや、デポジット式のプリペイドカードでも同じです。

切手は、使われる額が決まっていますので、それに合わせた税込み価格の物になって売るだけで、ビール券なども同じように税込み価格の券を、消費税は非課税で販売をしていますからね。

投稿日時 - 2019-02-05 13:13:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.3

こんにちは
細かく申し上げますと
(1)(2)の発行は「不」課税
       譲渡は「非」課税
(1)(2)を使ってものを買うと、その物によって課税非課税があります(大体、課税)

(3)は郵便局若しくは郵便局から委託を受けている印紙売捌所(コンビニや本屋さんが多いかな)が売るのは「非」課税
チケットセンターなどが売るのは「課税」
ただし、切手を購入した場合は、郵便はがきに貼るのを前提に「課税仕入」にしてもかまわない。

ややこしいですがご参考になれば^^

投稿日時 - 2019-02-05 11:52:05

ANo.2

切手は額面が消費税込みですね。だから半端な数字になってます。昔は10、50円とか切りが良かったのに。
10月にまた値上げかな。

投稿日時 - 2019-02-05 11:41:25

ANo.1

https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/6229.htm
ご一読下さいm(_ _)m

参考URL:https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/6229.htm

投稿日時 - 2019-02-05 11:04:02

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-