こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

江戸時代ってどういった時代でしょう⋯

タイトルにもある通り、どんな時代なのか分かりやすく教えてください。
また、江戸時代は封建社会が崩れ落ち、明治から大正時代にかけて民主主義の国になったのでしょうか、答えて頂きたいです。ぜひよろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-01-29 18:20:08

QNo.9582632

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

一言で言うと 「稀に見る 平和が長く続いた時代。」
その結果 さまざまな文化が爛熟していった時代。
絵画 文学 演劇 工芸 など

投稿日時 - 2019-01-31 19:25:53

ANo.3

私の意識では、平和な時代で 文化が栄えた時代と認識しています
サヨク的には、封建制で一揆が有り 身分差別の時代でしょう

明治に成ってから、国民皆兵の時代に成りましたね

投稿日時 - 2019-01-30 13:00:51

ANo.2

江戸時代、270年間という長い年月一言では言い表せません。
徳川家康が江戸に幕府を開いた時、大阪には豊臣氏が関白として鎮座して
いました。それを家康が大坂冬の陣、夏の陣で滅ぼして名実ともに江戸が
日本の中心となりました。しかし、朝廷のある京が上で江戸が下という
関係は覆りません。
三代将軍、家光の時代になると幕府の権力を全国の藩に知らしめるために
参勤交代の制度を施行しました。と同時に禁キリスト教の政策は熾烈を
極め、各地でキリスト教信者が処罰(十字架に掛けられ槍で刺殺)されました。
それに反発した長崎のキリスト教信者の反乱が島原の乱です。
天草四郎を総大将に雲仙、長崎で奮戦するも最後は原城籠城戦で全滅。
この戦いで幕府のキリシタン弾圧は勢いを増し、日本にキリスト教の灯は
消えました。
五代将軍綱吉の時代は、いわゆる犬公方と言われるほど生類憐みの令が
全国に布教し、人間より犬が大事。という変な政策が行われました。
しかし、忠臣蔵で有名な赤穂藩取りつぶしによる、吉良邸討ち入り事件が
あり武士が武士であるという確固たる意志を示した時代でもありました。
この時代は、元禄時代で華やかな江戸文化が花開いた時でもあります。
松坂屋、松屋、高島屋、伊勢丹などの反物屋が江戸で開業し、隆盛を極めた
時でもあります。現在のデパートの前身です。
各地の大名は、この頃になると度重なる参勤交代に掛かる金の工面に四苦
八苦するようになります。すると士農工商などという身分制度に構って
いられず商人に金を借りるようになります。これは、幕末まで続きます。
八代将軍、吉宗の時代になると、各地で飢饉が続き幕府の財政にも危機が
迫ります。そこで享保の改革を行い、贅沢の禁止などを庶民に強います。
すると、華屋与兵衛など江戸前寿司の店は反発し、華やかな細工寿司など
を出しますが、それが幕府の目付け役に見つかり与兵衛は捕縛され、牢に
入れられてしまいます。
幕末になると、ペリーが浦賀に来航し幕府に開港を求めます。大老井伊直弼
は攘夷派を厳しく取り締まり、打ち首にする者100人を超えるほどの
強権政治を行います。しかし、桜田門外の変で命を落とします。
すると、薩長同盟の勢いが大政奉還を為した旧幕府に迫り、江戸城無血入城
東北羽越への派兵、会津の降伏、蝦夷の陥落と続き、ついに明治新政府の
樹立となったのです。
その時、長崎では明治政府が建てた大浦天主堂で、隠れキリシタンがプティ
ジャン神父に「ワタトノムネ、アナタトオナジ」と言ったのです。
つまり、迫害されて隠れていたキリシタンが、明治時代に発見されたという
奇跡の神話が生まれた時でした。
江戸時代とは、こういう奇跡を見せていた時代でした。
しかし、見せたのは幕府ではなく、地方の藩又は庶民でした。

投稿日時 - 2019-01-29 20:48:56

ANo.1

ものすごい大雑把な丸投げの質問ですが・笑、ものすごい大雑把に丸投げで返すなら「時代劇に出てくる時代」です。
江戸時代は約200年続きますが、時代劇で扱われる江戸時代っぽい時代は、幕末からそのちょっと前くらいの時代ですね。文化文政の時代から後ろですね。
日本人にとっては、最も居心地がいい時代のひとつであったと思います。思想的自由はありませんし、しがらみも強い。能力主義ではなく、とにかくつつがなく過ごすことが重要な減点主義の時代でもありました。しかしその代わり、今の若者が熱望する超絶安定社会でもありました。安定しているというのは、変化がない(変化が許されない)ということでもあります。でも戦争はなかったわけですし、町人文化も栄えました。今の日本にある文化は、全て少なくとも江戸時代にはあったと断言してもいいくらいです。葛飾北斎という浮世絵師が「北斎漫画」というものを描きました。漫画という言葉はここから始まっています。元祖AKB48も江戸時代にありました。「会いに行けるアイドル(茶屋娘)」がいて、そこの茶屋の周りにはその娘のグッズを売っている店があったのです(本当)。その茶屋娘には、秋元康氏のような仕掛け人のプロデューサーがいました。
ハロウィンのようなコスプレ祭りもありましたし、大食い競争もあちこちで開かれていました。

>明治から大正時代にかけて民主主義の国になったのでしょうか

それはないですね。明治政府は「大日本帝国」なので、立憲君主制です。あの頃に純粋に民主主義の国といえたのは、アメリカ合衆国と共和制のフランスくらいです。ロシアとドイツは帝政、イギリスやイタリアは王政です。イギリスはもうこの頃は「君臨すれども統治せず」かな?
だから幕末の頃は「王様や皇帝がいる」というのは日本はもちろん世界中どこでもほぼそれが常識でして、日本(江戸幕府)がアメリカ合衆国という国を知ったとき「なぬ?亜米利加では王や皇帝が存在せず、君主(大統領)には誰でもなれて入れ札(選挙)で決めるとな?なんつー野蛮な国だ」とびっくりしたのです。
第一次世界大戦後、ロシア帝国とドイツ帝国は崩壊、ドイツは共和制国家となり、ロシアでは社会主義革命が起きて、まあそういう意味ではロシアがソビエト連邦という民主主義国家になろうとしようとした時期がありました。ソビエト連邦はより良い民主主義を実現するための一時的な方策として一党独裁制を認めたのですが、そこから民主政治への移行はやっぱりできませんでしたな。世界で唯一社会主義革命が成功したのは日本国だ、なんていうブラックジョークもありますな。

投稿日時 - 2019-01-29 19:34:27

お礼

ありがとうございます。丸投げの質問すみませんでした⋯。

投稿日時 - 2019-01-29 20:29:55

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-