こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本医師会の「診療情報の提供に関する指針」

日本医師会が平成14年10月に「診療情報の提供に関する指針」を出されています。この指針について、次のことを知りたいのですが、それを問い合わせる機関とそのアドレスを御存じの方はいらっしゃいませんか?
(1)同指針での基本理念および用語は、現時点でも有効かどうか?(以下は、有効と措定しての質問)
(2)同指針の第2-1項「この指針で使う用語の意味」では、「診療情報」を「診療の過程で、患者の身体状況、病状、治療等について、医師またはその指揮・監督下にある医療従事者が知り得た情報」と定義している。ここでいう「診療情報」は、私たち患者が初めての医療機関を訪ねるときしばしば提出を要求される「診療情報提供書(紹介状)」の「診療情報」と同義と考えて良いかどうか?
(3)同義と考えて良いなら、患者に「診療情報提供書」の提出を求めた医療機関は、その患者を別の医療機関に紹介しなければならなくなったとき、どのような「診療情報提供書」を作成すべきなのか? すなわち、既に患者が提出している「診療情報提供書」に、自分の所で生じた「診療情報」を付加したモノを作成する(実際はCDに焼き加えるだけ?)ことになるのだろうか?
 実は、既に下記の2機関に、以上のことを問合せています。しかし下記のように、実に遺憾なことですが、私が住む「県」では回答が得られません!
(1)県の医療安全支援センター:「医療法第六条の十三」に基づいて設けられた公的機関で、その職務の一つに「医療の安全に関する情報の提供、意識の啓発等を行うこと」というのがあります。しかしながら、別件で同指針について私が触れたとき、同センターは「当該指針は日本医師会が独自に定めているものであり,当センターは意見できる立場にはございませんので、こちらについては医師会にお問い合わせいただければと思います」というゴ指導をメールで下さいました。
(2)県医師会:上記のセンターのゴ指導にしたがって、県医師会の事務局にメールで問い合わせました。しかし私が医師会会員ではないせいでしょうか、メールを送信してから1ヶ月経ちましたけど、ナシのツブテです。

投稿日時 - 2019-01-15 12:21:12

QNo.9577997

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まず。診療情報提供書と診療情報とは違います。診療情報提供書は医療機関から他医療機関への文字通り紹介状です。患者さんが望めば見る事はできますが、患者さんと医師との信頼関係に問題が生じる事が多い。
診療情報とは医師法に記載された診療情報の提供等に関する指針における
患者さんの診察や検査などで知り得た情報のことです。患者さんが自分の受けた診断や検査、治療が適切であったかどうかを知るために開示を請求する情報のことです。
https://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/06/s0623-15m.html おそらくあなたの回答になると思います。これは厚生労働省の策定案に先んじて医師会発表したものです
うたい文句は良いのですが、結局の所医療ミスの隠蔽を防ぐ目的です。しかしながら現実は正式な手順を踏まずに開示を強要したり、感情論の問題(医師が気にくわない等)で利用される事も多く、なぜ指針?どまりなのかは分かりかねます。
あなたのお読みになられたhttp://www.med.or.jp/doctor/member/000318.html。これは厚生労働省の案に先んじて医師会発表したものです。これに関して医師会はこの指針に従います旨を出しております。あなたのお読みになった日本医師会の指針は医師会の姿勢を表示しているだけなので、おそらく患者さんが適切な手順で診療情報の開示を望まれた場合拒絶せず開示しなさい程度のことしか説明出来ないのではないでしょう。尚平成16年の厚生労働省は指針を成文化しており、現在も継続しています。
診療情報の提供等に関する指針は国立病院等も同じ旨の指針を公表しております。

投稿日時 - 2019-01-15 23:55:37

お礼

丁寧な御説明ありがとうございます。しかし何故、「この種の案件」は、「うたい文句は良いのですが、結局の所医療ミスの隠蔽を防ぐ目的です。――、感情論の問題(医師が気にくわない等)で利用される事も多く、――」という傾向の話になってしまんでしょうかねえ? 医師と患者の信頼関係・・・・・・理想論になるんでしょうか?

投稿日時 - 2019-01-21 07:33:02

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

基本的な話になるのですが。

医師会は、国の組織ではないので、そこが定めている指針などは、法的制限はかけられていないと思います。
また、法律ではない指針ですので、こうやったら良いでしょう、と言うものであり、それに従えとしているものでもないということになります。


そういうものに対して、そこでこう書かれているんだから、どうなんだ。と大上段に食ってかかられたら、「答える義務はございません。」で、終わりになるだけです。

何をどうしたいのか分かりませんが、
はっきり言って、そういう一般の人には直接関係ないような医師会の指針などを盾にとって、こうしろ!と言う様な事をすると、普通は、病院や医師会などは、反発してこじれる話になります。

投稿日時 - 2019-01-15 13:12:46

お礼

早速の応答有難うございます。貴殿が仰る「医師会は国の組織ではないので、・・・・・・、法的制限はかけられていない」ことも、更にいえば〝指針であるので、個々の医師がそれに従う義務は必ずしもない〟ということも、私は若かったとき国家公務員だったので、それなりに承知しているつもりです。
私がこのような質問を出したのは、日本医師会という「世界の何処に出しても恥ずかしくない確かな組織」がそのような指針を示されたということは、その用語や文章の一つ一つの解釈を熟考されているに違いない、と信じるからです。そして、その解釈(医師会には失礼ながら、たとえ法律のように確かなものになってはいないとしても)を知りたいと思ったからです。
また、「その指針を盾にとって・・・・・・」といった敵対的用途につかう気は毛頭なく、「その指針が言いたいことを理解したい」という云わば友好的な気持ちでこの質問を出したことは、誓って申し上げます――変な風に誤解しないでいただきたい。

投稿日時 - 2019-01-15 22:47:35

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-