こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

JR料金の行き帰りの違いについて

先週の金曜日に上野駅から新幹線(自由席)で高崎駅まで行き、信越本線で磯部駅まで行きました。
行きの料金は、上野―高崎間をクレジット払いで¥4,200、磯部駅で不足分をスイカ払いで¥320 支払いました。合計¥4,520 。
帰りは磯部駅の窓口で「高崎から新幹線自由席利用で上野駅まで」と告げて切符を購入しました。その際の料金は¥4,740でした。
行きは¥4,520 だったのに対して、帰りの料金は¥220 高い¥4,740 と差があるのは何か理由があるのでしょうか。

投稿日時 - 2019-01-29 10:37:05

QNo.9582539

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは


切符はご覧になっていますか?

高崎→東京
になっていませんか?
単純に考えて
駅員さんが、上野=東京と判断して
特急料金が加算されたものと思われます。
上野から東京駅の分

4740円 東京駅
4520円 上野駅

受け取った時に切符を見て確認されたらよかったですね。
もしくは、車掌さんに確認された方がよかったかもしれません。

投稿日時 - 2019-01-29 20:12:37

お礼

回答いただきありがとうございます。
切符の内容を確認すべきでした。

投稿日時 - 2019-01-31 21:19:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.4

支払った金額に差が生じたのは、行きは高崎までの乗車券を乗り越し精算したため、1枚の切符として通算した運賃が適用されなかったからです。
多くの方にとって、運賃の乗り越し精算というのは、出発駅から目的地までの運賃と手持ちの切符の運賃との差額という事例が多いため、差額精算が普通で、1枚の通し切符として買った場合と支払金額が異なる事例が発生するなんてことは夢にも考えないのでしょう。しかし、JRの場合、遠距離で経由の複雑な乗車券の変更を行うときにすべてのコースの運賃計算をやり直すことが事実上不可能(実際、今のシステムでも一定上の経路数を超える、特例条件が複雑に絡むなど、システムの限界を超えて、運賃計算を手計算でしないと発券できないケースは普通に存在します。その場合、通常停計算で運賃計算をしていないため、再確認が必要など、相当な時間がかかります)なこともあるため、変更する部分だけで運賃計算をし、その部分のみの運賃の差額を請求するという方法が適用されるケースがあります。その適用条件は遠距離切符かどうかです。要するに当日限り有効の片道乗車券の場合は、乗り越ししても差額精算になりますが、有効2日以上の片道乗車券は、差額精算が適用されず、変更区間のみの運賃計算となります。質問者様の場合、上野(東京山手線内)→高崎の乗車券は新幹線経由の場合、東京近郊の特例が適用されない101km以上の乗車券のため有効日数が2日以上となり、途中下車が可能となる代わりに、乗り越し精算は差額精算になりません。変更区間の比較とは、高崎までの乗車券1940円を高崎より遠方の磯部までの乗車券に変更するので、変更区間の運賃である高崎-磯部の運賃320円を請求するという形になります。(これが新幹線経由前橋までの切符を磯部までに変更する場合、高崎-前橋を高崎-磯部に変更することになり、高崎-前橋と高崎-磯部の運賃差額を精算することになります。ちなみに、高崎まで在来線経由で買った場合は、有効当日限りの乗車券となりますので、磯部までの運賃と手持ちの切符1940円との差額になります。)

要は、遠距離の切符を乗り越ししたことにより、意図せず高崎で分けた2枚の切符を買ったのと同じことになったわけです。一般的には1枚の切符で買える区間を2枚に分けて買うと、割高になることが多いのですが、JRの場合、同一運賃の区間のキロ数が長いため、分けて買ったほうが運賃が安くなる場合もあります。(これについては「分割乗車」などをキーワードに検索すればいろいろと出てくるはずですし、この質問板でも乗車券を分割することについて多数の質問が出ています)

理屈は上述の通りですが、本質問の本来の回答は、「わかりません」です。
というのは、ゆきは、質問者様の仰る通り、初めに買った乗車券が乗車券1940円、自由席特急券2260円の合計4200円、乗り越し運賃(高崎-磯部間の運賃)320円で合計4520円に相違ないのですが、帰りの金額が本来の金額と異なるのです。
本来の金額は
磯部-上野(東京山手線内)乗車券(運賃):2270円
高崎-上野自由席特急券(料金)     :2260円
で、合計4530円になるはずです。
ですので、本当に質問文の通り申し出て、その通りの切符を買っていたら4530円になるのです。
ですが、それより210円高い4740円になっているので、質問者様または駅員のどちらかが何らかの勘違いをしていた可能性が高いです。
質問者様が勘違いした場合、あらゆる可能性があり得るので、どうしてそうなったかは、わかりません。
特急券絡みの金額で、一番勘違いが多いのは指定席なのに自由席と勘違いしていたなど、自由席・指定席の勘違いなのですが、本区間で自由席-指定席の差額が210円しか発生しないケースはありません。
可能性として考えられるのは、新幹線の特急券を「上野」までではなく、「東京」まで、にされたからではないかと思います。
各地から上野、東京で新幹線特急券に差が出るなんて多くの方は気づいていないかもしれませんが、国鉄末期に東北上越新幹線が東京まで乗り入れた時、その始発駅は上野であって、東京ではありませんでした。それではやはり不便ということで、高い建設費を出して、東京まで延長させましたが、(当時、国鉄は大赤字でしたから)その費用負担を乗客にも求めるため、東京までの特急料金は上野までの料金に一律200円プラスとしたのです。それがJR後も継承され、さらに消費税の関係もあって、一律プラスは現在210円になっているようです。
運賃の方は東京駅から101km~200kmまでの区間に限り、東京駅までのキロ数で運賃を計算する代わりに、山手線内のどこの駅からでも同じ運賃とする特例が定められています。(ちなみに201km以上は東京都区内=23区内のどの出来でも同じ運賃とすると区内の特例があります)
先ほどから説明もなしに上野までの運賃を(東京山手線内)と書いていたのはそのためです。
磯部-上野(東京山手線内)乗車券(運賃):2270円
高崎-上野自由席特急券(料金)     :2470円
で、東京着にすると合計4740円になってしまいます。

ここからは想像です。
係員は、質問者様の依頼を受け、上野までの乗車券と端末に入力した、そうすると山手線内適用のため、画面上の着駅は東京駅となった、そのまま特急券の発行操作も行ったため、特急券は上野までではなく、東京までになった。
先ほど、上野と東京では料金が異なると説明しましたが、近年の若い社員ではそのことをちゃんと意識しておらず、東京までの特急券が出ても金額的には問題がないと思い、そのまま客に渡した。
あくまでも想像です。東京だと割高になることを知らない前提なら、最初から乗車券特急券とも東京着で操作したのかもしれません。

これが事実なら、係員の誤操作で、本来払うべき金額より210円も多く払ったので返金してほしいとJRに言うことは可能ですが、JRの態度はこの手の請求にひどく冷たいという噂も聞いております。(まあクレーマーまがいの理不尽な要求もかなり多いようですから同情したくなるケースもあるでしょうけど)
また、客の方に無知があったとしても、形式上は切符を渡すときに「この切符でいいですよね」的な確認はされているはずです。(実際私の場合、態度のいい悪いは別として確認されなかったことはありません)
その時に、特急券は上野までですけどと言えば、そのようなことにならなかったかもしれません。
今後は、形だけの確認であっても、切符を受け取る際に自分の言った通りのものか確認はしましょう。同料金のために遠方の駅名が表示されるケースもあるにはありますが、最近の端末発券でそのようなケースは少ないし、そうであれば、そういう説明があるはずです。
このような、相手の確認に対してちゃんと確認するというのは、電車に限らず、多くのケースで重要です。わかりやすいのがお釣りの過不足で、たいていの場合、もらったときに確認したことになるので、あとになってからの申し出は明白な証拠でもない限り、受け付けてもらえません。

投稿日時 - 2019-01-29 12:59:14

お礼

回答いただきありがとうございました。

投稿日時 - 2019-01-31 21:21:37

ANo.3

行きの値段は正しい。
しかし帰りの値段は磯部から東京までになっています。つまり新幹線自由席で高崎から東京まで行く値段です。上野までであれば4530円です。
なお行きが4520円で帰りが4530円なのは,行きは料金計算を高崎で分割したためです。

投稿日時 - 2019-01-29 12:43:38

お礼

回答いただきありがとうございました。

投稿日時 - 2019-01-31 21:23:29

ANo.2

まず、料金は大都市近郊区間など一部の例外を除き、乗り越した場合と初めからその区間で買った場合は計算方法が違います。乗り越した場合は初めに買った駅で降りたものとして扱い、その駅から実際に降りた駅まで改めて買いなおしたものとして計算します。そのため、二つの区間で分けたほうが安いという区間も多くあります。長距離になるほど同じ料金の区間が長くなり、境界の駅を超えて上がる金額も一挙に増えるからです。短区間であれば少しずつしか増えません。

投稿日時 - 2019-01-29 11:09:52

お礼

回答いただきありがとうございました。

投稿日時 - 2019-01-31 21:24:10

ANo.1

JRでは、指定席特急料金のシーズン別料金に違いがあるからかもしれません。

投稿日時 - 2019-01-29 10:59:33

お礼

回答いただきありがとうございました。
同じ日の行きと帰りの切符なので、シーズン料金は同じかと思います。

投稿日時 - 2019-01-31 21:25:55

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-