こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

気を使っても消耗しないやり方は?

気を使っても消耗しないやり方は?
自分の気が仕事や家庭などで、
参ってしまっている時に、そういう時こそ気功をいつも通りのエネルギーで使いたいのに、気が弱ってしまい、弱い気しかでなくて自分の体をケアできてないです。そもそも、医療気功の気と自分が使っている気の種類がまちがっているのではないか?とか考えてしまいます。
なので、思考錯誤しながら練習します。
ただ、パワーがもともとはなかったので、また、しばらくやったいなかったら中丹田が弱くなってしまっていたりしたので練習するのですが、気を消耗しきってしまい、次の日は弱い気しかない・・・という連鎖の日々です。
今は、運動させて気の通りを良くするために、
武術気功を習っているのと、

通勤中に立禅をetymotic researtch社の
インナーイヤー型のイヤホンで外の音をほぼ遮断して(音楽は流さず)目の焦点をずらし変性意識にすると、より集中、感覚が鋭敏になるので、それを毎日、1時間半くらいでしょうか・・・。

ぐだぐだな文章になってしまいましたが、
私の底辺生活が将来は、
これ以上の格差になっていく見通しなので
本当によろしくお願いいたします。

なお、「気は存在しない」という意見ばかりが多いのですが、今はCTとキルリアンを合わせた装置で検出可能です。

投稿日時 - 2019-01-13 23:44:34

QNo.9577413

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

氣を使い人を癒す仕事をしています。
文章を読んだ限りでは、メンタルトレーニングを併用した方が良いように感じました。

私の氣に対してのスタンスですが、科学的に証明されなくても
治ればいいじゃん。治ったら氣のせいってことで。です。
ゆる~くお氣楽に、お付き合いください。

氣が体の外に向いてたら外向的。内に向いてたら内向的。
文字通りの意味になりますが、精神状態、気分は連動しています。
時間が経つのを忘れるくらい楽しい時や、イケイケで仕事してる時は、疲労を感じにくいです。
往々にして、氣を外側に発してる時です。
逆も同じことが言えます。お分かりいただけると思うので割愛。

外側に氣を発しているのに、疲れないのはなぜか?
アドレナリンや各種ホルモンの働き。と言ってしまうとそれまでですが・・
知らず知らずのうちに、氣を吸って補っているからなんです。
科学的に証明できませんが、どう見ても氣が充実してますし、そういうことなのでしょう。

内に向かった方が、体の氣が充実してきそうなものなんですが、
周囲の氣に惑わされやすくなります。
色で説明すると、氣を発してる時は、その人の色を出し続けていますが
内向きになると、バケツに他人の絵筆を突っ込まれ、自分の色が保ちにくくなる。
なので、しだいに弱氣になっていきます。
この状態で、ほかの人から氣をもらっても、弱氣に変換されてしまいます。
氣のエネルギーは、その時の気分に左右されることが多いからです。

他人に氣をわけて消耗する人を、いつもお風呂で喩えてます。
バスタブのお湯を人にかけてあげると、お湯がなくなります。
体が汚いまま、湯船に浸かると、お湯が汚れます。
悪い氣をもらってしまった状態がこれです。

解決法は、温泉を掘り当てる。
天の氣。大地の氣を吸えるようになれば、温泉のかけ流し状態。
お湯をかけまくっても、お湯はなくなりません。
汚いまま湯船に浸かっても、新しいお湯で流れていきます。

修行法はいろいろありますし、武術氣功を習っていらっしゃるということで
自分のやりたいように、なさったらよろしいかと思います。
上達のコツは、難しく考えず楽しむことです。
感覚からくる情報を口から垂れ流しにしながら、楽しんでください。
明るく笑顔で、ゆる~~く脱力。
イケイケの時。調子が良かった時を思い出して、
その状態を再現するように観想するのも良いと思います。

投稿日時 - 2019-01-25 16:24:47

補足

わかりました!!、百会と足心の気穴から呼吸するイメージをすればいいのでしょうか!?

投稿日時 - 2019-01-28 16:06:46

ANo.4

本々余剰は20%位らしんだけど、ストレスで使い果たすか、家系に未成仏な人がいて頼られてたりすると、がっぽり喪失するだろし(その他要因様々)

多重の霊的背景の介入もありーの、介入してるつもりの霊人の背景に、更に介入してる高位の背景の存在達がいたり

そんな采配があれば、枯渇にじゃぶじゃぶ与えられたりもするんだけど、与えられてるのを体感・気付きの経験の為にとかね

顕密越しの本になるかもしれんけど、チベット密教近道の人達の紹介本でも読んでは?、、詰めが甘くて間違ってるとこもあるけど、確かなものに出会えれば発達自体は出来るヨガみっきょとかも
以下略...

投稿日時 - 2019-01-20 15:21:25

補足

その本の題名、是非是非教えてください!!
お願いいたします。m(_ _)m

投稿日時 - 2019-01-28 16:04:19

ANo.3

私は日本人ですしオカルト系も結構好きなので、「気」といわれると「ああ、あの精神的エネルギー的なアレだよね」とイメージはしますが「物理的な気の存在」には否定的です。

しかしもし「物理的に気は存在する」というのであれば、それは存在すれば消耗するのは当たり前のことなのではないでしょうか。水を飲めばコップの中の水は減ります。灯油を使ってストーブを燃やせば、灯油は減ります。体の中の糖分はエネルギーとして燃やされて減るので、食事で栄養分を補給する必要があります。

消耗した気をどうやって回復させるのか私にはよく分かりませんが、座禅を組むとか何らかの修業をすることで補充されていくのではないでしょうかね。だから消耗したら補充することなのだと思います。
気功の先生なんかは、その気を沢山貯めることができて、使うときも無駄な消耗がなくて効率よく扱うことができるってことなのではないでしょうかね。

また気が運動とメカニズムが似ているなら、運動も習熟することでエネルギー効率が良くなって少ないエネルギーで同じ運動を続けることが可能になります。ダンスを習っても、習熟すると同じ運動をしても段々疲れなくなりますよね。
気も同じで自分のレベルが向上することで効率よく使うことができるようになるのではないでしょうか。
それを一言でまとめると「修業が足りない」ってことになるのでは。まあどんな道も習熟するには長い年月が必要です。

投稿日時 - 2019-01-14 13:57:21

ANo.2

それでもやっぱり「気」は存在しないと繰り返します。
日本語は そのままストレートに受け取ると 意味が伝わらないことがよくあります。

「牛乳を飲むときはよく噛んで飲むようにしなさい」
液体を噛むって意味不明ですね。これはどういう意味なのかというと
 牛乳は冷蔵庫に保存されているので冷たい
 冷たいものをいきなり大量に飲むと内臓に負担がかかる
 咀嚼に似た行為で 口の中でしばらく保留することで温度を上げる
 それから飲み込む
これを噛んで飲めと表現して一言ですませているのです。
「気」というのも「気」というエネルギーが存在するという意味ではなく
「気」とは精神力のことです。

投稿日時 - 2019-01-14 13:12:28

ANo.1

唯一の方法は睡眠ではないでしょうか。

投稿日時 - 2019-01-14 01:14:49

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-