こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

トランプの再選

2016年、ラストベルト内のミシガン、コネチカット、ウイスコンシンにて
僅差で上回り奇跡的に46人の選挙人を獲得したトランプ。
306対232で勝利(逆なら260対278)。
大統領選低投票率が、クリントンに僅差負けのトランプを勝利に導いた。

2018年、女性候補を立て若者に投票を呼び掛けた民主党。
中間選挙最大の投票率。
結果は下院で過半数獲得。
ミシガン、コネチカット、ウイスコンシンでは共和党を圧倒。

さて2020年、トランプは再選できるでしょうか。

投稿日時 - 2019-01-10 23:18:47

QNo.9576440

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

トランプの再選は無いと予想しています。

その理由は、クリントンとの戦いでも僅差の勝利であり、
総得票数では負けています。
トランプ大統領としての仕事ぶりを見れば、現在の支持率40%前後が
大きく回復する事は無いと思うからです。

また、残りの2年間は下院が民主党多数になった為、前の2年間より
大統領としての仕事が出来なくなるでしょう。
選挙に興味を示し始めた若者もトランプ支持は少数です。
私見ですが、トランプが再立候補すれば大差で負けると予想しています。

投稿日時 - 2019-01-11 09:21:17

お礼

ご返答ありがとうございました。

民主党は、
1)トランプが女性から嫌われている
2)中間選挙で女性議員が多数当選
の流れから、女性候補を立てるのでは。

もし共和党が「負ける」として女性候補を
立てたら、トランプはそこで負け。
こういう展開があるかも、、、、

投稿日時 - 2019-01-11 10:36:23

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

トランプには再戦してほしいですね。
それは日本のためです。

日本への1つの脅威は、中国の軍事力と影響力です。
この軍事力と影響力を削ぐには、
経済的な面から中国を揺るがすのが効果的です。

今の米中貿易戦争は、米国の「対中国への包囲網」のステップで、
中国の共産党体制や経済を弱くすることになります。

また、トランプの貿易政策、外交政策は
実は日本への直接の悪影響は、マクロ的にはほとんどないです。
マスコミは「とても小さな事」を「大問題」として、
いつものように取り上げますが、それは間違いです。
アメリカの敵国は中国であり、その包囲網の
連合に日本が入っていますから。


日本で人気のある大統領が選ばれると、日本の利益にならないのが常です。

1)共和党のジョージWブッシュ元大統領は日本では不人気。
小泉首相と仲がよかった。
2)オバマ元大統領は日本で人気があったが、
彼の無能政策のせいで中国の影響力が拡大し、日本へも悪影響あり。
3)トランプ大統領は日本では人気がないが、実は
日本へはいい影響を与えている。

投稿日時 - 2019-01-11 08:57:42

お礼

ご返答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-01-11 10:30:48

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-